HOME 駅伝

2023.11.12

青学大ルーキーの鳥井健太が殊勲の優勝 初ハーフで1時間2分35秒 表彰台は青学大が独占!/世田谷246ハーフマラソン
青学大ルーキーの鳥井健太が殊勲の優勝 初ハーフで1時間2分35秒 表彰台は青学大が独占!/世田谷246ハーフマラソン

23年出雲駅伝で5区を務めた青学大・鳥井健太

第18回世田谷246ハーフマラソン上位成績

1位 1時間2分35秒 鳥井健太(青学大)
2位 1時間2分51秒 塩出翔太(青学大)
3位 1時間2分52秒 白石光星(青学大)
4位 1時間2分54秒 稲毛崇斗(法大)
5位 1時間2分56秒 吉本真啓(駒大)
6位 1時間3分01秒 倉本玄太(青学大)
7位 1時間3分07秒 桑田大輔(創価大)
8位 1時間3分10秒 宇田川瞬也(青学大)
9位 1時間3分31秒 新谷倖生(駒大)
10位 1時間3分32秒 平松享祐(青学大)
11位 1時間3分32秒 金子伊吹(駒大)
12位 1時間3分33秒 小松聖(駒大)
13位 1時間3分38秒 矢原倖瑛(法大)
14位 1時間3分39秒 浜川舜斗(青学大)
15位 1時間3分42秒 村上響(駒大)
16位 1時間3分53秒 佐藤有一(青学大)
17位 1時間3分58秒 安澤駿空(法大)
18位 1時間4分02秒 尾﨑健斗(明大)
19位 1時間4分07秒 溜池一太(中大)
20位 1時間4分11秒 吉田黎太(日体大)
21位 1時間4分14秒 藤山龍誠(駒大)
22位 1時間4分19秒 溝上稜斗(明大)
23位 1時間4分21秒 佐々木塁(青学大)
24位 1時間4分23秒 清水郁杜(法大)
25位 1時間4分25秒 重山弘徳(法大)
26位 1時間4分34秒 石川龍芽(日体大)
27位 1時間4分35秒 水金大亮(日体大)
28位 1時間4分36秒 杉本訓也(日体大)
29位 1時間4分38秒 黒木陽向(創価大)
30位 1時間4分42秒 高須賀大勢(法大)

11月12日、東京・駒沢オリンピック公園競技場を発着とした第18回世田谷246ハーフマラソンが開催され、青学大の鳥井健太(1年)が1時間2分35秒で優勝を果たした。 正月の箱根駅伝に向けて重要な大会には今年も駒大、青学大、創価大、法大、明大、日体大、東海大など多くの大学チームが参加。レースは中盤から駒大と青学大が中心となり先頭集団を形成して進むなか、17km付近で果敢に飛び出した鳥井が初のハーフマラソン挑戦で優勝を飾った。 鳥井は大阪府出身。中学時代から全中や都道府県対抗駅伝に出場するなど活躍し、清風高では昨年の全国高校駅伝で1区14位の成績を残している。青学大進学後は9月に5000m13分36秒73のベストをマーク。10月の出雲駅伝では5区で学生駅伝デビューを果たしていた。 青学大は1時間2分51秒の2位に塩出翔太(2年)、さらに1秒差の3位に白石光星(3年)と表彰台を独占。箱根駅伝でのV奪還に向けて弾みをつけた。 また、4位の稲毛崇斗(法大4)、5位の吉本真啓(駒大3)も1時間2分台の自己ベストでフィニッシュしている。

第18回世田谷246ハーフマラソン上位成績

1位 1時間2分35秒 鳥井健太(青学大) 2位 1時間2分51秒 塩出翔太(青学大) 3位 1時間2分52秒 白石光星(青学大) 4位 1時間2分54秒 稲毛崇斗(法大) 5位 1時間2分56秒 吉本真啓(駒大) 6位 1時間3分01秒 倉本玄太(青学大) 7位 1時間3分07秒 桑田大輔(創価大) 8位 1時間3分10秒 宇田川瞬也(青学大) 9位 1時間3分31秒 新谷倖生(駒大) 10位 1時間3分32秒 平松享祐(青学大) 11位 1時間3分32秒 金子伊吹(駒大) 12位 1時間3分33秒 小松聖(駒大) 13位 1時間3分38秒 矢原倖瑛(法大) 14位 1時間3分39秒 浜川舜斗(青学大) 15位 1時間3分42秒 村上響(駒大) 16位 1時間3分53秒 佐藤有一(青学大) 17位 1時間3分58秒 安澤駿空(法大) 18位 1時間4分02秒 尾﨑健斗(明大) 19位 1時間4分07秒 溜池一太(中大) 20位 1時間4分11秒 吉田黎太(日体大) 21位 1時間4分14秒 藤山龍誠(駒大) 22位 1時間4分19秒 溝上稜斗(明大) 23位 1時間4分21秒 佐々木塁(青学大) 24位 1時間4分23秒 清水郁杜(法大) 25位 1時間4分25秒 重山弘徳(法大) 26位 1時間4分34秒 石川龍芽(日体大) 27位 1時間4分35秒 水金大亮(日体大) 28位 1時間4分36秒 杉本訓也(日体大) 29位 1時間4分38秒 黒木陽向(創価大) 30位 1時間4分42秒 高須賀大勢(法大)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.22

ステップスポーツ神戸店 2月23日(金・祝)にグランドオープン!

陸上競技用スパイクやシューズ、ウェアの販売でおなじみの「SteP SPORTS(ステップスポーツ)」が2月23日、兵庫県神戸市に「ステップスポーツ神戸店」をグランドオープンする。 同店は、1月14日までの営業となった「ス […]

NEWS 川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

2024.02.21

川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

創価大駅伝部は4月1日付で川嶋伸次氏が総監督に就任すると発表した。 川嶋氏は埼玉県出身の57歳。日体大時代に箱根駅伝6区区間賞など活躍したのち、1989年に旭化成入社。2000年3月のびわ湖毎日マラソンで2時間9分04秒 […]

NEWS 箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

2024.02.21

箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

トヨタ自動車九州は2月21日、所属する今井正人が2月25日の第107回日本選手権クロスカントリーを最後に現役を引退すると発表した。 今井は福島県小高町(現・南相馬市)出身の39歳。小学生の頃から野球少年だったが、小・中学 […]

NEWS 「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

2024.02.21

「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

東京2005世界陸上財団は2月21日、2025年9月に開催される東京世界選手権の大会ロゴデザイン選定委員会を開いた。 11月30日から1月15日までの応募期間で受け付けられた368作品から、要件確認を経て、予備選定会で絞 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top