HOME 国内、日本代表

2023.07.15

秦澄美鈴 バンコクでビッグジャンプ!17年ぶり日本新の6m97「長かった」跳躍種目を渡り歩き、大学から始めた走幅跳でたどり着いた場所/アジア選手権
秦澄美鈴 バンコクでビッグジャンプ!17年ぶり日本新の6m97「長かった」跳躍種目を渡り歩き、大学から始めた走幅跳でたどり着いた場所/アジア選手権

走幅跳を日本新で優勝した秦澄美鈴と、三段跳優勝の森本麻里子

◇第25回アジア選手権(7月12日~16日/タイ・バンコク)3日目

アジア選手権の3日目がタイ・バンコクで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(シバタ工業)が6m97(+0.5)の日本記録を樹立して優勝した。

広告の下にコンテンツが続きます

池田久美子が2006年に作った6m86の日本記録を、17年ぶりに11cmも塗り替えるビッグジャンプは6回目。「風に押された感覚はなくて、最後まで走りきろうと思った」。持ち味であるスピードのある助走から、踏み切りもしっかり合った。

「浮きました。まだ落ちない、という感覚」

今までにない跳躍。砂場に着地してから記録が表示されているボードを確認する。「もしかして7mに行ったかも」。それにはわずかに届かなかったが、身体全身を使って日本記録樹立を喜んだ。

「ずっと跳べる、跳べると思ってここまで来ました。いざ跳ぶと、本当に気持ちが良かったです」

広告の下にコンテンツが続きます

これまでの歩みは長かったのか、短かったのか。「本当の意味で日本記録を意識したのは昨年くらいから。期間だけで言うと短いですが、1試合1試合、もどかしいのもありました」。オレゴン世界選手権では自分の跳躍がまったくできずに予選敗退し、大粒の涙。だからこそ「体感としては長かったです」と浸った。

1996年生まれの27歳。大阪府の山本高で陸上を始めた。短距離から始め、次に挑戦したのは走高跳。「当時は近畿大会に出るのが目標で、自分に日本記録の可能性があるとは1ミリも思っていなかったです」。

武庫川女大では三段跳と走幅跳と跳躍3種目に挑戦。走高跳は1m82、三段跳で12m64とマルチに活躍し、最後に花開いたのが走幅跳だった。大学4年時のベストは6m24。まだまだ無名の存在だった。

「大学で辞めようと思っていたんですが、そこで引き戻してくれた方だったり、もう一回やろうと決めた自分の決断だったり」。そう言うと言葉が詰まり、涙をこらえて「間違っていなかったなと思います」と胸を張った。

広告の下にコンテンツが続きます

そして、そんな選手を支えてくれた所属先、恩師の坂井裕司コーチに対して「社会人になってから、練習環境をしっかり作ってもらえることに感謝です。それがなかったらこんな記録は跳べなかった」と感謝した。

日本選手権では同じ大阪の先輩・森本麻里子(内田建設AC)が三段跳で日本記録を樹立。それに触発され、「日本記録を意識し過ぎた」ことを反省する。この日、「自分の跳躍に集中した」結果、笑顔で日本記録保持者として森本と並び、笑顔で写真に収まった。

これでブダペスト世界選手権とパリ五輪の参加標準記録を突破。日本人初の7mへのあと3cmは「まだ跳ばせないぞというお告げかな」と笑う。世界選手権に向けては「メダルを取るとか、入賞というのはまだ遠い。3回目までに記録を出すこと、6m70~80の記録を安定させることを考えて向かっていきたい」

重かった歴史の扉を開いた秦。この大ジャンプは世界へとつながっている。

広告の下にコンテンツが続きます
◇第25回アジア選手権(7月12日~16日/タイ・バンコク)3日目 アジア選手権の3日目がタイ・バンコクで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(シバタ工業)が6m97(+0.5)の日本記録を樹立して優勝した。 池田久美子が2006年に作った6m86の日本記録を、17年ぶりに11cmも塗り替えるビッグジャンプは6回目。「風に押された感覚はなくて、最後まで走りきろうと思った」。持ち味であるスピードのある助走から、踏み切りもしっかり合った。 「浮きました。まだ落ちない、という感覚」 今までにない跳躍。砂場に着地してから記録が表示されているボードを確認する。「もしかして7mに行ったかも」。それにはわずかに届かなかったが、身体全身を使って日本記録樹立を喜んだ。 「ずっと跳べる、跳べると思ってここまで来ました。いざ跳ぶと、本当に気持ちが良かったです」 これまでの歩みは長かったのか、短かったのか。「本当の意味で日本記録を意識したのは昨年くらいから。期間だけで言うと短いですが、1試合1試合、もどかしいのもありました」。オレゴン世界選手権では自分の跳躍がまったくできずに予選敗退し、大粒の涙。だからこそ「体感としては長かったです」と浸った。 1996年生まれの27歳。大阪府の山本高で陸上を始めた。短距離から始め、次に挑戦したのは走高跳。「当時は近畿大会に出るのが目標で、自分に日本記録の可能性があるとは1ミリも思っていなかったです」。 武庫川女大では三段跳と走幅跳と跳躍3種目に挑戦。走高跳は1m82、三段跳で12m64とマルチに活躍し、最後に花開いたのが走幅跳だった。大学4年時のベストは6m24。まだまだ無名の存在だった。 「大学で辞めようと思っていたんですが、そこで引き戻してくれた方だったり、もう一回やろうと決めた自分の決断だったり」。そう言うと言葉が詰まり、涙をこらえて「間違っていなかったなと思います」と胸を張った。 そして、そんな選手を支えてくれた所属先、恩師の坂井裕司コーチに対して「社会人になってから、練習環境をしっかり作ってもらえることに感謝です。それがなかったらこんな記録は跳べなかった」と感謝した。 日本選手権では同じ大阪の先輩・森本麻里子(内田建設AC)が三段跳で日本記録を樹立。それに触発され、「日本記録を意識し過ぎた」ことを反省する。この日、「自分の跳躍に集中した」結果、笑顔で日本記録保持者として森本と並び、笑顔で写真に収まった。 これでブダペスト世界選手権とパリ五輪の参加標準記録を突破。日本人初の7mへのあと3cmは「まだ跳ばせないぞというお告げかな」と笑う。世界選手権に向けては「メダルを取るとか、入賞というのはまだ遠い。3回目までに記録を出すこと、6m70~80の記録を安定させることを考えて向かっていきたい」 重かった歴史の扉を開いた秦。この大ジャンプは世界へとつながっている。

女子走幅跳日本歴代10傑

6.97 0.5 秦 澄美鈴(シバタ工業)     2023. 7.14 6.86 1.6 池田久美子(スズキ)       2006. 5. 6 6.84 1.2 甲斐 好美(VOLVER)       2015.10.24 6.82 1.6 花岡 麻帆(Office24)      2001. 6.10 6.65 1.4 桝見咲智子(九電工)       2009. 6.28 6.61 1.9 高松 仁美(ジョージメイソン大) 1995. 4.15 6.59 -0.3 岡山沙英子(広島JOC)     2013. 6. 7 6.58 1.0 磯貝美奈子(群馬大)       1987. 5.10 6.50 0.7 髙良 彩花(筑波大4)      2022. 9. 9 6.48 0.1 河津 里美(藤蔭高教)      1988. 9. 1 6.48 1.8 髙武 華子(福岡大4)      2012. 4. 7 6.48 1.3 清水 珠夏(中大3)       2012. 5.19 ●秦澄美鈴の走幅跳の年次ベスト 15年(大1) 5m52 16年(大2) 5m84 17年(大3) 6m08 18年(大4) 6m24 19年    6m45 20年    6m28i 21年    6m65 22年    6m67 23年    6m97

【動画】女子走幅跳ダイジェスト

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

NEWS 「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

2024.04.13

「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mでは10000m日本記録保持者の塩尻和也(富士通)が13分24分57秒で日本 […]

NEWS パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

2024.04.13

パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、パリ五輪女子マラソン代表の鈴木優花(第一生命グループ)が10000mに出場し、33分21秒 […]

NEWS 社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top