HOME 高校

2023.11.06

世羅が15年連続男女優勝!男子はオール区間賞で盤石継走 女子は最終区で銀河学院を逆転/広島県高校駅伝
世羅が15年連続男女優勝!男子はオール区間賞で盤石継走 女子は最終区で銀河学院を逆転/広島県高校駅伝

男女優勝した世羅。左から坂口雄哉、ローズ ワングイ

全国高校駅伝(12月24日/京都)の出場権を懸けた広島県高校駅伝が11月5日、広島県三次市のみよし運動公園陸上競技場発着のコースで開催され、男女ともに世羅が優勝。男子は2時間7分17秒で20年連続53回目、女子は1時間10分16秒で18年連続18回目の全国大会出場を決めた。男女そろっての県制覇は15年連続となった。

男子は1区から坂口雄哉(3年)が西条農・田原琥太郎(3年)との競り合いを制し、30分18秒でトップ中継。「田原君を意識していましたが、勝ち切ることができて自信になりました。楽しかったです」(坂口)。2区以降も、全区間で区間賞という盤石のタスキリレーで、20連覇を成し遂げた。

古原拓弥監督は、総合タイムにやや物足りなさを感じていたが、それは「チーム力が上がってきている」ことを感じ取っていたから。3連覇が懸かった昨年の全国は、14位にとどまった。その雪辱を期して、今年も優勝を目標に掲げる。

女子は、初の全国出場を狙う銀河学院との接戦が予想されていたが、1区の山田依茉(3年)が20分13秒でトップに立ち、15秒のリードを作った。「銀河学院は意識していました。でも、世羅の練習はロードで強くなれることを証明できました」と山田は胸を張る。

2区から4区で銀河学院にリードを許したものの、4区終了時でその差を26秒にとどめる。5区のローズ・ワングイ(2年)は残り2km付近でトップを奪い、16分13秒の区間賞の走りでチームを15連覇に導いた。

女子の三原慶子監督は全国大会への切符を獲得できたことをまず喜び、「チーム全員が役割を全うした」ことを称えた。3年前に2度目の優勝を果たしている都大路では、一昨年(31位)、昨年(16位)叶わなかった入賞を目指す。

全国大会は12月24日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。記念大会となる女子は都道府県代表に加え、地区代表も出場する。

文/松山林太郎

全国高校駅伝(12月24日/京都)の出場権を懸けた広島県高校駅伝が11月5日、広島県三次市のみよし運動公園陸上競技場発着のコースで開催され、男女ともに世羅が優勝。男子は2時間7分17秒で20年連続53回目、女子は1時間10分16秒で18年連続18回目の全国大会出場を決めた。男女そろっての県制覇は15年連続となった。 男子は1区から坂口雄哉(3年)が西条農・田原琥太郎(3年)との競り合いを制し、30分18秒でトップ中継。「田原君を意識していましたが、勝ち切ることができて自信になりました。楽しかったです」(坂口)。2区以降も、全区間で区間賞という盤石のタスキリレーで、20連覇を成し遂げた。 古原拓弥監督は、総合タイムにやや物足りなさを感じていたが、それは「チーム力が上がってきている」ことを感じ取っていたから。3連覇が懸かった昨年の全国は、14位にとどまった。その雪辱を期して、今年も優勝を目標に掲げる。 女子は、初の全国出場を狙う銀河学院との接戦が予想されていたが、1区の山田依茉(3年)が20分13秒でトップに立ち、15秒のリードを作った。「銀河学院は意識していました。でも、世羅の練習はロードで強くなれることを証明できました」と山田は胸を張る。 2区から4区で銀河学院にリードを許したものの、4区終了時でその差を26秒にとどめる。5区のローズ・ワングイ(2年)は残り2km付近でトップを奪い、16分13秒の区間賞の走りでチームを15連覇に導いた。 女子の三原慶子監督は全国大会への切符を獲得できたことをまず喜び、「チーム全員が役割を全うした」ことを称えた。3年前に2度目の優勝を果たしている都大路では、一昨年(31位)、昨年(16位)叶わなかった入賞を目指す。 全国大会は12月24日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。記念大会となる女子は都道府県代表に加え、地区代表も出場する。 文/松山林太郎

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.17

100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

富士通は7月17日、女子100mハードルでパリ五輪代表に内定した田中佑美のオンライン会見を開いた。 日本選手権で2位となった田中。参加標準記録(12秒77)には届かず、ワールドランキングではターゲットナンバー(出場枠)4 […]

NEWS 女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

2024.07.17

女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

女子800mのP.ギル(英国)がプーマとの契約締結を自身のSNSで発表した。 ギルは2007年4月生まれの17歳。800mで今年5月のベルファスト・アイリッシュ・マイラーズ・ミーティング(英国)でU18世界歴代2位、U2 […]

NEWS トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

2024.07.17

トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

関東学連が主催する第19回トワイライト・ゲームス(7月21日)のスタートリストが更新され、男子110mハードルに日本記録を持つ泉谷駿介(住友電工)が出場することがわかった。 泉谷は13秒04の日本記録保持者。今年はこれま […]

NEWS 「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

2024.07.16

「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

スイスのスポーツブランド「On(オン)」およびオン・ジャパンは、レーシングシューズやスパイクシューズを含むランニングシューズコレクションの最高峰「Prism Capsule(プリズム カプセル)」4品番を7月11日から発 […]

NEWS 福井ナイトゲームズのクラウドファンディングがスタート!フィールド内観戦も!支援金はアスリートへの報奨金

2024.07.16

福井ナイトゲームズのクラウドファンディングがスタート!フィールド内観戦も!支援金はアスリートへの報奨金

福井陸協が主催する日本グランプリシリーズG2の「Athlete Night Games in FUKUI 2024」のクラウドファンディングが今年もスタートした。 同大会は「海外のような雰囲気」を目指し、福井陸協がクラウ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top