HOME 国内

2023.10.11

やり投・北口榛花が世界陸連アスリート・オブ・ザ・イヤーにノミネート!!世界陸上で金、DL年間王者に輝く
やり投・北口榛花が世界陸連アスリート・オブ・ザ・イヤーにノミネート!!世界陸上で金、DL年間王者に輝く

ブダペスト世界選手権で金メダルを獲得し、“世界一”の笑顔を見せた北口榛花

世界陸連(WA)はその年に優れた成績を収めた選手を表彰する「ワールド・アスレティックス・アワード」に先駆け、アスリート・オブ・ザ・イヤーの女子ノミネート選手を発表し、やり投の北口榛花(JAL)が日本女子トラック&フィールド種目で初めてノミネートされた。

北口は今年のブダペスト世界選手権で日本女子フィールド種目初の金メダルを獲得。世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)のファイナルで日本人初の年間王者に輝いのを含め、今季は5戦4勝という圧倒的な安定感と強さを誇った。DLブリュッセルで投げた67m38の日本記録は今季世界リストトップに立つ。

広告の下にコンテンツが続きます

ノミネート選手は、北口の他に1500m・5000mで世界選手権2冠のF.キピエゴン(ケニア)はや走高跳のY.マフチフ(ウクライナ)、400mハードルのF.ボル(オランダ)、マラソンで2時間11分53秒の世界新を樹立したS.アセファ(エチオピア)ら全11名。WA加盟6大陸の代表で構成される有識者によって選考される。

ノミネート選手の中から、WA評議会、WAファミリー、そしてSNSによるファン投票の結果、11月中旬に5名の最終候補者が発表。12月11日に年間最優秀となる「ワールド・アスリート・オブ・ザ・イヤー」が男女1名ずつ決定する。

過去には男子ハンマー投の室伏広治や、女子マラソンの高橋尚子がノミネートしている。2015年にはサニブラウン・アブデル・ハキーム(現・東レ)が期待の若手に贈られる「ライジング・スター・アワード」を受賞している。

世界陸連(WA)はその年に優れた成績を収めた選手を表彰する「ワールド・アスレティックス・アワード」に先駆け、アスリート・オブ・ザ・イヤーの女子ノミネート選手を発表し、やり投の北口榛花(JAL)が日本女子トラック&フィールド種目で初めてノミネートされた。 北口は今年のブダペスト世界選手権で日本女子フィールド種目初の金メダルを獲得。世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)のファイナルで日本人初の年間王者に輝いのを含め、今季は5戦4勝という圧倒的な安定感と強さを誇った。DLブリュッセルで投げた67m38の日本記録は今季世界リストトップに立つ。 ノミネート選手は、北口の他に1500m・5000mで世界選手権2冠のF.キピエゴン(ケニア)はや走高跳のY.マフチフ(ウクライナ)、400mハードルのF.ボル(オランダ)、マラソンで2時間11分53秒の世界新を樹立したS.アセファ(エチオピア)ら全11名。WA加盟6大陸の代表で構成される有識者によって選考される。 ノミネート選手の中から、WA評議会、WAファミリー、そしてSNSによるファン投票の結果、11月中旬に5名の最終候補者が発表。12月11日に年間最優秀となる「ワールド・アスリート・オブ・ザ・イヤー」が男女1名ずつ決定する。 過去には男子ハンマー投の室伏広治や、女子マラソンの高橋尚子がノミネートしている。2015年にはサニブラウン・アブデル・ハキーム(現・東レ)が期待の若手に贈られる「ライジング・スター・アワード」を受賞している。

WA年間表彰女子ノミネート選手をチェック!

マラソン F.アセファ(エチオピア) 400mH F.ボル(オランダ) 100m・200m S.ジャクソン(ジャマイカ) 中長距離 F.キピエゴン(ケニア) やり投 北口榛花(JAL) 走高跳 Y.マフチフ(ウクライナ) 競歩 M.ペレス(スペイン) 長距離 G.ツェガイ(エチオピア) 100m・200m S.リチャードソン(米国) 三段跳 Y.ロハス(ベネズエラ) 3000m障害 W.ヤヴィ(バーレーン)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

関東学生陸上競技連盟は2024年度の競技会スケジュールを公開した。 第103回関東学生対校選手権(関東インカレ)は5月9日から12日の4日間、東京・国立競技場で行われる。国立開催は2年ぶりとなる。 広告の下にコンテンツが […]

NEWS 棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

2024.02.29

棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

男子棒高跳で活躍したファビアン・シュルツェ氏(ドイツ)が2月25日、39歳の若さで病気のためゾントホーフェンで亡くなったことがわかった。 1984年3月生まれ。ジュニア時代から活躍し、2003年欧州ジュニア選手権3位、0 […]

NEWS 2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

2024.02.29

2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

世界陸連(WA)の理事会は英国・グラスゴーで開かれ、世界選手権のトラック種目についての変更点を承認した。 世界選手権のトラック種目のうち、スプリントから800mまでのレースにおいて、準決勝と決勝で9レーン(利用可能な競技 […]

NEWS 2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

2024.02.29

2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

世界陸連(WA)は英国・グラスゴーで理事会を開き、2025年から夏季シーズンを再編すると発表した。 現在の主要カレンダーは、4月からダイヤモンドリーグやコンチネンタルツアーが本格化し、6月あたりに各国選手権が開催。主催す […]

NEWS 2027年世界陸上開催地は中国・北京に!15年以来2度目の実施で、25年東京に続く連続アジア開催に

2024.02.29

2027年世界陸上開催地は中国・北京に!15年以来2度目の実施で、25年東京に続く連続アジア開催に

世界陸連は2月28日、理事会を英国・グラスゴーで実施し、2027年の世界陸上開催地に中国・北京を選出した。 当地は2015年にも開催しており、12年ぶり2度目。2025年は東京で行われることが決まっており、2大会連続のア […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top