HOME 国内

2023.10.21

佐藤早也伽が世界陸上以来のレース5000m15分34秒00「目標クリアできた」パリ五輪へ「挑戦したい」/MDC
佐藤早也伽が世界陸上以来のレース5000m15分34秒00「目標クリアできた」パリ五輪へ「挑戦したい」/MDC

5000mに出場した佐藤早也伽

◇Middle Distance Circuit(10月20、21日/東京・駒沢陸上競技場)2日目

日本グランプリシリーズG3のMiddle Distance Circuitの2日目に行われたノングランプリ女子5000mに佐藤早也伽(積水化学)が出場し、15分34秒00をマークしてトップだった。

ブダペスト世界選手権のマラソンで2時間31分57秒の20位だった佐藤。出場資格を得ていたパリ五輪マラソン代表選考会のマラソングランドチャンピオン(MGC)を棄権し、今回が世界選手権以降で初レースとなった。

「今回は駅伝に向けて15分40秒という目標を決めていたのでクリアできて良かったです」とホッとした様子を見せる。

MGCの棄権について、「(世界選手権の)は負担も大きかったのですが、今の状態で出ても勝負にならない」と決断した経緯を明かす。世界選手権後は2、3週間ほど休養して練習を再開。「悔しい思いをしたのですが、気持ちを切り替えてやってこられました」と語る。

もちろん、パリ五輪マラソン代表の残り1枠へ意欲を示す佐藤。MGCは沿道でも観戦し、「駆け引きやパリ五輪に対する思いが感じられて感動しました」と刺激を受けた。日本代表を経験したからこそ、「弱い部分やペースメーカー不在のレースへの対応など課題が見えました」と言い、ファイナルチャレンジに向けて「ちゃんと挑戦していきたい」としっかりと見据えていた。

この後は駅伝に向かい、「クイーンズ駅伝(全日本実業団対抗女子駅伝)ではちゃんとチームを引っ張っていく存在になりたい」と笑顔を見せた。

◇Middle Distance Circuit(10月20、21日/東京・駒沢陸上競技場)2日目 日本グランプリシリーズG3のMiddle Distance Circuitの2日目に行われたノングランプリ女子5000mに佐藤早也伽(積水化学)が出場し、15分34秒00をマークしてトップだった。 ブダペスト世界選手権のマラソンで2時間31分57秒の20位だった佐藤。出場資格を得ていたパリ五輪マラソン代表選考会のマラソングランドチャンピオン(MGC)を棄権し、今回が世界選手権以降で初レースとなった。 「今回は駅伝に向けて15分40秒という目標を決めていたのでクリアできて良かったです」とホッとした様子を見せる。 MGCの棄権について、「(世界選手権の)は負担も大きかったのですが、今の状態で出ても勝負にならない」と決断した経緯を明かす。世界選手権後は2、3週間ほど休養して練習を再開。「悔しい思いをしたのですが、気持ちを切り替えてやってこられました」と語る。 もちろん、パリ五輪マラソン代表の残り1枠へ意欲を示す佐藤。MGCは沿道でも観戦し、「駆け引きやパリ五輪に対する思いが感じられて感動しました」と刺激を受けた。日本代表を経験したからこそ、「弱い部分やペースメーカー不在のレースへの対応など課題が見えました」と言い、ファイナルチャレンジに向けて「ちゃんと挑戦していきたい」としっかりと見据えていた。 この後は駅伝に向かい、「クイーンズ駅伝(全日本実業団対抗女子駅伝)ではちゃんとチームを引っ張っていく存在になりたい」と笑顔を見せた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

NEWS 棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

2024.06.14

棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

女子棒高跳の日本記録保持者(4m48)諸田実咲(アットホーム)が世界陸連(WA)コンチネンタルツアーの海外転戦で好成績を残している。 6月4日のロイヤルシティ・フェスティバル(カナダ・グエルフ)ではセカンドベスト、パフォ […]

NEWS 400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

2024.06.14

400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)3日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、女子400mハードルで大会新記録が誕生した。昨年の鹿児島国体300mハード […]

NEWS ハンマー投は岡村聡真が「攻めの投げ」で2連覇 走幅跳は近藤孝太がV 棒高跳は小林ひよりが制す/IH北信越

2024.06.14

ハンマー投は岡村聡真が「攻めの投げ」で2連覇 走幅跳は近藤孝太がV 棒高跳は小林ひよりが制す/IH北信越

◇インターハイ北信越地区大会(6月13日~16日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)初日 福岡インターハイを懸けた北信越大会が開幕。男女フィールド4種目の決勝が行われ、男子ハンマー投は岡村聡真(穂高商3長野)が5投目に […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top