HOME 高校

2023.10.23

ロス瑚花アディアがU18女子100mで復活の11秒66!2年ぶり全国タイトル「久しぶりに戻ってこられた」/U18・16大会
ロス瑚花アディアがU18女子100mで復活の11秒66!2年ぶり全国タイトル「久しぶりに戻ってこられた」/U18・16大会

23年U18大会女子100mで優勝したロス瑚花アディア

◇第17回U18・第57回U16陸上大会(10月20日~22日/愛媛・県総合運動公園陸上競技場)

ジュニア五輪を兼ねた第17回U18・第54回U16陸上大会の最終日が行われ、U18女子100mではロス瑚花アディア(城西高2東京)が11秒73(+0.7)で制覇。東京・駒沢中3年時だった2年前のU16大会以来となる2年ぶりのタイトルに「久しぶりに戻ってこられました」と笑みがこぼれた。

中学時代に全中、U16大会を制し、中学歴代4位の11秒77をマークした大器だが、高校入学後は度重なるケガに苦しんだ。昨年のシーズンベストは12秒02にとどまり、今年も9月までは一度も11秒台を出せなかった。

しかし、9月頃から痛みが出ず練習を積めるようになると、下旬の東京都高校新人では高校ベストの11秒90(+2.0)をマーク。今大会の予選では高2歴代7位の11秒66(+1.5)と好タイムを残すなど、パワーアップして帰ってきた。

それでもまだ課題はあると言う。「予選では後半に落ち着いて走れましたが、決勝では力んでしまい、タイムを落としてしまいました」。

来年は高校最終シーズン。「まずはケガをしないこと」と前置きしつつ、「アベレージで11秒5~6台を出せるようにし、できれば11秒43の高校記録を更新したい」と意気込む。

この大会には昨年のU16大会で高1歴代2位の11秒65をマークして優勝した小針陽葉(富士市立高2静岡)も出場。予選で11秒87(+0.4)を出し、決勝では12秒06で6位だった。

インターハイで右脚を痛めて準決勝を棄権し、その後はレースから遠ざかっていた小針。「練習は9月下旬までまったくできていなかった」というものの、復帰レースで11秒8台を出せたことには「来年につながる走りができた」と手応えをつかんだようだ。

◇第17回U18・第57回U16陸上大会(10月20日~22日/愛媛・県総合運動公園陸上競技場) ジュニア五輪を兼ねた第17回U18・第54回U16陸上大会の最終日が行われ、U18女子100mではロス瑚花アディア(城西高2東京)が11秒73(+0.7)で制覇。東京・駒沢中3年時だった2年前のU16大会以来となる2年ぶりのタイトルに「久しぶりに戻ってこられました」と笑みがこぼれた。 中学時代に全中、U16大会を制し、中学歴代4位の11秒77をマークした大器だが、高校入学後は度重なるケガに苦しんだ。昨年のシーズンベストは12秒02にとどまり、今年も9月までは一度も11秒台を出せなかった。 しかし、9月頃から痛みが出ず練習を積めるようになると、下旬の東京都高校新人では高校ベストの11秒90(+2.0)をマーク。今大会の予選では高2歴代7位の11秒66(+1.5)と好タイムを残すなど、パワーアップして帰ってきた。 それでもまだ課題はあると言う。「予選では後半に落ち着いて走れましたが、決勝では力んでしまい、タイムを落としてしまいました」。 来年は高校最終シーズン。「まずはケガをしないこと」と前置きしつつ、「アベレージで11秒5~6台を出せるようにし、できれば11秒43の高校記録を更新したい」と意気込む。 この大会には昨年のU16大会で高1歴代2位の11秒65をマークして優勝した小針陽葉(富士市立高2静岡)も出場。予選で11秒87(+0.4)を出し、決勝では12秒06で6位だった。 インターハイで右脚を痛めて準決勝を棄権し、その後はレースから遠ざかっていた小針。「練習は9月下旬までまったくできていなかった」というものの、復帰レースで11秒8台を出せたことには「来年につながる走りができた」と手応えをつかんだようだ。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

110mH村竹ラシッド パリ五輪の決勝で勝負!DLなど経験し「実力を発揮できるようになってきた」

男子110mハードルの日本記録保持者でパリ五輪代表の村竹ラシッド(JAL)が、練習拠点としている母校・順大で練習を公開した。 日本選手権を初優勝して初五輪を決めた村竹。その後はダイヤモンドリーグ(DL)パリ大会に出場し、 […]

NEWS 三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top