HOME 世界陸上、海外

2023.08.28

「今日は完璧だった!」男子5000m・インゲブリグトセンが連覇で1500mの雪辱!/世界陸上
「今日は完璧だった!」男子5000m・インゲブリグトセンが連覇で1500mの雪辱!/世界陸上

5000mで金メダルを獲得し、笑顔を見せたインゲブリグトセン

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)9日目

ブダペスト世界陸上9日目のアフタヌーンセッションが行われ、男子5000mはヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が13分11秒30で大会連覇を果たした。

連日続いた高温は最終日も変わらず、気温が30度を超える暑さの中行われた男子5000m。中盤まで集団の後方に位置取ったインゲブリグトセンは、ペースが速くなった3500mから徐々にポジションを前へと移す。

ベリフ・アレガウィ(エチオピア)が4000mを10分49秒で通過してもなお、集団は13人ほどの大グループだったが、残り500mあたりから試合が動いた。

真っ先に仕掛けたのが、今季ダイヤモンドリーグでも優勝しているモハメド・カティル(スペイン)で、最後の1周のバックストレートでトップに立つ。しかし、インゲブリグトセンはこれをしっかりマークすると、徐々に接近してほぼ並ぶようにして最後の直線に入った。

そして、「最後の40~50メートルは非常にきつい走りだったけど、勝つためにはこれしかなかった」というスプリントでカティルを抜き去ると、トップでフィニッシュラインになだれ込み、金メダルをもぎ取った。

優勝候補に挙げられていた1500mで英国選手に敗れて銀メダル。そして5000mでの雪辱Vは、インゲブリグトセンにとって前回のオレゴン大会をなぞるような展開に。

喉の痛みなどで今大会も1500mで銀メダルに甘んじたが、最後に最強ランナーの意地を見せた。「1500mで負けた私にとって価値ある優勝です。身体の状態はベストじゃなかったけど、モチベーションはあったし、周りのサポートにも恵まれて、今日は完璧なレースができた」と感謝の言葉を残してスタジアムを後にした。

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)9日目 ブダペスト世界陸上9日目のアフタヌーンセッションが行われ、男子5000mはヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が13分11秒30で大会連覇を果たした。 連日続いた高温は最終日も変わらず、気温が30度を超える暑さの中行われた男子5000m。中盤まで集団の後方に位置取ったインゲブリグトセンは、ペースが速くなった3500mから徐々にポジションを前へと移す。 ベリフ・アレガウィ(エチオピア)が4000mを10分49秒で通過してもなお、集団は13人ほどの大グループだったが、残り500mあたりから試合が動いた。 真っ先に仕掛けたのが、今季ダイヤモンドリーグでも優勝しているモハメド・カティル(スペイン)で、最後の1周のバックストレートでトップに立つ。しかし、インゲブリグトセンはこれをしっかりマークすると、徐々に接近してほぼ並ぶようにして最後の直線に入った。 そして、「最後の40~50メートルは非常にきつい走りだったけど、勝つためにはこれしかなかった」というスプリントでカティルを抜き去ると、トップでフィニッシュラインになだれ込み、金メダルをもぎ取った。 優勝候補に挙げられていた1500mで英国選手に敗れて銀メダル。そして5000mでの雪辱Vは、インゲブリグトセンにとって前回のオレゴン大会をなぞるような展開に。 喉の痛みなどで今大会も1500mで銀メダルに甘んじたが、最後に最強ランナーの意地を見せた。「1500mで負けた私にとって価値ある優勝です。身体の状態はベストじゃなかったけど、モチベーションはあったし、周りのサポートにも恵まれて、今日は完璧なレースができた」と感謝の言葉を残してスタジアムを後にした。

【動画】壮絶なラスト300mからのダッシュ! 男子5000mダイジェスト

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

NEWS 2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

2024.06.24

2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

世界陸連(WA)は6月22日、2028年に開催されるロサンゼルス五輪について、陸上を第一週に実施することを発表した。マラソンとメダル授与については最終週に行う伝統を維持するとしている。 これまで第一週に水泳、第二週に陸上 […]

NEWS 全米最速はライルズ!自己タイ9秒83で100m初の五輪切符 2位ベドナレク、3位カーリーが代表入り 4位コールマン落選/全米五輪選考会

2024.06.24

全米最速はライルズ!自己タイ9秒83で100m初の五輪切符 2位ベドナレク、3位カーリーが代表入り 4位コールマン落選/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6月21~30日/米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100mはノア・ライルズが自己タイの9秒83(+0.4)で制し、この種目で初の五輪出場権を手に […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top