HOME 国内、世界陸上、日本代表
男子110mH5位の泉谷駿介が帰国「悔しさがフツフツ湧いてきた」五輪のメダルにも手応え/世界陸上
男子110mH5位の泉谷駿介が帰国「悔しさがフツフツ湧いてきた」五輪のメダルにも手応え/世界陸上

「悔しさが沸いてきた」と話した泉谷駿介

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)

ブダペストで行われている世界選手権の男子110mハードルで日本人初入賞となる5位に入った泉谷駿介(住友電工)が帰国し、空港で取材に応じた。

開口一番「レースが終わった直後は、5位は妥当な順位だと思っていたのですが、動画でレースを振り返ったりしているうちに、『もう少し上の順位を狙えたのでは』と悔しさがフツフツと湧いてきました」と心境の変化を口にした泉谷。

決勝ではスタートで両ふくらはぎをつりながらも13秒19(±0)で駆け抜けたが、「中盤でスピードに乗れず、終盤での失速が大きかった」と冷静に振り、まだまだやり残したことが多いことに気づいたという。

今季はダイヤモンドリーグ(DL)ローザンヌ大会で優勝し、世界のトップクラスまで成長。今大会で金メダルを獲得したグラント・ホロウェイ(米国)と隣のレーンに入っても、それほど緊張はしなかったのは「経験が生きたから」と言う。

日本人で初めて立った決勝の舞台。「JAPANのユニフォームを着て立てたこと、DLとは雰囲気が違ってより緊張感が増して良かったです」。

ただ、レベルの高いレースを3本こなした上、準決勝から決勝までのインターバルも短く、最後は体力面での課題も見つかった。「具体的な答えは見つかっていないですが、コーチと相談していきたい」という。

それでも、1大会で13秒1台を2度出したのは自身でも初の経験。「13秒1の感覚がつかめてきました。決勝では13秒0台が必要だと思うし、どうしたら安定して0台を出せるか考えたい」とさらに意欲を燃やす。

今後は9月のDL厦門に出場を予定。24年パリ五輪に向けては「海外転戦もして、結果もついてきているので、良い流れで来ています。今年の流れをベースとして、あとはしっかり練習できれば」と1年後に迫った大舞台に意欲を燃やしている。

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト) ブダペストで行われている世界選手権の男子110mハードルで日本人初入賞となる5位に入った泉谷駿介(住友電工)が帰国し、空港で取材に応じた。 開口一番「レースが終わった直後は、5位は妥当な順位だと思っていたのですが、動画でレースを振り返ったりしているうちに、『もう少し上の順位を狙えたのでは』と悔しさがフツフツと湧いてきました」と心境の変化を口にした泉谷。 決勝ではスタートで両ふくらはぎをつりながらも13秒19(±0)で駆け抜けたが、「中盤でスピードに乗れず、終盤での失速が大きかった」と冷静に振り、まだまだやり残したことが多いことに気づいたという。 今季はダイヤモンドリーグ(DL)ローザンヌ大会で優勝し、世界のトップクラスまで成長。今大会で金メダルを獲得したグラント・ホロウェイ(米国)と隣のレーンに入っても、それほど緊張はしなかったのは「経験が生きたから」と言う。 日本人で初めて立った決勝の舞台。「JAPANのユニフォームを着て立てたこと、DLとは雰囲気が違ってより緊張感が増して良かったです」。 ただ、レベルの高いレースを3本こなした上、準決勝から決勝までのインターバルも短く、最後は体力面での課題も見つかった。「具体的な答えは見つかっていないですが、コーチと相談していきたい」という。 それでも、1大会で13秒1台を2度出したのは自身でも初の経験。「13秒1の感覚がつかめてきました。決勝では13秒0台が必要だと思うし、どうしたら安定して0台を出せるか考えたい」とさらに意欲を燃やす。 今後は9月のDL厦門に出場を予定。24年パリ五輪に向けては「海外転戦もして、結果もついてきているので、良い流れで来ています。今年の流れをベースとして、あとはしっかり練習できれば」と1年後に迫った大舞台に意欲を燃やしている。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.21

ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

7月7日に行われる第44回ゴールドコーストマラソンに先立ち、大会事務局は6月20日、21日に男女の招待選手を発表した。 日本からは男女17人の選手が招待。男子ではパリ五輪マラソンの補欠に選ばれている川内優輝(あいおいニッ […]

NEWS 棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

2024.06.21

棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

6月20日、ポーランド・ビドゴシュチでWAコンチネンタルツアー・ゴールドのイレーナ・シェビンスカ記念が開催され、男子棒高跳ではオレゴン世界選手権銀メダルのE.J.オビエナ(フィリピン)が5m97で優勝した。 6m00のア […]

NEWS 泉谷駿介 パリ五輪メダルに向け「自分の力を出し切れるように」

2024.06.20

泉谷駿介 パリ五輪メダルに向け「自分の力を出し切れるように」

男子110mハードルで今夏のパリ五輪代表に内定している泉谷駿介(住友電工)が6月20日、都内で行われたナイキのイベントに出席。五輪に向けての意気込みなどを語った。 泉谷は昨年のブダペスト世界選手権で5位に入賞。4月20日 […]

NEWS エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

2024.06.20

エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

6月19日、米国アンチドーピング機構(USADA)は、男子短距離のエリヨン・ナイトン(米国)の暫定資格停止処分を解除することを発表した。 20歳のナイトンは昨年のブダペスト世界選手権200m銀メダリスト。17歳だった21 […]

NEWS 五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

2024.06.19

五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

第108回日本選手権・混成競技が6月22、23日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われる。パリ五輪代表選考会を兼ねた一戦の注目選手を見ていく。 男子十種競技の優勝候補は丸山優真(住友電工)。前回は7816点で初優勝 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top