HOME 国内、高校

2023.08.28

女子800mは高1・久保凛が2分06秒71で連勝!「日本代表として地元を走れてうれしい」/日・韓・中ジュニア交流競技会
女子800mは高1・久保凛が2分06秒71で連勝!「日本代表として地元を走れてうれしい」/日・韓・中ジュニア交流競技会

23年日韓中ジュニア交流競技会女子800mで優勝した久保凛

◇第31回日・韓・中ジュニア交流競技会 和歌山大会(8月25・27日/和歌山・紀三井寺公園陸上競技場)

各国の高校生世代が集う「日・韓・中ジュニア交流競技会」が和歌山の紀三井寺公園陸上競技場で4年ぶりに開催され、8月上旬の北海道インターハイで活躍した22人の日本代表が韓国、中国、和歌山県代表とともに熱戦を展開した。

広告の下にコンテンツが続きます

大会は25、27日の2日間、同じスケジュールで行われ、2日目の27日には女子800mで地元・和歌山出身の久保凛(東大阪大敬愛1大阪)が快走を見せた。

25日の第1レースでも独走の中で2分08秒62と好走していた久保。その際は前半の400mを61秒で入りながらも、リズムや呼吸が合わず後半失速していた。その反省を生かし、「今日は前半からいいリズムで入れ、後半もペースを落とさず走れてよかった」と、同じ会場で行われた6月の近畿大会でマークした自己ベスト(2分06秒19)に迫る2分06秒71で2連勝を飾り、笑顔を見せた。

レース後には、大阪土産のたこ焼きをモチーフにしたキーホルダーなどをともに走った選手に渡すなどして交流を深めた。いとこでサッカー日本代表の久保建英(レアル・ソシエダード)の影響などもあり、「いつかは自分も日本代表になりたいと憧れていました。代表のユニフォームを着て地元を走ることができ、自分もいとこに少し近付けてうれしい」と目を輝かせる。

インターハイ後は、近畿ユースの大阪府予選に出場し、1年800m・1500mでV。この後は9月15~17日に奈良の鴻ノ池競技場で行われる近畿ユースに出場する。「800mと1500mのトラックレースはそこが今シーズン最後となるので、800mでは2分05秒台、1500mでは4分20秒を切りたいですね」と抱負を話す。

広告の下にコンテンツが続きます

秋は3000mの記録会を挟み、10月1日のくらよし女子駅伝、そして都大路初出場が懸かる10月28日の府高校駅伝とロードシーズンに突入。「しっかりスタミナを磨き、チームに貢献できる走りをしたい」と、トラックシーズンでつかんだ自信を胸に、ロードシーズンでのさらなる飛躍を誓った。

他では、久保と同じ和歌山勢で男子砲丸投に出場した桑添喬偉(和歌山工3)が高校歴代12位タイとなる17m31を投げ優勝。「ずっと目標だった17m台を投げられ夢が叶った」と満面の笑みを浮かべた。

同110mハードル(ジュニア規格/高さ99.1cm)では山中恭介(市船橋3千葉)が高校歴代5位となる13秒48(-0.5)をマークして2位。13秒28のベストを叩き出した中国のチェン・ユアンジャンには僅差で敗れたものの、ブダペスト世界選手権6位の泉谷駿介(住友電工)、オレゴン世界選手権代表の村竹ラシッド(順大)らの高校時代のベストを上回る力走が光った。

文/花木 雫

広告の下にコンテンツが続きます
◇第31回日・韓・中ジュニア交流競技会 和歌山大会(8月25・27日/和歌山・紀三井寺公園陸上競技場) 各国の高校生世代が集う「日・韓・中ジュニア交流競技会」が和歌山の紀三井寺公園陸上競技場で4年ぶりに開催され、8月上旬の北海道インターハイで活躍した22人の日本代表が韓国、中国、和歌山県代表とともに熱戦を展開した。 大会は25、27日の2日間、同じスケジュールで行われ、2日目の27日には女子800mで地元・和歌山出身の久保凛(東大阪大敬愛1大阪)が快走を見せた。 25日の第1レースでも独走の中で2分08秒62と好走していた久保。その際は前半の400mを61秒で入りながらも、リズムや呼吸が合わず後半失速していた。その反省を生かし、「今日は前半からいいリズムで入れ、後半もペースを落とさず走れてよかった」と、同じ会場で行われた6月の近畿大会でマークした自己ベスト(2分06秒19)に迫る2分06秒71で2連勝を飾り、笑顔を見せた。 レース後には、大阪土産のたこ焼きをモチーフにしたキーホルダーなどをともに走った選手に渡すなどして交流を深めた。いとこでサッカー日本代表の久保建英(レアル・ソシエダード)の影響などもあり、「いつかは自分も日本代表になりたいと憧れていました。代表のユニフォームを着て地元を走ることができ、自分もいとこに少し近付けてうれしい」と目を輝かせる。 インターハイ後は、近畿ユースの大阪府予選に出場し、1年800m・1500mでV。この後は9月15~17日に奈良の鴻ノ池競技場で行われる近畿ユースに出場する。「800mと1500mのトラックレースはそこが今シーズン最後となるので、800mでは2分05秒台、1500mでは4分20秒を切りたいですね」と抱負を話す。 秋は3000mの記録会を挟み、10月1日のくらよし女子駅伝、そして都大路初出場が懸かる10月28日の府高校駅伝とロードシーズンに突入。「しっかりスタミナを磨き、チームに貢献できる走りをしたい」と、トラックシーズンでつかんだ自信を胸に、ロードシーズンでのさらなる飛躍を誓った。 他では、久保と同じ和歌山勢で男子砲丸投に出場した桑添喬偉(和歌山工3)が高校歴代12位タイとなる17m31を投げ優勝。「ずっと目標だった17m台を投げられ夢が叶った」と満面の笑みを浮かべた。 同110mハードル(ジュニア規格/高さ99.1cm)では山中恭介(市船橋3千葉)が高校歴代5位となる13秒48(-0.5)をマークして2位。13秒28のベストを叩き出した中国のチェン・ユアンジャンには僅差で敗れたものの、ブダペスト世界選手権6位の泉谷駿介(住友電工)、オレゴン世界選手権代表の村竹ラシッド(順大)らの高校時代のベストを上回る力走が光った。 文/花木 雫

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

パリ五輪マラソン代表3枠目は誰の手に!?最後の大一番・東京マラソンに鈴木健吾、服部勇馬、山下一貴らが挑む

アボット・ワールドマラソンメジャーズの一つ、東京マラソン2024が3月3日に行われる。 JMCシリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジの男子ラストレース。つまり、こ […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】マラソンで花開いた早大・伊福陽太「早稲田の歴史に名前を残せてうれしい」

2024.02.29

【学生長距離Close-upインタビュー】マラソンで花開いた早大・伊福陽太「早稲田の歴史に名前を残せてうれしい」

学生長距離Close-upインタビュー 伊福陽太 Ifuku Yota 早稲田大学3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。36回目は、早大の伊福 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~日体大~漆畑徳輝「古豪復活を絶対にできる」山口廉「必ず2区でリベンジ」

2024.02.29

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~日体大~漆畑徳輝「古豪復活を絶対にできる」山口廉「必ず2区でリベンジ」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走した選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏話 (3 […]

NEWS マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

2024.02.29

マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。 脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピード […]

NEWS 第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

2024.02.29

第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

関東学生陸上競技連盟は2024年度の競技会スケジュールを公開した。 第103回関東学生対校選手権(関東インカレ)は5月9日から12日の4日間、東京・国立競技場で行われる。国立開催は2年ぶりとなる。 広告の下にコンテンツが […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top