HOME 国内、大学

2023.09.17

小川大輝 400mH48秒91で豊田兼とV分け合う「パリ五輪の参加標準が射程圏」/日本IC
小川大輝 400mH48秒91で豊田兼とV分け合う「パリ五輪の参加標準が射程圏」/日本IC

23年日本インカレ400mHを制した小川大輝(東洋大)

◇第92回日本インカレ(9月14日~17日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)4日目

日本インカレの4日目に行われた男子400mハードルは、小川大輝(東洋大)と豊田兼(慶大)が学生歴代8位タイとなる48秒91で同着優勝となった。

今年の日本選手権を制していた小川。準決勝で49秒51と自己記録を0.01秒更新していたものの、好調の金本昌樹(早大)と豊田に次ぐ3着だった。そのため、「決勝は不安しかなかったです」。

梶原道明監督から「前半はいつも通り冷静で行こう」と送り出された決勝。そこをスムーズに出ると、「いつもは8台目以降から切り替えるところろ、7台目の手前くらいから仕掛けた」と、早めにリズムを変えた。

豊田、金本が先行するなか、「前を詰めていくことができました」。最後は豊田とともに胸を突き出してフィニッシュ。「どっちが勝ってもおかしくないなと思いました。優勝を分かち合えて良かった」と学生日本一を喜んだ。東洋大勢にとってこの種目は日本インカレ初タイトルだった。

上り調子で日本学生個人選手権、関東インカレ、日本選手権とタイトルを連続で獲得した前半シーズン。だが、海外転戦3レースは50秒近く要して力を発揮できなかった。

「周りがみんな自己ベストを更新していくなかで、日本選手権を勝っているのにタイムが全然じゃないかと思われていたと感じます」。今回の好タイムに「やっとチャンピオンにふさわしい記録になりました」と胸を張った。

これでパリ五輪の参加標準記録の48秒70まであと0.21秒。「射程圏内に来られたのは成長だと思います」。来季に向けて大きな手応えをつかんだレースとなった。

◇第92回日本インカレ(9月14日~17日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)4日目 日本インカレの4日目に行われた男子400mハードルは、小川大輝(東洋大)と豊田兼(慶大)が学生歴代8位タイとなる48秒91で同着優勝となった。 今年の日本選手権を制していた小川。準決勝で49秒51と自己記録を0.01秒更新していたものの、好調の金本昌樹(早大)と豊田に次ぐ3着だった。そのため、「決勝は不安しかなかったです」。 梶原道明監督から「前半はいつも通り冷静で行こう」と送り出された決勝。そこをスムーズに出ると、「いつもは8台目以降から切り替えるところろ、7台目の手前くらいから仕掛けた」と、早めにリズムを変えた。 豊田、金本が先行するなか、「前を詰めていくことができました」。最後は豊田とともに胸を突き出してフィニッシュ。「どっちが勝ってもおかしくないなと思いました。優勝を分かち合えて良かった」と学生日本一を喜んだ。東洋大勢にとってこの種目は日本インカレ初タイトルだった。 上り調子で日本学生個人選手権、関東インカレ、日本選手権とタイトルを連続で獲得した前半シーズン。だが、海外転戦3レースは50秒近く要して力を発揮できなかった。 「周りがみんな自己ベストを更新していくなかで、日本選手権を勝っているのにタイムが全然じゃないかと思われていたと感じます」。今回の好タイムに「やっとチャンピオンにふさわしい記録になりました」と胸を張った。 これでパリ五輪の参加標準記録の48秒70まであと0.21秒。「射程圏内に来られたのは成長だと思います」。来季に向けて大きな手応えをつかんだレースとなった。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.21

20km競歩リオ、東京五輪代表・髙橋英輝が現役引退 「どのレースも自分にとっては忘れられない思い出」1万m競歩では世界最高記録も保持

6月20日、富士通は所属する競歩の髙橋英輝が同日付で引退することを発表した。 髙橋は岩手県花巻市出身の31歳。小学校ではサッカー、中学校ではソフトテニス部だったが、陸上の大会前になると特設された陸上部に所属し、長距離ラン […]

NEWS ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

2024.06.21

ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

7月7日に行われる第44回ゴールドコーストマラソンに先立ち、大会事務局は6月20日、21日に男女の招待選手を発表した。 日本からは男女17人の選手が招待。男子ではパリ五輪マラソンの補欠に選ばれている川内優輝(あいおいニッ […]

NEWS 棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

2024.06.21

棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

6月20日、ポーランド・ビドゴシュチでWAコンチネンタルツアー・ゴールドのイレーナ・シェビンスカ記念が開催され、男子棒高跳ではオレゴン世界選手権銀メダルのE.J.オビエナ(フィリピン)が5m97で優勝した。 6m00のア […]

NEWS 泉谷駿介 パリ五輪メダルに向け「自分の力を出し切れるように」

2024.06.20

泉谷駿介 パリ五輪メダルに向け「自分の力を出し切れるように」

男子110mハードルで今夏のパリ五輪代表に内定している泉谷駿介(住友電工)が6月20日、都内で行われたナイキのイベントに出席。五輪に向けての意気込みなどを語った。 泉谷は昨年のブダペスト世界選手権で5位に入賞。4月20日 […]

NEWS エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

2024.06.20

エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

6月19日、米国アンチドーピング機構(USADA)は、男子短距離のエリヨン・ナイトン(米国)の暫定資格停止処分を解除することを発表した。 20歳のナイトンは昨年のブダペスト世界選手権200m銀メダリスト。17歳だった21 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top