HOME 国内、世界陸上、日本代表
棒高跳・柄澤智哉が世界初挑戦!5m35クリアできず記録なしも貴重な経験/世界陸上
棒高跳・柄澤智哉が世界初挑戦!5m35クリアできず記録なしも貴重な経験/世界陸上

初の世界大会は記録なしに終わった棒高跳の柄澤智哉

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)5日目

ブダペスト世界陸上5日目のモーニングセッションが行われ、男子棒高跳予選A組に出場した柄澤智哉(日体大)は最初の高さの5m35がクリアできず、記録なしとなった。

広告の下にコンテンツが続きます

6m22の世界記録を持つアルマンド・デュプランティス(スウェーデン)と同じ組のピットに立った柄澤。ワールドランキングの追加資格取得での初のシニア世界大会出場ながら、今季は6月の日本選手権で初優勝を果たし、7月のアジア選手権と8月のワールドユニバーシティゲームズではいずれもメダルに迫る4位と躍進している。

だが、その力を世界の舞台で発揮し切れなかった。最初の高さが壁となり、3回ともクリアならず。夢の舞台はあっという間に幕を閉じた。

それでも、まだ大学3年生。群馬・群馬南中、前橋育英高と全国で戦ってきたが、日本の頂点に立ち、シニアの国際舞台に立ったのは今年が初。世界挑戦での貴重な経験を、ホープは糧にする。

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)5日目 ブダペスト世界陸上5日目のモーニングセッションが行われ、男子棒高跳予選A組に出場した柄澤智哉(日体大)は最初の高さの5m35がクリアできず、記録なしとなった。 6m22の世界記録を持つアルマンド・デュプランティス(スウェーデン)と同じ組のピットに立った柄澤。ワールドランキングの追加資格取得での初のシニア世界大会出場ながら、今季は6月の日本選手権で初優勝を果たし、7月のアジア選手権と8月のワールドユニバーシティゲームズではいずれもメダルに迫る4位と躍進している。 だが、その力を世界の舞台で発揮し切れなかった。最初の高さが壁となり、3回ともクリアならず。夢の舞台はあっという間に幕を閉じた。 それでも、まだ大学3年生。群馬・群馬南中、前橋育英高と全国で戦ってきたが、日本の頂点に立ち、シニアの国際舞台に立ったのは今年が初。世界挑戦での貴重な経験を、ホープは糧にする。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

JMCシリーズの順位修正 山下一貴が4位へ、西山、大迫の順位が下がる ブダペスト世界陸上9位のドーピング違反により

日本陸連はジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅢ(22年4月~24年3月)の順位に修正があったことを発表した。 昨年のブダペスト世界選手権で9位に入ったジョン・ハキジマナ(ルワンダ)のドーピング違反が11 […]

NEWS ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

2024.04.22

ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

昨年11月30日にアスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)が、男子マラソンでルワンダ記録を持つジョン・ハキジマナのドーピング違反(禁止物質:トリアムシノロンアセトニド陽性)により23年 […]

NEWS マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が開催され、新種目のマラソンリレーはイタリア2(F.フォルトゥナート、V.トラプレッティ)が2時間56分45秒で優勝した。 広告の下に […]

NEWS 堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

2024.04.22

堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

M&Aベストパートナーズは、堀尾謙介と所属契約を交わしたことを発表した。 東京五輪、パリ五輪の代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場している堀尾。兵庫・須磨学園高出身で、中大時代には主力として活躍し […]

NEWS 17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

2024.04.22

17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

4月20日に米国で開催されたPURE招待で、17歳のC.ミラー(米国)が9秒93(+1.6)の今季世界最高、U20米国新、U20歴代3位の好記録で優勝した。従来の米国記録は、のちに世界選手権で銅メダルを獲得するT.ブロメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top