HOME 国内、大学

2023.08.14

早大が男女ともにV 男子4×200mRは日本記録に0.38秒と迫る/早慶対抗陸上
早大が男女ともにV 男子4×200mRは日本記録に0.38秒と迫る/早慶対抗陸上

早大の島田開伸(写真は23年関東インカレ)

8月13日、神奈川県横浜市の慶大日吉競技場で男子第99回、女子第2回早慶対抗陸上が行われ、男子4×200mリレーでは早大が昨年打ち立てた日本記録(1分21秒44)に0.38秒と迫る1分21秒82で快勝した。

同種目は五輪や世界選手権、国内主要大会では行われないものの、早慶戦では長く続いてきた伝統種目。早大は1走から関東インカレ200m優勝の西裕大(4年)、同6位の稲毛碧(4年)、同4位の島田開伸(3年)、千田杜真寿(3年)とつなぎ、慶大に1秒59差をつけた。敗れた慶大もチーム歴代2位の好タイムだった。

広告の下にコンテンツが続きます

早大の3走・島田は100mを10秒41(+1.7)で制し、2種目を制覇。女子では鷺麻耶子(早大3)が200m(24秒80/+0.1)と4×100mリレー(46秒36/1走)の2冠に輝いた。

男子の対抗争いは32点を獲得した早大が25点の慶大を抑え、2年ぶりの勝利。通算成績は早大の76勝、慶大の20勝となった(ノーゲーム2試合、中止1試合を含む)。昨年から始まった女子は早大が26点で連覇を達成した(慶大は13点)。

8月13日、神奈川県横浜市の慶大日吉競技場で男子第99回、女子第2回早慶対抗陸上が行われ、男子4×200mリレーでは早大が昨年打ち立てた日本記録(1分21秒44)に0.38秒と迫る1分21秒82で快勝した。 同種目は五輪や世界選手権、国内主要大会では行われないものの、早慶戦では長く続いてきた伝統種目。早大は1走から関東インカレ200m優勝の西裕大(4年)、同6位の稲毛碧(4年)、同4位の島田開伸(3年)、千田杜真寿(3年)とつなぎ、慶大に1秒59差をつけた。敗れた慶大もチーム歴代2位の好タイムだった。 早大の3走・島田は100mを10秒41(+1.7)で制し、2種目を制覇。女子では鷺麻耶子(早大3)が200m(24秒80/+0.1)と4×100mリレー(46秒36/1走)の2冠に輝いた。 男子の対抗争いは32点を獲得した早大が25点の慶大を抑え、2年ぶりの勝利。通算成績は早大の76勝、慶大の20勝となった(ノーゲーム2試合、中止1試合を含む)。昨年から始まった女子は早大が26点で連覇を達成した(慶大は13点)。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.14

大迫傑 GMOインターネットGとの契約は8月末で満了「スケジュール考慮」し継続せず

ボストンマラソンに出場する大迫傑(Nike)が自身のSNSを更新し、GMOインターネットグループとのパートナーシップ契約をを更新しないことを明かした。 大迫は22年秋に同チームとパートナーシップ契約を締結し、チームに参画 […]

NEWS サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

2024.04.14

サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

トム・ジョーンズ招待が米国・フロリダ州で行われ、男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場。10秒04(+1.7)をマークした。 昨年のブダペスト世界選手権で100m、200mを制しているノア・ライルズ […]

NEWS 【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

2024.04.14

【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

4月13日、第1回宮崎県記録会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子110mハードルで高校1年生の髙城昊紀(宮崎西高)が14秒32(+0.8)をマークした。この記録は高1歴代3位タイとなる。 髙城は昨年 […]

NEWS 五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

2024.04.14

五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mにパリ五輪マラソン代表の赤﨑暁(九電工)が出場し、13分30秒62と自己3番 […]

NEWS 学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top