HOME 駅伝

2023.11.03

國學院大は平林清澄、伊地知賢造が3年連続で7区、8区!山本歩夢、青木瑠郁は補欠登録/全日本大学駅伝
國學院大は平林清澄、伊地知賢造が3年連続で7区、8区!山本歩夢、青木瑠郁は補欠登録/全日本大学駅伝

23年出雲駅伝にて4位でフィニッシュするアンカーの平林清澄(右)と出迎える伊地知賢造

第55回全日本大学駅伝 國學院大の区間エントリーをチェック!

■國學院大区間エントリー選手
1区 後村光星(1年)
2区 瀬尾秀介(4年)
3区 上原琉翔(2年)
4区 佐藤快成(3年)
5区 野中恒亨(1年)
6区 嘉数純平(2年)
7区 平林清澄(3年)
8区 伊地知賢造(4年)
補欠:山本歩夢(3年)、青木瑠郁(2年)、鎌田匠馬(2年)、高山豪起(2年)、田中愛睦(1年)

11月5日(日)に行われる第55回全日本大学駅伝の、各チームエントリー選手の競技者8人・補員5名が発表された。 前回2位の國學院大は主軸の平林清澄(3年)、伊地知賢造(4年)が3年連続で長距離区間の7区、8区に登録。中盤まで耐え、自慢の終盤区間で追い上げを狙う。 5000mとハーフマラソンで國學院大記録を持つ山本歩夢(3年)、前回5区区間賞の青木瑠郁(2年)が補欠登録となった。 沖縄・北山高出身2年生コンビ、上原琉翔と嘉数純平は3区、6区に登録されている。 学生三大駅伝では昨年度の出雲駅伝から2位、2位、4位、4位と4大会連続で4位以内と好成績が続いており、全日本では「表彰台(3位以内)」を目標に掲げている。 メンバー変更は最大3人で、レース当日の6時半まで認められる。 全日本大学駅伝は11月5日(日)8時05分にスタート。名古屋・熱田神宮をスタートし、三重・伊勢神宮をフィニッシュとする8区間106.8kmで、27チームによって争われる。

第55回全日本大学駅伝 國學院大の区間エントリーをチェック!

■國學院大区間エントリー選手 1区 後村光星(1年) 2区 瀬尾秀介(4年) 3区 上原琉翔(2年) 4区 佐藤快成(3年) 5区 野中恒亨(1年) 6区 嘉数純平(2年) 7区 平林清澄(3年) 8区 伊地知賢造(4年) 補欠:山本歩夢(3年)、青木瑠郁(2年)、鎌田匠馬(2年)、高山豪起(2年)、田中愛睦(1年)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.23

【女子800m】石原万結(京山中3) 2分08秒45=中学歴代4位

女子800m中学歴代10傑 2.07.19 髙橋ひな(山陽3兵庫)  2013.10. 5 2.07.51 岡田芽(北斗上磯3北海道)2009. 8.23 2.07.81 市川良子(浅江3山口)  1991. 6.15 […]

NEWS 男子20km競歩世界記録保持者・鈴木雄介が現役引退 「感謝してもしきれない」 19年世界選手権金メダリスト 今後は指導者に

2024.07.23

男子20km競歩世界記録保持者・鈴木雄介が現役引退 「感謝してもしきれない」 19年世界選手権金メダリスト 今後は指導者に

鈴木雄介の引退コメント全文 このたび、富士通株式会社および富士通陸上競技部を退職・退部することといたしました。 次のキャリアに向けた準備期間が必要となったため、急なご報告となりました。 長年お世話になったチーム、会社を離 […]

NEWS 富士通のウォルシュ・ジュリアンが現役引退 22年オレゴン世界陸上マイルリレー日本新などロングスプリント牽引 今後は競輪選手目指す

2024.07.23

富士通のウォルシュ・ジュリアンが現役引退 22年オレゴン世界陸上マイルリレー日本新などロングスプリント牽引 今後は競輪選手目指す

ウォルシュ・ジュリアンのコメントはこちら このたび、私は陸上競技からの引退を決意いたしました。これまで応援してくださった皆様、そして富士通在籍中に支えていただいた関係者の皆様に、心より感謝申し上げます。競技生活を通じて、 […]

NEWS 速さを追求するスピードモデル!BROOKSの「Hyperion2」が7月下旬より順次発売スタート

2024.07.23

速さを追求するスピードモデル!BROOKSの「Hyperion2」が7月下旬より順次発売スタート

米国No.1ランニングシューズブランド「BROOKS(ブルックス)」は、速さを追求するスピードモデル「Hyperion(ハイペリオン)」シリーズの最新作「Hyperion2」を7月下旬よりブルックス公式オンラインショップ […]

NEWS 東京世界陸上のメダル制作開始!「記憶に残り、見るたびに思い出すデザイン」目指して都内の中学・高校生にインタビュー

2024.07.22

東京世界陸上のメダル制作開始!「記憶に残り、見るたびに思い出すデザイン」目指して都内の中学・高校生にインタビュー

東京2025世界陸上財団は7月22日、大会で選手に授与されるメダルのデザインに向け、ジュニアアスリートへのインタビューを東京・城西高で実施した。 国際大会出場選手が卒業している都内の学校から選定され、パリ五輪代表である男 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top