HOME 駅伝

2023.11.05

中大4位も手応えと収穫「箱根駅伝では強さを出せる」と藤原正和監督 吉居大和も想定内で「問題ない」/全日本大学駅伝
中大4位も手応えと収穫「箱根駅伝では強さを出せる」と藤原正和監督 吉居大和も想定内で「問題ない」/全日本大学駅伝

中大は3区吉居大和(左)が区間11位と苦戦したが、4区溜池一太が会心の走り。区間3位ながら4人抜きで、チームを3位に押し上げた

◇第55回全日本大学駅伝(11月5日/愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮:8区間106.8km)

大学駅伝日本一を決める全日本大学駅伝が行われ、駒大が5時間09分00秒で4連覇を飾った。打倒・駒大の候補だった中大は5時間12分49秒で4位。駒大からは離されたが、最後まで青学大、國學院大と熾烈な2位争いを演じた。

「前半勝負」で臨んだオーダー。1・2区の吉居駿恭(2年)と中野翔太(4年)は出雲駅伝でやや苦しい走りとなったことから「競り合いながら自信を回復してほしい」と藤原正和監督は託し、区間3位、6位と流れを作った。「箱根にメドが立った」と評価した。

ただ、3区のエース・吉居大和(4年)が区間11位と力を発揮できず。「夏に体調不良があり走り込みができなかった」と分析し、「練習はしっかりできている。あと2ヵ月積めば問題ないと思っています」と心配無用を強調する。むしろ、「いつも大和に頼ってきたチーム」が、「下級生を含めて挽回してくれた」と指揮官。溜池一太(2年)が区間3位の力走を見せて4人抜き。7区では湯浅仁(4年)が区間2位の快走など、見せ場を作った。「その点は大きな収穫だった」と手応えをつかんだ。

箱根に向けて「出雲で自信をなくしたところから、突貫工事でやってきたわりには、出すべきものを出せた」とは言うも、「もっと全体の力を上げていかないと」とも。「箱根では我々の強さを出せると思ってずっと作ってきました。自信を持って当日を迎えられるように。山区間もありますので、十分に勝機は見出せると思っています」と藤原監督は100回記念の大一番を見据えていた。

◇第55回全日本大学駅伝(11月5日/愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮:8区間106.8km) 大学駅伝日本一を決める全日本大学駅伝が行われ、駒大が5時間09分00秒で4連覇を飾った。打倒・駒大の候補だった中大は5時間12分49秒で4位。駒大からは離されたが、最後まで青学大、國學院大と熾烈な2位争いを演じた。 「前半勝負」で臨んだオーダー。1・2区の吉居駿恭(2年)と中野翔太(4年)は出雲駅伝でやや苦しい走りとなったことから「競り合いながら自信を回復してほしい」と藤原正和監督は託し、区間3位、6位と流れを作った。「箱根にメドが立った」と評価した。 ただ、3区のエース・吉居大和(4年)が区間11位と力を発揮できず。「夏に体調不良があり走り込みができなかった」と分析し、「練習はしっかりできている。あと2ヵ月積めば問題ないと思っています」と心配無用を強調する。むしろ、「いつも大和に頼ってきたチーム」が、「下級生を含めて挽回してくれた」と指揮官。溜池一太(2年)が区間3位の力走を見せて4人抜き。7区では湯浅仁(4年)が区間2位の快走など、見せ場を作った。「その点は大きな収穫だった」と手応えをつかんだ。 箱根に向けて「出雲で自信をなくしたところから、突貫工事でやってきたわりには、出すべきものを出せた」とは言うも、「もっと全体の力を上げていかないと」とも。「箱根では我々の強さを出せると思ってずっと作ってきました。自信を持って当日を迎えられるように。山区間もありますので、十分に勝機は見出せると思っています」と藤原監督は100回記念の大一番を見据えていた。

中大の全日本大学駅伝成績一覧

1区 吉居駿恭(2年) 区間3位 27分22秒 2区 中野翔太(4年) 区間6位 31分32秒 3区 吉居大和(4年) 区間11位 34分33秒 4区 溜池一太(2年) 区間3位 34分32秒 5区 本間颯(1年) 区間5位 36分38秒 6区 吉中祐太(2年) 区間4位 37分58秒 7区 湯浅仁(4年) 区間2位 51分12秒 8区 阿部陽樹(3年) 区間4位 59分02秒 補欠:大澤健人(4年)、浦田優斗(3年)、東海林宏一(3年)、山平怜生(3年)、柴田大地(1年)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.22

多田修平が布勢スプリント欠場 織田記念で右ふくらはぎを肉離れ

男子短距離の多田修平(住友電工)が自身のSNSを更新し、6月2日に行われる日本GPシリーズの布勢スプリントを欠場すると発表した。 多田は100mで10秒01の自己記録を持ち、東京五輪代表。今年は世界室内60mでファイナル […]

NEWS 7/27開催 日本初上陸トラックイベント『On Track Nights: MDC』の観戦チケットが発売スタート!

2024.05.22

7/27開催 日本初上陸トラックイベント『On Track Nights: MDC』の観戦チケットが発売スタート!

スイスのスポーツブランド「On(オン)」が合同で開催する⽇本初上陸のトラックイベント「On Track Nights: MDC (オン トラック ナイツ: エムディーシー)」は7月27日に東京・世田谷区の大蔵運動公園陸上 […]

NEWS 関西王座を懸けて、関西ICきょう5/22開幕!注目は五輪代表・柳井綾音、前回MVP松井健斗、ブダペスト代表・山本亜美、甲南大ら

2024.05.22

関西王座を懸けて、関西ICきょう5/22開幕!注目は五輪代表・柳井綾音、前回MVP松井健斗、ブダペスト代表・山本亜美、甲南大ら

第101回関西インカレのT&Fの部は今日5月22日に開幕。25日までの4日間、京都市のたけびしスタジアム京都・東寺ハウジングフィールド西京極で行われる。 4月18日のハーフマラソンの部は大阪市のヤンマーフィール […]

NEWS 女子4×400mRは3位 3分35秒45でパリ五輪出場ラインには届かず/アジアリレー

2024.05.21

女子4×400mRは3位 3分35秒45でパリ五輪出場ラインには届かず/アジアリレー

第1回アジアリレー選手権が5月20、21日にタイ・バンコクで行われ、日本は女子4×400mリレーに出場し3分35秒45で3位だった。 日本は久保山晴菜(今村病院)、井戸アビゲイル風果(東邦銀行)、岩田優奈(スズキ)、森山 […]

NEWS ダイヤモンドリーグが中国の自動車ブランド「Zeekr」と公式モビリティパートナー締結

2024.05.21

ダイヤモンドリーグが中国の自動車ブランド「Zeekr」と公式モビリティパートナー締結

ダイヤモンドリーグは5月21日、​​電気自動車メーカーのZeekrと公式モビリティパートナーとして契約したと発表した。 「Zeekr(ジーカー)」は中国の吉利汽車が所有する電気自動車ブランドで2021年に設立。この後に控 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top