HOME 駅伝、箱根駅伝

2023.10.14

日大が節目の本戦に4年ぶり復帰 駅伝主将の下尾悠真「辞めずに報われて良かった」/箱根駅伝予選会
日大が節目の本戦に4年ぶり復帰 駅伝主将の下尾悠真「辞めずに報われて良かった」/箱根駅伝予選会

4年ぶりの箱根路に復帰する日大

◇第100回箱根駅伝予選会(10月14日/東京・陸上自衛隊立川駐屯地スタート、昭和記念公園フィニッシュ:21.0975km)

5位に食い込み、4年ぶり90回目の箱根路を決めた日大。本戦の総合優勝では歴代3位の11回を誇る名門「N」も、第96回大会(2020年)を最後に予選会すら突破できなかった。

その間に指導者交代など、体制を変えながら本戦復帰を目指したが、結果は実らず。駅伝主将の下尾悠真ら現在の4年生の世代は20人ほどいたが、半分まで減ったという。

それだけに、下尾は「辞めずに報われて良かったです」と話していた。

留学生のシャドラック・キップケメイ(1年)が個人トップの1時間0分16秒でフィニッシュ。その他の日本人選手は1時間3~4分台で駆け抜けた。

「日本人選手は夏から集団走の練習をしてきました。15kmまで一緒にいて、そこからフリーで上げようと。15kmで後ろに声をかけたら、『全員います』と言われてホッとしました」(下尾)

岡山・倉敷高時代に、昨年を含め、全国高校駅伝で4回の優勝に導いてきた新雅弘監督が指揮官として母校・日大に戻ってきたのは5月。「倉敷高時代のトレーニングをできた学生は3人ぐらい」と当時を振り返る。そこから「ゼロからの突貫工事」で5ヵ月後の今予選会を目指した。

「コツコツやってきたのを見た神様がご褒美をくれたのでしょう。私自身もビックリ」と新監督も驚いた選手たちの激走。「大変身してくれました」と話していた。

◇第100回箱根駅伝予選会(10月14日/東京・陸上自衛隊立川駐屯地スタート、昭和記念公園フィニッシュ:21.0975km) 5位に食い込み、4年ぶり90回目の箱根路を決めた日大。本戦の総合優勝では歴代3位の11回を誇る名門「N」も、第96回大会(2020年)を最後に予選会すら突破できなかった。 その間に指導者交代など、体制を変えながら本戦復帰を目指したが、結果は実らず。駅伝主将の下尾悠真ら現在の4年生の世代は20人ほどいたが、半分まで減ったという。 それだけに、下尾は「辞めずに報われて良かったです」と話していた。 留学生のシャドラック・キップケメイ(1年)が個人トップの1時間0分16秒でフィニッシュ。その他の日本人選手は1時間3~4分台で駆け抜けた。 「日本人選手は夏から集団走の練習をしてきました。15kmまで一緒にいて、そこからフリーで上げようと。15kmで後ろに声をかけたら、『全員います』と言われてホッとしました」(下尾) 岡山・倉敷高時代に、昨年を含め、全国高校駅伝で4回の優勝に導いてきた新雅弘監督が指揮官として母校・日大に戻ってきたのは5月。「倉敷高時代のトレーニングをできた学生は3人ぐらい」と当時を振り返る。そこから「ゼロからの突貫工事」で5ヵ月後の今予選会を目指した。 「コツコツやってきたのを見た神様がご褒美をくれたのでしょう。私自身もビックリ」と新監督も驚いた選手たちの激走。「大変身してくれました」と話していた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

ユニクロが公式サイトビジュアルをリニューアル!パリ五輪選考の日本選手権へ「今年は、私たちがやってやる!」

ユニクロ女子陸上競技部は6月24日、同部公式サイトのトップページビジュアルをリニューアルした。 2024年度に新メンバーが加わり、「今年は、私たちがやってやる!」という燃え上がる選手たちの闘志をイメージ。その下にはチーム […]

NEWS 東京マラソン2025の概要発表!来年3月2日、38000人規模で開催 8月16日から一般エントリー開始予定

2024.06.24

東京マラソン2025の概要発表!来年3月2日、38000人規模で開催 8月16日から一般エントリー開始予定

東京マラソン財団は6月24日、定時理事会を開き、東京マラソン2025の大会要項を発表した。 東京マラソン2025は来年3月2日に開催。定員は38000人でフルマラソンは37500人。応募スケジュールの予定も発表され、6月 […]

NEWS 注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top