HOME 国内、大学

2023.09.17

豊田兼が400mH初V 小川大輝と同着とわかり「ホッとしました」/日本IC
豊田兼が400mH初V 小川大輝と同着とわかり「ホッとしました」/日本IC

日本インカレ400mHを制した豊田兼(慶大)

◇第92回日本インカレ(9月14日~17日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)4日目

日本インカレの4日目に行われた男子400mハードルは、小川大輝(東洋大)と豊田兼(慶大)が学生歴代8位タイとなる48秒91で同着優勝となった。

ワールドユニバーシティゲームズの110mハードルで、全カテゴリーを通じて同種目初の『世界一』に輝いた豊田。これまでハードル2種目で取り組んできたが、400mハードルでも圧巻のパフォーマンスを見せる。

予選で49秒51とこれまでの大会前のベストを0.25秒更新。さらに準決勝でも49秒09をマークした。その準決勝で「9台目の15歩がもたついたので修正すること」と、「前半少し攻めるイメージ」を持って決勝に臨んだ。

「1、2台目で前日(準決勝)よりスピード感が出ていた」と加速すると、身長195cm、長い手足と磨いてきたスプリントを生かして大きくリードする。

昨年も前半から突っ込んだが、ラストで失速。「今回は6、7、8台目で楽に加速していく」走りで課題を克服し、ラストで強さを見せた小川の強襲にも何とか耐えきった。

「もしかしたら負けたかもしれない」。モニターには先に小川の名が表示。「悔しい思いでしたが、同着とわかってホッとしました」と優勝を分かち合って笑顔がこぼれた。

慶大勢としては1963年、第32回大会の上野賀亮以来、実に60年ぶりだった。

これで「48秒台というタイムも持つことができたので、あと一歩だと思います」と、パリ五輪の参加標準記録(48秒70)も視界にとらえた。110mハードルではユニバで日本歴代6位の13秒29まで記録を短縮。いずれも高い水準の記録へと成長を遂げ、世界を目指すに十分だ。かねてから「2種目で」世界を狙うという意思は変わらない。

来年は父の母国・フランスのパリで五輪が開かれる。オリンピックを狙うために「どちらか来年だけは絞る可能性もありますが、まだ決めていません」。

活況続く日本のハードル界でもひときわ輝く大器。日本インカレ初優勝をきっかけに、その可能性はどんどんと広がっていきそうだ。

◇第92回日本インカレ(9月14日~17日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)4日目 日本インカレの4日目に行われた男子400mハードルは、小川大輝(東洋大)と豊田兼(慶大)が学生歴代8位タイとなる48秒91で同着優勝となった。 ワールドユニバーシティゲームズの110mハードルで、全カテゴリーを通じて同種目初の『世界一』に輝いた豊田。これまでハードル2種目で取り組んできたが、400mハードルでも圧巻のパフォーマンスを見せる。 予選で49秒51とこれまでの大会前のベストを0.25秒更新。さらに準決勝でも49秒09をマークした。その準決勝で「9台目の15歩がもたついたので修正すること」と、「前半少し攻めるイメージ」を持って決勝に臨んだ。 「1、2台目で前日(準決勝)よりスピード感が出ていた」と加速すると、身長195cm、長い手足と磨いてきたスプリントを生かして大きくリードする。 昨年も前半から突っ込んだが、ラストで失速。「今回は6、7、8台目で楽に加速していく」走りで課題を克服し、ラストで強さを見せた小川の強襲にも何とか耐えきった。 「もしかしたら負けたかもしれない」。モニターには先に小川の名が表示。「悔しい思いでしたが、同着とわかってホッとしました」と優勝を分かち合って笑顔がこぼれた。 慶大勢としては1963年、第32回大会の上野賀亮以来、実に60年ぶりだった。 これで「48秒台というタイムも持つことができたので、あと一歩だと思います」と、パリ五輪の参加標準記録(48秒70)も視界にとらえた。110mハードルではユニバで日本歴代6位の13秒29まで記録を短縮。いずれも高い水準の記録へと成長を遂げ、世界を目指すに十分だ。かねてから「2種目で」世界を狙うという意思は変わらない。 来年は父の母国・フランスのパリで五輪が開かれる。オリンピックを狙うために「どちらか来年だけは絞る可能性もありますが、まだ決めていません」。 活況続く日本のハードル界でもひときわ輝く大器。日本インカレ初優勝をきっかけに、その可能性はどんどんと広がっていきそうだ。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

110mH村竹ラシッド パリ五輪の決勝で勝負!DLなど経験し「実力を発揮できるようになってきた」

男子110mハードルの日本記録保持者でパリ五輪代表の村竹ラシッド(JAL)が、練習拠点としている母校・順大で練習を公開した。 日本選手権を初優勝して初五輪を決めた村竹。その後はダイヤモンドリーグ(DL)パリ大会に出場し、 […]

NEWS 三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top