HOME 国内

2023.10.01

32歳・飯塚翔太が200m今季初V!23年シーズン個人締めくくる20秒42「今日のベストを出すことができた」/新潟ACC
32歳・飯塚翔太が200m今季初V!23年シーズン個人締めくくる20秒42「今日のベストを出すことができた」/新潟ACC

23年アスレチックスチャレンジ男子200mを制した飯塚翔太

◇アスレチックスチャレンジカップ(9月30日~10月1日/新潟市・デンカビッグスワンススタジアム)

日本グランプリシリーズ新潟大会のアスレチックスチャレンジカップ(新潟ACC)の2日目が行われ、コンチネンタルツアー・ブロンズ種目の男子200mは飯塚翔太(ミズノ)が20秒42(±0)で制した。

これが今季の個人種目最終戦。今季初勝利に、「前半リズム良く、後半勝負という自分のスタイルで走ることができました」とうなずく。2週間後の鹿児島国体で地元・鹿児島チームの4×100mリレー2走を務めて今季を締めくくる予定だ。

1週間前の全日本実業団対抗選手権では100m予選で10秒08(+3.2)をマークするなど、「記録を狙いたい」と臨んだ一戦だった。予選は終盤流して20秒61(-0.1)。「もう少し動きの素早さを出したかったけど、なかなか上がり切らなかった」と言う。

決勝は、「今日のベストを出すことができました」。ただ、20秒4台のタイムに「これぐらいで走れて良かった」としつつも「もう少し刺激を入れておけば良かったです」と、“もう一歩”の思いも垣間見せた。

6月に32歳になった。日本選手権では決勝で脚にケイレンを起こして5位にとどまったが、8月のブダペスト世界陸上では奮闘。予選でサードベストの20秒27をマークして4度目のセミファイナル進出を果たすなど、その存在感にいまだ大きい。

同学年である走高跳の戸邉直人(JAL)がアキレス腱断裂から復帰し、1学年下の山縣亮太(セイコー)も膝の手術を経て試合を着実にこなしている。「同じ空間にいるのも刺激になるし、戸邉の復帰はうれしいですね」。

全日本実業団後は「2日間動けなかった」と身体の変化を感じてはいるが、「そんなものだと思ってケアしてきた」と気にしていない。年下の選手に対しても、「試合になればみんなライバル。終われば友達です(笑)」と笑い飛ばす。何より、「自己ベストを出したい」とモチベーションは衰えを知らない。

「100mも追い風参考でもあのタイムで走れました。走れたのは収穫。調子が悪い時は良い条件でも走れず、噛み合わなかった。200mでもうまくハマれば」

日本人初の19秒台は「ずっと思って練習に励んでいます」。パリ五輪、さらには東京世界選手権を視野に、日本男子スプリントの“リーダー”はまだまだ走り続ける。

◇アスレチックスチャレンジカップ(9月30日~10月1日/新潟市・デンカビッグスワンススタジアム) 日本グランプリシリーズ新潟大会のアスレチックスチャレンジカップ(新潟ACC)の2日目が行われ、コンチネンタルツアー・ブロンズ種目の男子200mは飯塚翔太(ミズノ)が20秒42(±0)で制した。 これが今季の個人種目最終戦。今季初勝利に、「前半リズム良く、後半勝負という自分のスタイルで走ることができました」とうなずく。2週間後の鹿児島国体で地元・鹿児島チームの4×100mリレー2走を務めて今季を締めくくる予定だ。 1週間前の全日本実業団対抗選手権では100m予選で10秒08(+3.2)をマークするなど、「記録を狙いたい」と臨んだ一戦だった。予選は終盤流して20秒61(-0.1)。「もう少し動きの素早さを出したかったけど、なかなか上がり切らなかった」と言う。 決勝は、「今日のベストを出すことができました」。ただ、20秒4台のタイムに「これぐらいで走れて良かった」としつつも「もう少し刺激を入れておけば良かったです」と、“もう一歩”の思いも垣間見せた。 6月に32歳になった。日本選手権では決勝で脚にケイレンを起こして5位にとどまったが、8月のブダペスト世界陸上では奮闘。予選でサードベストの20秒27をマークして4度目のセミファイナル進出を果たすなど、その存在感にいまだ大きい。 同学年である走高跳の戸邉直人(JAL)がアキレス腱断裂から復帰し、1学年下の山縣亮太(セイコー)も膝の手術を経て試合を着実にこなしている。「同じ空間にいるのも刺激になるし、戸邉の復帰はうれしいですね」。 全日本実業団後は「2日間動けなかった」と身体の変化を感じてはいるが、「そんなものだと思ってケアしてきた」と気にしていない。年下の選手に対しても、「試合になればみんなライバル。終われば友達です(笑)」と笑い飛ばす。何より、「自己ベストを出したい」とモチベーションは衰えを知らない。 「100mも追い風参考でもあのタイムで走れました。走れたのは収穫。調子が悪い時は良い条件でも走れず、噛み合わなかった。200mでもうまくハマれば」 日本人初の19秒台は「ずっと思って練習に励んでいます」。パリ五輪、さらには東京世界選手権を視野に、日本男子スプリントの“リーダー”はまだまだ走り続ける。

飯塚翔太が貫禄の優勝 男子200mのレースをチェック!

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.14

國學院大・高山豪起が全体トップの28分25秒72! 2年の辻原輝が28分27秒93で続く/関東学生網走夏季記録挑戦競技会

関東学生網走夏季記録挑戦競技会は7月14日、網走市営陸上競技場で行われ、男子10000mは高山豪起(國學院大3)が28分25秒72で全体トップとなった。 高山はハイペースでレースを進め、残り2周で留学生を追い抜いて3組1 […]

NEWS 【女子ハンマー投】工藤実幸乃(筑豊高3)56m36=高校歴代6位

2024.07.14

【女子ハンマー投】工藤実幸乃(筑豊高3)56m36=高校歴代6位

第78回国スポ選考会・第9回福岡県高校学年別選手権の2日目が行われ、女子ハンマー投で工藤実幸乃(筑豊3)が56m36の高校歴代6位のの好記録をマークした。 工藤は6月のU20日本選手権は54m87で2位。今季のランキング […]

NEWS 400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

2024.07.14

400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

男子400mでパリ五輪代表に内定した中島佑気ジョセフ(富士通)が都内で会見を開き、パリ五輪に向けた意気込みを語った。 日本選手権を連覇した中島。パリ五輪の参加標準記録(45秒00)はクリアできなかったが、ワールドランキン […]

NEWS パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

2024.07.14

パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

NEWS 4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

2024.07.14

4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top