HOME 高校・中学

2023.06.14

男子・成川倭士、女子・小針陽葉、櫻井希美ら全国注目選手が登場 全国行きを決めるのは!?/IH東海
男子・成川倭士、女子・小針陽葉、櫻井希美ら全国注目選手が登場 全国行きを決めるのは!?/IH東海

複数種目での活躍を目指す小針陽菜

8月の北海道インターハイ(8月2日~6日)の出場権を懸けた東海大会(静岡、愛知、三重、岐阜)が6月16日から18日までの3日間、静岡県の小笠山総合運動公園エコパ(エコパスタジアム)で開催される。5月に行われた県大会など、直近の戦績をふまえたうえで、注目種目や選手など、見どころを紹介していく。

男子走幅跳は有力選手がひしめき、ハイレベルな戦いになりそうだ。なかでも静岡勢は4月に7m42をマークした奥澤真(浜松西2)、7m27の朝比奈咲弥(浜松南3)、県大会を7m26で制した成川倭士(東海大翔洋2)らに勢いがある。自己記録では彼らを上回る7m47の森部諒(名城大附3愛知)が存在感を示せるか。

広告の下にコンテンツが続きます

成川はスプリント種目でも力がある。10秒41を持つ100mは県大会決勝でスタートを失敗し、東海大会に進めなかったが、200mは県大会で今季高校最高、高2歴代9位タイの21秒03(-0.2)をマーク。走幅跳、4×100mリレーとの3冠を目指す。

男子110mハードルは、14秒27を持つ宮本皓寿(浜松市立3静岡)、昨年のインターハイで7位だった浅井惺流(東海大翔洋2静岡)、追い風参考(+2.6)ながら14秒25で県大会を制した横山将也(中京大中京3愛知)による三つ巴の展開が予想される。

女子では、昨年1年生ながらインターハイのスプリント2種目で2位に食い込んだ小針陽葉(富士市立2静岡)が主役候補。100mで11秒65、今季から本格参戦した走幅跳でも6m19のベストを持ち、200mでも5月の静岡国際で、高校歴代3位の23秒52(+0.3)を叩き出した。U20日本選手権100m2位で11秒83を持つ佐野釉梨(静岡市立2静岡)、200m24秒39の磯貝唯菜(浜松市立3静岡)と、それぞれ県大会で小針に次ぐ2位だった2人が今大会ではどれだけ迫れるか。

女子走幅跳の松村琴都(瑞陵3愛知)は、昨年は東海大会2位を経て、徳島インターハイで頂点に立った。昨季は6m以上を3度跳ぶなど安定感のある松村だが、静岡県大会で6m超えの勝負を演じた橋本詩音(静岡雙葉2)と小針がその前に立ちはだかる。

広告の下にコンテンツが続きます

女子やり投は昨年のインターハイ2位で、高校歴代4位の57m17を持つ櫻井希美(済美3岐阜)が圧倒的な優勝候補。北口榛花(JAL)が2015年に打ち立てた58m90の高校記録更新も視野に入っている。

ほかにも、U20世界選手権1500m6位の澤田結弥(浜松市立3静岡)、女子100mハードルと七種競技でインターハイ2年連続2冠に挑む林美希(中京大中京3愛知)、男子3000m障害で4月に8分52秒41をマークした辻本桜寿(浜松開誠館3静岡)、男子円盤投で今季高校ランキングトップタイの48m05を持つ藤原琢磨(稲生3三重)らがそれぞれの種目で優勝候補に挙がる。

8月の北海道インターハイ(8月2日~6日)の出場権を懸けた東海大会(静岡、愛知、三重、岐阜)が6月16日から18日までの3日間、静岡県の小笠山総合運動公園エコパ(エコパスタジアム)で開催される。5月に行われた県大会など、直近の戦績をふまえたうえで、注目種目や選手など、見どころを紹介していく。 男子走幅跳は有力選手がひしめき、ハイレベルな戦いになりそうだ。なかでも静岡勢は4月に7m42をマークした奥澤真(浜松西2)、7m27の朝比奈咲弥(浜松南3)、県大会を7m26で制した成川倭士(東海大翔洋2)らに勢いがある。自己記録では彼らを上回る7m47の森部諒(名城大附3愛知)が存在感を示せるか。 成川はスプリント種目でも力がある。10秒41を持つ100mは県大会決勝でスタートを失敗し、東海大会に進めなかったが、200mは県大会で今季高校最高、高2歴代9位タイの21秒03(-0.2)をマーク。走幅跳、4×100mリレーとの3冠を目指す。 男子110mハードルは、14秒27を持つ宮本皓寿(浜松市立3静岡)、昨年のインターハイで7位だった浅井惺流(東海大翔洋2静岡)、追い風参考(+2.6)ながら14秒25で県大会を制した横山将也(中京大中京3愛知)による三つ巴の展開が予想される。 女子では、昨年1年生ながらインターハイのスプリント2種目で2位に食い込んだ小針陽葉(富士市立2静岡)が主役候補。100mで11秒65、今季から本格参戦した走幅跳でも6m19のベストを持ち、200mでも5月の静岡国際で、高校歴代3位の23秒52(+0.3)を叩き出した。U20日本選手権100m2位で11秒83を持つ佐野釉梨(静岡市立2静岡)、200m24秒39の磯貝唯菜(浜松市立3静岡)と、それぞれ県大会で小針に次ぐ2位だった2人が今大会ではどれだけ迫れるか。 女子走幅跳の松村琴都(瑞陵3愛知)は、昨年は東海大会2位を経て、徳島インターハイで頂点に立った。昨季は6m以上を3度跳ぶなど安定感のある松村だが、静岡県大会で6m超えの勝負を演じた橋本詩音(静岡雙葉2)と小針がその前に立ちはだかる。 女子やり投は昨年のインターハイ2位で、高校歴代4位の57m17を持つ櫻井希美(済美3岐阜)が圧倒的な優勝候補。北口榛花(JAL)が2015年に打ち立てた58m90の高校記録更新も視野に入っている。 ほかにも、U20世界選手権1500m6位の澤田結弥(浜松市立3静岡)、女子100mハードルと七種競技でインターハイ2年連続2冠に挑む林美希(中京大中京3愛知)、男子3000m障害で4月に8分52秒41をマークした辻本桜寿(浜松開誠館3静岡)、男子円盤投で今季高校ランキングトップタイの48m05を持つ藤原琢磨(稲生3三重)らがそれぞれの種目で優勝候補に挙がる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.14

大迫傑 GMOインターネットGとの契約は8月末で満了「スケジュール考慮」し継続せず

ボストンマラソンに出場する大迫傑(Nike)が自身のSNSを更新し、GMOインターネットグループとのパートナーシップ契約をを更新しないことを明かした。 大迫は22年秋に同チームとパートナーシップ契約を締結し、チームに参画 […]

NEWS サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

2024.04.14

サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

トム・ジョーンズ招待が米国・フロリダ州で行われ、男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場。10秒04(+1.7)をマークした。 昨年のブダペスト世界選手権で100m、200mを制しているノア・ライルズ […]

NEWS 【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

2024.04.14

【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

4月13日、第1回宮崎県記録会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子110mハードルで高校1年生の髙城昊紀(宮崎西高)が14秒32(+0.8)をマークした。この記録は高1歴代3位タイとなる。 髙城は昨年 […]

NEWS 五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

2024.04.14

五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mにパリ五輪マラソン代表の赤﨑暁(九電工)が出場し、13分30秒62と自己3番 […]

NEWS 学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top