HOME 国内、世界陸上、日本代表
女子やり投・上田百寧は大ケガ乗り越え再び世界の舞台に立つ!56m19で予選突破ならず/世界陸上
女子やり投・上田百寧は大ケガ乗り越え再び世界の舞台に立つ!56m19で予選突破ならず/世界陸上

女子やり投の上田百寧は決勝進出ならず

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)5日目

ブダペスト世界陸上5日目のモーニングセッションが行われ、女子やり投予選A組に出場した上田百寧(ゼンリン)は56m19で同組13位にとどまり、予選敗退が決まった。

広告の下にコンテンツが続きます

1投目は54m67、2投目と3投目は56m19。今季、5月のセイコーゴールデングランプリでは60m54をマークしていた上田にとっては、不完全燃焼の結果となった。

ただ、前回は大会前の最後の調整練習で左膝を故障した影響で予選敗退(50m70)。大会後、すぐに手術した。そこから1年かけて地道なリハビリ、トレーニングを重ね、ワールドランキングで代表権を獲得。再び世界の舞台に戻ってきたことに価値がある。

自己ベストは21年にマークした日本歴代6位の61m75だが、大ケガを乗り越えて60m台にも復帰。持ち味のスピードを武器に、パリ五輪への道をスタートさせる。

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)5日目 ブダペスト世界陸上5日目のモーニングセッションが行われ、女子やり投予選A組に出場した上田百寧(ゼンリン)は56m19で同組13位にとどまり、予選敗退が決まった。 1投目は54m67、2投目と3投目は56m19。今季、5月のセイコーゴールデングランプリでは60m54をマークしていた上田にとっては、不完全燃焼の結果となった。 ただ、前回は大会前の最後の調整練習で左膝を故障した影響で予選敗退(50m70)。大会後、すぐに手術した。そこから1年かけて地道なリハビリ、トレーニングを重ね、ワールドランキングで代表権を獲得。再び世界の舞台に戻ってきたことに価値がある。 自己ベストは21年にマークした日本歴代6位の61m75だが、大ケガを乗り越えて60m台にも復帰。持ち味のスピードを武器に、パリ五輪への道をスタートさせる。

【動画】2大会連続での世界選手権。上田百寧の投げをチェック

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

【学生長距離Close-upインタビュー】マラソンで花開いた早大・伊福陽太「早稲田の歴史に名前を残せてうれしい」

学生長距離Close-upインタビュー 伊福陽太 Ifuku Yota 早稲田大学3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。36回目は、早大の伊福 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~日体大~漆畑徳輝「古豪復活を絶対にできる」山口廉「必ず2区でリベンジ」

2024.02.29

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~日体大~漆畑徳輝「古豪復活を絶対にできる」山口廉「必ず2区でリベンジ」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走した選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏話 (3 […]

NEWS マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

2024.02.29

マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。 脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピード […]

NEWS 第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

2024.02.29

第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

関東学生陸上競技連盟は2024年度の競技会スケジュールを公開した。 第103回関東学生対校選手権(関東インカレ)は5月9日から12日の4日間、東京・国立競技場で行われる。国立開催は2年ぶりとなる。 広告の下にコンテンツが […]

NEWS 棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

2024.02.29

棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

男子棒高跳で活躍したファビアン・シュルツェ氏(ドイツ)が2月25日、39歳の若さで病気のためゾントホーフェンで亡くなったことがわかった。 1984年3月生まれ。ジュニア時代から活躍し、2003年欧州ジュニア選手権3位、0 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top