HOME 国内

2023.07.09

新鋭・大上直起が10秒23wでGP初制覇!女子100mHは追い参ながら大松13秒01&芝田13秒02の好勝負/南部記念
新鋭・大上直起が10秒23wでGP初制覇!女子100mHは追い参ながら大松13秒01&芝田13秒02の好勝負/南部記念

23年日本選手権100mに出場した大上直起

日本グランプリシリーズ・グレード2の第36回南部忠平記念陸上が7月9日に行われ、男子100mは大学院2年の・大上直起(仙台大)が10秒23(+2.1)で優勝した。

1週間前の岩手県選手権で追い風参考ながら10秒06(+2.6)の快走を見せていた大上は、予選を10秒31(+0.9)の2着で通過。決勝は、7月23日のダイヤモンドリーグ(DL)・ロンドン大会4×100mリレー代表の本郷汰樹(オノテック)、10秒18を持つ東田旺洋(関彰商事)を0.01秒抑え、殊勲のGP制覇を果たした。

広告の下にコンテンツが続きます

大上の自己べストは5月に出した10秒27。4月の日本学生個人選手権で6位に入っているが、主要大会での優勝はこれが初めて。

岩手・久慈東高時代のベストは11秒05。3年時にインターハイ東北地区大会に出場しているが、全国大会の経験はない。

仙台大で徐々に力をつけ、3年時に東北インカレ優勝、4年時には日本学生個人選手権で4位と全国大会初入賞。実業団・学生対抗でも3位に入っていた。

なお、エントリーしていた日本記録保持者・山縣亮太(セイコー)は欠場した。

広告の下にコンテンツが続きます

タイムレースで行われた女子100mハードルも最終3組は追い風2.2mの参考記録となったが、優勝した大松由季(サンドリヨン)が13秒01、2位の芝田愛花(エディオン)が13.02と12秒台に迫る好勝負が繰り広げられた。男子110mハードルは豊田兼(慶大)が自己ベストに0.04秒と迫る13秒48(+0.6)で制す。

男子200mはDLロンドン4×100mリレー代表・水久保漱至(第一酒造)が20秒69(+2.2)で貫録勝ち。東京五輪4×400mリレー代表の鈴木碧斗(東洋大)が20秒72で2位に入り、ケガからの復調ぶりを示した。

男子三段跳は宮尾真仁(東洋大)が16m20(+2.2)で快勝。6月上旬のU20アジア選手権で16m38のU20日本新記録を樹立した勢いを、シニア相手にも見せた。

女子棒高跳は高校3年生の柳川美空(前橋育英・群馬)が高校歴代4位タイの自己ベストに並ぶ4m10で制し、4月の兵庫リレーカーニバルに続く日本GP2勝目。女子走高跳は津田シェリアイ(築地銀だこAC)が1m80で制した。

広告の下にコンテンツが続きます

※事実関係に一部誤りがありましたので修正しました。

日本グランプリシリーズ・グレード2の第36回南部忠平記念陸上が7月9日に行われ、男子100mは大学院2年の・大上直起(仙台大)が10秒23(+2.1)で優勝した。 1週間前の岩手県選手権で追い風参考ながら10秒06(+2.6)の快走を見せていた大上は、予選を10秒31(+0.9)の2着で通過。決勝は、7月23日のダイヤモンドリーグ(DL)・ロンドン大会4×100mリレー代表の本郷汰樹(オノテック)、10秒18を持つ東田旺洋(関彰商事)を0.01秒抑え、殊勲のGP制覇を果たした。 大上の自己べストは5月に出した10秒27。4月の日本学生個人選手権で6位に入っているが、主要大会での優勝はこれが初めて。 岩手・久慈東高時代のベストは11秒05。3年時にインターハイ東北地区大会に出場しているが、全国大会の経験はない。 仙台大で徐々に力をつけ、3年時に東北インカレ優勝、4年時には日本学生個人選手権で4位と全国大会初入賞。実業団・学生対抗でも3位に入っていた。 なお、エントリーしていた日本記録保持者・山縣亮太(セイコー)は欠場した。 タイムレースで行われた女子100mハードルも最終3組は追い風2.2mの参考記録となったが、優勝した大松由季(サンドリヨン)が13秒01、2位の芝田愛花(エディオン)が13.02と12秒台に迫る好勝負が繰り広げられた。男子110mハードルは豊田兼(慶大)が自己ベストに0.04秒と迫る13秒48(+0.6)で制す。 男子200mはDLロンドン4×100mリレー代表・水久保漱至(第一酒造)が20秒69(+2.2)で貫録勝ち。東京五輪4×400mリレー代表の鈴木碧斗(東洋大)が20秒72で2位に入り、ケガからの復調ぶりを示した。 男子三段跳は宮尾真仁(東洋大)が16m20(+2.2)で快勝。6月上旬のU20アジア選手権で16m38のU20日本新記録を樹立した勢いを、シニア相手にも見せた。 女子棒高跳は高校3年生の柳川美空(前橋育英・群馬)が高校歴代4位タイの自己ベストに並ぶ4m10で制し、4月の兵庫リレーカーニバルに続く日本GP2勝目。女子走高跳は津田シェリアイ(築地銀だこAC)が1m80で制した。 ※事実関係に一部誤りがありましたので修正しました。

大上直起が躍進の優勝飾った男子100mをプレイバック!

https://www.youtube.com/live/n57Q58zCPOk?feature=share&t=25959

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

JMCシリーズの順位修正 山下一貴が4位へ、西山、大迫の順位が下がる ブダペスト世界陸上9位のドーピング違反により

日本陸連はジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅢ(22年4月~24年3月)の順位に修正があったことを発表した。 昨年のブダペスト世界選手権で9位に入ったジョン・ハキジマナ(ルワンダ)のドーピング違反が11 […]

NEWS ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

2024.04.22

ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

昨年11月30日にアスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)が、男子マラソンでルワンダ記録を持つジョン・ハキジマナのドーピング違反(禁止物質:トリアムシノロンアセトニド陽性)により23年 […]

NEWS マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が開催され、新種目のマラソンリレーはイタリア2(F.フォルトゥナート、V.トラプレッティ)が2時間56分45秒で優勝した。 広告の下に […]

NEWS 堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

2024.04.22

堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

M&Aベストパートナーズは、堀尾謙介と所属契約を交わしたことを発表した。 東京五輪、パリ五輪の代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場している堀尾。兵庫・須磨学園高出身で、中大時代には主力として活躍し […]

NEWS 17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

2024.04.22

17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

4月20日に米国で開催されたPURE招待で、17歳のC.ミラー(米国)が9秒93(+1.6)の今季世界最高、U20米国新、U20歴代3位の好記録で優勝した。従来の米国記録は、のちに世界選手権で銅メダルを獲得するT.ブロメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top