HOME 国内、大学

2023.09.16

110mH村竹ラシッド13秒04の日本タイ記録!「やっとここまで来られた」ケガ乗り越え進化 最後のインカレで待望の学生新/日本IC
110mH村竹ラシッド13秒04の日本タイ記録!「やっとここまで来られた」ケガ乗り越え進化 最後のインカレで待望の学生新/日本IC

23年日本インカレ男子110mHを日本タイ記録で制した村竹ラシッド(順大)

【動画】衝撃の13秒04!!村竹ラシッドの日本タイ記録Vをチェック

◇第92回日本インカレ(9月14日~17日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)3日目 日本インカレ3日目に男子110mハードルが行われ、村竹ラシッド(順大)が日本タイ記録の13秒04(-0.9)で2年ぶり3度目の優勝を飾った。 『J』を背負って走る最後のインカレ、最後のハードル。とてつもない走りを熊谷に刻んだ。 強い日差しが照りつけるなか村竹が躍動。「1台目を越えてから、あとは一気に刻んでいく」。スタートから飛び出すと、あとは一人旅。鋭く力強いハードリングでグングンと差を広げていく。 「タイムは意識していなくて、勝ったなと思って」右手で指をさしてフィニッシュラインを突き抜けた。そのまま仲間の待つバックスタンドまでウイニングラン。その間にちらっとボードが見えたそうで「気づくのが遅れました」とはにかむ。 大先輩・泉谷駿介(現・住友電工)が今年出した日本記録に並ぶ13秒04。さらに、泉谷が作った学生記録13秒06をようやく更新した。 「ハードルにぶつけることなくスムーズに行けましたし、中盤からスピードに乗って最後まで維持できました」と村竹。フィニッシュした際の「スピード感も違った」。それでも「13秒15くらい出ればと思っていたので」と驚き、「仲間の応援があったので」とスタンドを見つめた。 「やっとここまで来られました」 大学2年時に東京五輪の参加標準記録を突破しながら「自分なんかが出ていいのか」という現実と精神面のギャップもあり、結果的に日本選手権で不正スタートによる失格。一時はトラックから離れた。 それでも世界を目指してきた村竹。昨年は世界選手権にも初出場した。今季も春に早々とブダペスト世界選手権の参加標準記録を突破しながら、4月の織田記念で左脚を肉離れ。戦線離脱し、関東インカレも、日本選手権も、ブダペスト世界選手権も出場できなかった。 その間はウエイトトレーニングを中心に「ケガをしない身体作り」を目指してきた。体重も昨年から5kg増。クリーンも80kgから100kgまで上がった。それにより、「スタートから1、2、3歩と力強く、かつキレのある動きができるようになりました」。 ケガをしても決して挫けるどころから、成長へのチャンスへ変える。その強さが村竹を進化させた。復帰戦となった8月に13秒18をマークしてパリ五輪の参加標準記録(13秒27)を突破。さらにダイヤモンドリーグ・廈門大会も経験し、セカンドベストとなる13秒19で5位と堂々と渡り合った。 そして、最後のインカレで特大の学生新、日本タイ記録。日本インカレでの日本記録樹立は、2017年、男子100mで日本初の9秒台となった桐生祥秀(東洋大)の9秒98以来だった。 これで泉谷に記録面では並んだものの、「まだまだ。経験も足りません」。村竹が目指すのは、世界のファイナル、そしてメダル。「追いつくだけじゃなく、追い越したい。自分がハードル界を牽引していけるように」。 4年間を振り返り「あっという間でした」。三浦龍司、出口晴翔、宇野勝翔ら、「一緒に頑張れる仲間に恵まれて、頼もしい先輩、頼もしい後輩もいるいい環境でした」。そうした名門・順大で目いっぱい力をつけてきた。 村竹には、もう一つ仕事が残されている。ケガで出られなかった関東インカレで見せたように、最後まで総合優勝を目指す仲間たちを声を出して全力で応援。それができるのが、村竹ラシッドの魅力の一つだ。 「12秒台は見えました」 最後のインカレで見せた圧倒的なパフォーマンスを手土産に、村竹は世界のトップへと羽ばたいていく。 大会の模様はあすリートチャンネルのYouTubeでライブ配信されている。 あすリートチャンネル特設ページ

【動画】衝撃の13秒04!!村竹ラシッドの日本タイ記録Vをチェック

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.22

ステップスポーツ神戸店 2月23日(金・祝)にグランドオープン!

陸上競技用スパイクやシューズ、ウェアの販売でおなじみの「SteP SPORTS(ステップスポーツ)」が2月23日、兵庫県神戸市に「ステップスポーツ神戸店」をグランドオープンする。 同店は、1月14日までの営業となった「ス […]

NEWS 川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

2024.02.21

川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

創価大駅伝部は4月1日付で川嶋伸次氏が総監督に就任すると発表した。 川嶋氏は埼玉県出身の57歳。日体大時代に箱根駅伝6区区間賞など活躍したのち、1989年に旭化成入社。2000年3月のびわ湖毎日マラソンで2時間9分04秒 […]

NEWS 箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

2024.02.21

箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

トヨタ自動車九州は2月21日、所属する今井正人が2月25日の第107回日本選手権クロスカントリーを最後に現役を引退すると発表した。 今井は福島県小高町(現・南相馬市)出身の39歳。小学生の頃から野球少年だったが、小・中学 […]

NEWS 「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

2024.02.21

「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

東京2005世界陸上財団は2月21日、2025年9月に開催される東京世界選手権の大会ロゴデザイン選定委員会を開いた。 11月30日から1月15日までの応募期間で受け付けられた368作品から、要件確認を経て、予備選定会で絞 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top