HOME 国内

2023.07.03

男子1500m前日本記録保持者の荒井七海が東海大のアドバイザーに就任!「若い選手達に多くのことを残したい」
男子1500m前日本記録保持者の荒井七海が東海大のアドバイザーに就任!「若い選手達に多くのことを残したい」

東海大のアドバイザーに就任した荒井七海

3日、男子1500mの前日本記録保持者の荒井七海(Honda)が自身のSNSを更新し、6月から母校の東海大に練習拠点を移すと同時に、同校陸上部中距離ブロックのアドバイザーに就任したことを明らかにした。

荒井は千葉県出身の28歳。八千代松陰高から1500mをはじめ5000mや駅伝でも活躍し、インターハイにも2度出場した。大学は東海大に進み、1500mを中心に取り組みながら、14年の箱根駅伝4区にも出走。大学3年時の日本選手権1500mでは日本一にも輝いた。

広告の下にコンテンツが続きます

20年からは米国の強豪クラブ・バウワーマン・トラッククラブでトレーニングを続け、21年5月の競技会で1500m3分37秒05と日本記録を17年ぶりに更新。日本記録はその2ヵ月後に河村一輝(トーエネック)に破られたものの、昨年のホクレン・ディスタンスチャレンジでは3分36秒62をマークし、日本人4人目の3分37秒切りを達成している。

今季は2月のアジア室内選手権で4位。織田記念でも優勝を飾っていたが、その後肺気胸を患い、6月の日本選手権は棄権していた。

荒井はSNSで「世界を目指すアスリートとして、競技を追求していく姿を学生と共有していければと思います」と語り、「現役でキャリアハイな時期にしかできないことをしたい。若い選手達になるべく多くのことを残したい。新しいスタンダードを作りたい。いろんな希望の中でこの挑戦が始まりました。その全てを受け入れてくれたHondaと東海大学に感謝をして、これからも精進します」と意気込みを綴った。

3日、男子1500mの前日本記録保持者の荒井七海(Honda)が自身のSNSを更新し、6月から母校の東海大に練習拠点を移すと同時に、同校陸上部中距離ブロックのアドバイザーに就任したことを明らかにした。 荒井は千葉県出身の28歳。八千代松陰高から1500mをはじめ5000mや駅伝でも活躍し、インターハイにも2度出場した。大学は東海大に進み、1500mを中心に取り組みながら、14年の箱根駅伝4区にも出走。大学3年時の日本選手権1500mでは日本一にも輝いた。 20年からは米国の強豪クラブ・バウワーマン・トラッククラブでトレーニングを続け、21年5月の競技会で1500m3分37秒05と日本記録を17年ぶりに更新。日本記録はその2ヵ月後に河村一輝(トーエネック)に破られたものの、昨年のホクレン・ディスタンスチャレンジでは3分36秒62をマークし、日本人4人目の3分37秒切りを達成している。 今季は2月のアジア室内選手権で4位。織田記念でも優勝を飾っていたが、その後肺気胸を患い、6月の日本選手権は棄権していた。 荒井はSNSで「世界を目指すアスリートとして、競技を追求していく姿を学生と共有していければと思います」と語り、「現役でキャリアハイな時期にしかできないことをしたい。若い選手達になるべく多くのことを残したい。新しいスタンダードを作りたい。いろんな希望の中でこの挑戦が始まりました。その全てを受け入れてくれたHondaと東海大学に感謝をして、これからも精進します」と意気込みを綴った。

東海大のアドバイザーに就任したことを報告した荒井七海

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

NEWS 「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

2024.04.13

「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mでは10000m日本記録保持者の塩尻和也(富士通)が13分24分57秒で日本 […]

NEWS パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

2024.04.13

パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、パリ五輪女子マラソン代表の鈴木優花(第一生命グループ)が10000mに出場し、33分21秒 […]

NEWS 社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top