月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【棒高跳】デュプランティスが屋外自己新の6m07/DLローザンヌ


 現地時間9月2日、ダイヤモンドリーグ・ローザンヌ大会が開催された。
 男子棒高跳ではA.デュプランティス(スウェーデン)が6m07の屋外自己新で優勝。従来の屋外での自己ベスト(6m05、18年)を2cm更新した。デュプランティスは今年2月に屋内で6m18の世界記録をマークしている。
 
 今大会では5m62をクリアした後、5m82から6m07(5cm刻み)をすべて1回で成功。セルゲイ・ブブカ(ウクライナ)の持つ屋外世界記録6m14を上回る6m15までバーを上げたが、この高さの1回目を失敗し、そこで競技を終えている。

「6m15に挑むときには暗くなりすぎていて、これ以上試技を続けるのは危険だと思った。自分がゾーンに入っている感覚があったが、賢明な判断をしないといけない」とコメントした。

 デュプランティスは今季ダイヤモンドリーグ4勝目。この記録はダイヤモンドリーグのリーグ記録で、昨年P.リセク(ポーランド)が樹立した大会記録(6m01)やスウェーデンのナショナルレコードも塗り替えた。2位のA.ケンドリック(米)は6m02のシーズンベスト。6m台の攻防を繰り広げた。
 女子棒高跳ではA.ベニトソン(スウェーデン)が4m72のシーズンベストで優勝した。

男子棒高跳屋外世界歴代5傑
6.14 S.ブブカ(ウクライナ) 94年
6.07 A.デュプランティス(スウェーデン) 20年
6.06 S.ケンドリックス(米国) 19年
6.05 M.タラソフ(ロシア) 99年
6.05 D.マルコフ(豪州) 01年
6.05 R.ラヴィレニ(フランス) 15年
※世界記録6.18(室内)デュプランティス



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com