HOME 高校・中学

2023.06.14

女子棒高跳は日本選手権2位の柳川美空に注目!男子短距離は若菜敬、小室歩久斗ら2年生に勢い/IH北関東
女子棒高跳は日本選手権2位の柳川美空に注目!男子短距離は若菜敬、小室歩久斗ら2年生に勢い/IH北関東

2023年4月の兵庫リレーカーニバルでは4m03で優勝した柳川美空

8月の北海道インターハイの出場権を懸けた北関東大会(茨城、栃木、群馬、埼玉)が6月16日から19日までの4日間、山梨県の小瀬スポーツ公園競技場で行われる。5月に行われた都県大会など、直近の戦績をふまえ、注目種目や選手、見どころなどを紹介していく。

男子短距離は2年生が熱い。なかでも注目は6月上旬のU20日本選手権で活躍した若菜敬(佐野・栃木)と小室歩久斗(つくば秀英・茨城)の2人だ。

広告の下にコンテンツが続きます

若菜は同大会200m予選で高2歴代3位の20秒78(+0.9)で突っ走り、決勝でも21秒18(+0.2)で優勝を飾った。小室は同100mで2位に入り、その時の10秒42(+0.4)がベスト。小室は200mに出場しないが、100mで世代を代表する2人がぶつかることになる。ここに同じ2年生で群馬県大会の100mを制した栁田聖大(東農大二)も加わることになる。

また、男子110mハードルも2年生に注目選手がそろう。川﨑光介(霞ヶ浦)は茨城県大会で14秒59(+1.7)、橋本悠(東農大二)は群馬県大会で14秒53(+1.5)とそろって大会新V。埼玉県大会でも2年生の堀井永遠(昌平)が14秒82(+0.5)で優勝を飾っており、勢いがある。

女子の最注目種目は棒高跳だ。日本選手権で高校歴代4位タイの4m10をクリアして2位に入った柳川美空(前橋育英3群馬)が筆頭株。3m95の今井葉月(樹徳3群馬)、3m82の渡邊冴璃(大宮東3埼玉)、3m81の渡邊紗莱(大宮東1埼玉)、3m80の長谷川永茉(太田女2群馬)とレベルが高い。昨年はこの大会で村田蒼空(前橋女・群馬/現・筑波大)が4m14の高校新記録を樹立(のちに4m16まで更新)。2年連続の記録更新となるか。

女子走高跳には1m70超えのベストを持つ選手が4人出そろう。今年3月に1m76を跳んだ高橋美月(埼玉栄2)や、昨年のインターハイ3位&U18大会2位の谷口愛弥子(竹園3茨城/PB1m72)、埼玉県大会で高橋に次ぐ2位、3位を占めた青木萌佳(春日部共栄2/PB1m73)と佐野奏歩(埼玉栄2/PB1m70)だ。自己記録では高橋が抜けているものの、インターハイやU18大会では谷口が勝利。激戦の末に、1m80の大台超えもあるかもしれない。

広告の下にコンテンツが続きます

そのほか、女子三段跳では埼玉県大会で高校歴代7位の12m81(+0.5)を跳んだ田口侑楽(国際学院3)が高校生初の13mジャンプに挑む。

群馬県大会の女子走幅跳では昨年の全中覇者・成澤柚日(共愛学園1)が追い風参考ながら6m11(+3.1)と大ジャンプを披露。公認でのさらなる好記録誕生に注目だ。

8月の北海道インターハイの出場権を懸けた北関東大会(茨城、栃木、群馬、埼玉)が6月16日から19日までの4日間、山梨県の小瀬スポーツ公園競技場で行われる。5月に行われた都県大会など、直近の戦績をふまえ、注目種目や選手、見どころなどを紹介していく。 男子短距離は2年生が熱い。なかでも注目は6月上旬のU20日本選手権で活躍した若菜敬(佐野・栃木)と小室歩久斗(つくば秀英・茨城)の2人だ。 若菜は同大会200m予選で高2歴代3位の20秒78(+0.9)で突っ走り、決勝でも21秒18(+0.2)で優勝を飾った。小室は同100mで2位に入り、その時の10秒42(+0.4)がベスト。小室は200mに出場しないが、100mで世代を代表する2人がぶつかることになる。ここに同じ2年生で群馬県大会の100mを制した栁田聖大(東農大二)も加わることになる。 また、男子110mハードルも2年生に注目選手がそろう。川﨑光介(霞ヶ浦)は茨城県大会で14秒59(+1.7)、橋本悠(東農大二)は群馬県大会で14秒53(+1.5)とそろって大会新V。埼玉県大会でも2年生の堀井永遠(昌平)が14秒82(+0.5)で優勝を飾っており、勢いがある。 女子の最注目種目は棒高跳だ。日本選手権で高校歴代4位タイの4m10をクリアして2位に入った柳川美空(前橋育英3群馬)が筆頭株。3m95の今井葉月(樹徳3群馬)、3m82の渡邊冴璃(大宮東3埼玉)、3m81の渡邊紗莱(大宮東1埼玉)、3m80の長谷川永茉(太田女2群馬)とレベルが高い。昨年はこの大会で村田蒼空(前橋女・群馬/現・筑波大)が4m14の高校新記録を樹立(のちに4m16まで更新)。2年連続の記録更新となるか。 女子走高跳には1m70超えのベストを持つ選手が4人出そろう。今年3月に1m76を跳んだ高橋美月(埼玉栄2)や、昨年のインターハイ3位&U18大会2位の谷口愛弥子(竹園3茨城/PB1m72)、埼玉県大会で高橋に次ぐ2位、3位を占めた青木萌佳(春日部共栄2/PB1m73)と佐野奏歩(埼玉栄2/PB1m70)だ。自己記録では高橋が抜けているものの、インターハイやU18大会では谷口が勝利。激戦の末に、1m80の大台超えもあるかもしれない。 そのほか、女子三段跳では埼玉県大会で高校歴代7位の12m81(+0.5)を跳んだ田口侑楽(国際学院3)が高校生初の13mジャンプに挑む。 群馬県大会の女子走幅跳では昨年の全中覇者・成澤柚日(共愛学園1)が追い風参考ながら6m11(+3.1)と大ジャンプを披露。公認でのさらなる好記録誕生に注目だ。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.24

木南記念・男子100mに坂井隆一郎、女子走幅跳に秦澄美鈴! 女子100mHは寺田明日香と田中佑美が出場

大阪陸協は4月24日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)の主な出場選手4人を発表した。 男子100mで昨年の日本選手権で優勝を飾り、ブダペスト世界選手権に出場した坂井 […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

学生長距離Close-upインタビュー 近田陽路 Konda Hiro 中央学大3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。38回目は、中央学大の近 […]

NEWS セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

2024.04.24

セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

日本陸連は4月24日、セイコーゴールデングランプリ陸上2024東京(5月19日/東京・国立競技場)の男子5000mの追加出場選手15人を発表した。 2021年東京五輪、22年オレゴン世界選手権男子10000m代表で、昨年 […]

NEWS 新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

2024.04.24

新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

新潟アルビレックスランニングクラブは4月24日、地元(新潟市)に本社を置くサトウ食品とクラブ初のネーミングライツパートナー契約を締結したことを発表した。契約は3年としている。 同市内で行われた記者会見にはサトウ食品の佐藤 […]

NEWS 世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

2024.04.24

世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

バハマ・ナッソーで開催される世界リレー大会(5月4、5日)のエントリーリストが4月23日に発表された。 4×100mリレーは男子32チーム、女子30チームがエントリー。4×400mリレーは男子32チーム、女子27チーム、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top