HOME 国内、世界陸上、日本代表
女子走幅跳の秦澄美鈴が帰国「質の高い試合をどんどん経験したい」/世界陸上
女子走幅跳の秦澄美鈴が帰国「質の高い試合をどんどん経験したい」/世界陸上

帰国会見を行った女子走幅跳の秦澄美鈴

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)

ブダペストで行われている世界選手権に出場した日本代表の一部が、24日に帰国した。

女子走幅跳の秦澄美鈴(シバタ工業)が空港で会見し、「調子自体は良かったのですが、1本目でファウルとなってしまったのが響いてしまった」と本領を発揮できず予選落ちに終わった試合を振り返った。

秦は昨年のオレゴン大会に続く2大会連続での出場。「結果としては今回も予選落ちで、自分に対する悔しさなどは同じ。でも、去年は頭が真っ白で跳躍の記憶もないくらいに終わった3本でしたが、今回は1本ごとに『ここをこうすればいいんじゃないか』と具体的に課題がしっかり見えた」と、自身の成長は感じとることはできたと話す。

「前半の3本で結果を残さないといけないことなど、日本では意識しにくいことを改めて感じた」という秦。これまでは高いレベルでの試合経験が不足しがちだったが、7月のアジア選手権で6m97を跳んだことで、ダイヤモンドリーグなど世界トップクラスの競技会への出場への道も開けている。

「今後は試合を選んで臨めるという楽しみもある」と話すように、次は9月2日のDL厦門(中国)にも出場を予定。「質の高い試合をこなして、パリ五輪に臨めるようにしたい」と今後の展開を語った。

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト) ブダペストで行われている世界選手権に出場した日本代表の一部が、24日に帰国した。 女子走幅跳の秦澄美鈴(シバタ工業)が空港で会見し、「調子自体は良かったのですが、1本目でファウルとなってしまったのが響いてしまった」と本領を発揮できず予選落ちに終わった試合を振り返った。 秦は昨年のオレゴン大会に続く2大会連続での出場。「結果としては今回も予選落ちで、自分に対する悔しさなどは同じ。でも、去年は頭が真っ白で跳躍の記憶もないくらいに終わった3本でしたが、今回は1本ごとに『ここをこうすればいいんじゃないか』と具体的に課題がしっかり見えた」と、自身の成長は感じとることはできたと話す。 「前半の3本で結果を残さないといけないことなど、日本では意識しにくいことを改めて感じた」という秦。これまでは高いレベルでの試合経験が不足しがちだったが、7月のアジア選手権で6m97を跳んだことで、ダイヤモンドリーグなど世界トップクラスの競技会への出場への道も開けている。 「今後は試合を選んで臨めるという楽しみもある」と話すように、次は9月2日のDL厦門(中国)にも出場を予定。「質の高い試合をこなして、パリ五輪に臨めるようにしたい」と今後の展開を語った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

7月13日、東大阪市第2回OV30陸上競技記録会が東大阪市のトライスタジアム(花園中央公園多目的競技場)で行われ、女子4×800mリレーに東大阪大敬愛高(大阪)の2チームが出場。北村凜(3年)、朝野流南(2年)、田村実彩 […]

NEWS 五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

NEWS 男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

NEWS 男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

2024.07.13

男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

7月13日、第97回北海道選手権の初日が網走市運動公園市営陸上競技場で行われ、男子走幅跳に日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が出場し、シーズンベストの7m86(+1.7)で優勝した。 昨年の世界選手権代表の城山。今季 […]

NEWS 【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

2024.07.13

【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

7月13日、第79回愛媛県選手権の2日目が行われ、男子200mで高校1年生の井手友郎(済美高1愛媛)が21秒28(+1.5)の大会新記録で優勝した。この記録は高1歴代8位の好記録となる。 井手は桑原中時代に全中200m5 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top