HOME 駅伝

2023.10.28

名城大・米田勝朗監督「1区間ともミスのないように走らせたい」 前人未踏の7連覇に手応え/全日本大学女子駅伝
名城大・米田勝朗監督「1区間ともミスのないように走らせたい」 前人未踏の7連覇に手応え/全日本大学女子駅伝

22年全日本大学女子駅伝で区間賞を獲得している谷本七星

◇第41回全日本大学女子駅伝(10月29日/宮城・仙台、6区間38.0km)

10月29日(日)に開催される第41回全日本大学女子駅伝の開会式と前日会見が、28日に行われた。

会見に参加したのは、前回1~8位を占めた名城大の米田勝朗監督、立命大の杉村憲一監督、大阪学大の弘潤一監督、大東大の外園隆監督、拓大の五十嵐利治監督、日体大の佐藤洋平監督、城西大の赤羽周平監督、関西大の武田夏実監督の8名。それぞれ大会に懸ける意気込みや目標などを述べた。

前回の覇者で、大会7連覇を目指す名城大の米田監督は、「学生たちは『連覇は意識せずに、このチームで今年も勝ちに行くという気持ちでレースに挑みたい』と言っています。そこに向けてサポートしていきたい」と話した。

今季の名城大は故障者が相次ぎ、チームとしてもシーズン前半はなかなか調子が上がらなかった。周囲からは「今年の名城大はきついだろう」といった声も耳に届いていたという。ただ、駅伝シーズンを見据えた夏合宿では、しっかりトレーニングを積んできた。9月の日本インカレは例年ほどの結果を残せなかったものの、米田監督は「10月に入って選手の調子が一気に上がってきた」と手応えを感じている。

「例年、最後の2ヵ月間はほぼ同じ練習メニューで、このレースに合わせています。今回、大会5日前(24日)に行った最後のポイント練習では、長い距離を走らせる予定で別メニューだった原田紗希(2年)以外の9名が、1人も離れることなく、3000mのペース走をうまく走ってくれました。飛び出た選手はいませんが、過去最高に10番目の選手が強いチームになったと思います」

指揮官が「ギリギリまで迷った」という区間エントリーは、前回区間賞で大学駅伝デビューを飾った米澤奈々香(2年)が2年連続となる1区に。前回2区で区間賞に輝いた石松愛朱加(2年)は3区に起用された。2区と4区にはともに1年生の力丸楓と薮谷奈瑠が入り、エース区間の5区には8月のワールドユニバーシティゲームズにハーフマラソンで出場した原田が配置された。

そして、「今年は昨年のような独走はない。必ず際どい勝負になる」と考える米田監督は、今回から7.6kmと距離が伸びた6区に、2年連続4区区間賞で、絶対的な信頼を寄せる谷本七星(3年)を置いている。アンカー勝負になった場合の備えは万端だ。

1年時から3年連続区間賞と、チームの6連覇に大きく貢献してきた主将の増渕祐香(4年)が補欠に回らなくてはならないほど、大一番を前に戦力が整ってきた女王・名城大。「1区間ともミスのないように走らせたい」という米田監督が思い描くレースが展開できれば、今年もまた、大会の主役を演じることになるだろう。

レースは10月29日(日)12時10分、宮城県仙台市の弘進ゴムアスリートパーク仙台(仙台市陸上競技場)発着の6区間38.0kmで、26チームが出場して争われる。

日本テレビ系列で12時00分から生中継され、スタート直前からTVerにて無料ライブ配信も行われる。

文/小野哲史

◇第41回全日本大学女子駅伝(10月29日/宮城・仙台、6区間38.0km) 10月29日(日)に開催される第41回全日本大学女子駅伝の開会式と前日会見が、28日に行われた。 会見に参加したのは、前回1~8位を占めた名城大の米田勝朗監督、立命大の杉村憲一監督、大阪学大の弘潤一監督、大東大の外園隆監督、拓大の五十嵐利治監督、日体大の佐藤洋平監督、城西大の赤羽周平監督、関西大の武田夏実監督の8名。それぞれ大会に懸ける意気込みや目標などを述べた。 前回の覇者で、大会7連覇を目指す名城大の米田監督は、「学生たちは『連覇は意識せずに、このチームで今年も勝ちに行くという気持ちでレースに挑みたい』と言っています。そこに向けてサポートしていきたい」と話した。 今季の名城大は故障者が相次ぎ、チームとしてもシーズン前半はなかなか調子が上がらなかった。周囲からは「今年の名城大はきついだろう」といった声も耳に届いていたという。ただ、駅伝シーズンを見据えた夏合宿では、しっかりトレーニングを積んできた。9月の日本インカレは例年ほどの結果を残せなかったものの、米田監督は「10月に入って選手の調子が一気に上がってきた」と手応えを感じている。 「例年、最後の2ヵ月間はほぼ同じ練習メニューで、このレースに合わせています。今回、大会5日前(24日)に行った最後のポイント練習では、長い距離を走らせる予定で別メニューだった原田紗希(2年)以外の9名が、1人も離れることなく、3000mのペース走をうまく走ってくれました。飛び出た選手はいませんが、過去最高に10番目の選手が強いチームになったと思います」 指揮官が「ギリギリまで迷った」という区間エントリーは、前回区間賞で大学駅伝デビューを飾った米澤奈々香(2年)が2年連続となる1区に。前回2区で区間賞に輝いた石松愛朱加(2年)は3区に起用された。2区と4区にはともに1年生の力丸楓と薮谷奈瑠が入り、エース区間の5区には8月のワールドユニバーシティゲームズにハーフマラソンで出場した原田が配置された。 そして、「今年は昨年のような独走はない。必ず際どい勝負になる」と考える米田監督は、今回から7.6kmと距離が伸びた6区に、2年連続4区区間賞で、絶対的な信頼を寄せる谷本七星(3年)を置いている。アンカー勝負になった場合の備えは万端だ。 1年時から3年連続区間賞と、チームの6連覇に大きく貢献してきた主将の増渕祐香(4年)が補欠に回らなくてはならないほど、大一番を前に戦力が整ってきた女王・名城大。「1区間ともミスのないように走らせたい」という米田監督が思い描くレースが展開できれば、今年もまた、大会の主役を演じることになるだろう。 レースは10月29日(日)12時10分、宮城県仙台市の弘進ゴムアスリートパーク仙台(仙台市陸上競技場)発着の6区間38.0kmで、26チームが出場して争われる。 日本テレビ系列で12時00分から生中継され、スタート直前からTVerにて無料ライブ配信も行われる。 文/小野哲史

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.14

國學院大・高山豪起が全体トップの28分25秒72! 2年の辻原輝が28分27秒93で続く/関東学生網走夏季記録挑戦競技会

関東学生網走夏季記録挑戦競技会は7月14日、網走市営陸上競技場で行われ、男子10000mは高山豪起(國學院大3)が28分25秒72で全体トップとなった。 高山はハイペースでレースを進め、残り2周で留学生を追い抜いて3組1 […]

NEWS 【女子ハンマー投】工藤実幸乃(筑豊高3)56m36=高校歴代6位

2024.07.14

【女子ハンマー投】工藤実幸乃(筑豊高3)56m36=高校歴代6位

第78回国スポ選考会・第9回福岡県高校学年別選手権の2日目が行われ、女子ハンマー投で工藤実幸乃(筑豊3)が56m36の高校歴代6位のの好記録をマークした。 工藤は6月のU20日本選手権は54m87で2位。今季のランキング […]

NEWS 400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

2024.07.14

400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

男子400mでパリ五輪代表に内定した中島佑気ジョセフ(富士通)が都内で会見を開き、パリ五輪に向けた意気込みを語った。 日本選手権を連覇した中島。パリ五輪の参加標準記録(45秒00)はクリアできなかったが、ワールドランキン […]

NEWS パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

2024.07.14

パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

NEWS 4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

2024.07.14

4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top