HOME 特集

2023.06.05

【高平慎士の視点】見応えあった男子100m決勝「今できる完璧なレース」見せた坂井隆一郎 ブダペスト代表争いは上位3人+サニブラウン
【高平慎士の視点】見応えあった男子100m決勝「今できる完璧なレース」見せた坂井隆一郎 ブダペスト代表争いは上位3人+サニブラウン

日本選手権男子100mは坂井隆一郎(中央)が優勝。栁田大輝(左)が前回から順位を上げ2位。実績豊富な小池祐貴が3位に入った

第107回日本選手権の最終日(6月4日)、最終種目に行われた男子100m決勝。大会のフィナーレを見事に飾ったのは、地元・大阪出身の坂井隆一郎(大阪ガス)だった。2008年北京五輪4×100mリレー銀メダリストの高平慎士さん(富士通一般種目ブロック長)に、その男子100mを振り返ってもらった。

◇ ◇ ◇

広告の下にコンテンツが続きます

準決勝、決勝が同日に行われる新しい形式で行われた男子100m。結果としては、ほぼ順当なファイナルの顔ぶれとなり、役者がそろった中でのレースは、サニブラウン・アブテル・ハキーム選手のアクシデントを除けば、今の力の「答え合わせ」ができたのではないでしょうか。

坂井選手は左足首にホワイトテープを巻いているのが見えました。その時点で何かあったのだろうと想像できましたが、今できる完璧なレースだったのではないでしょうか。

彼のストロングポイントは何といってもスタートからの加速。1度やり直しがあったうえで、「30m~40mで100%リードしていくこと」が求められる大事な局面で、きっちりと表現しました。この連載でも、何度か「大舞台でやるべきことをやり切ることの難しさ」について触れてきましたが、そこを失敗したら終わるという重圧の中でやり切ったことは見事。準決勝まで最も好調に見えた栁田大輝選手(東洋大)の追い上げを0.02秒差で封じ込んだ終盤の強さも、大きな成長が感じられました。

日本選手権の決勝という舞台、わずかではありますが向かい風の状況などを考慮すると、好条件のレースでは、標準記録前後を十分狙っていけるのではないでしょうか。

広告の下にコンテンツが続きます

栁田選手は、予選、準決勝の走りを見る限りでは10秒0台は固いかなという印象でした。結果として届きませんでしたが、それでも自己タイ。群馬・東農大二高の2年時から、これで4年連続で決勝の舞台に立ち、今回が最高順位です。それでも、優勝を逃して悔しいと涙を流していましたが、大学2年で「優勝を逃した」と思えるのはすごいことです。

もちろん、それがどれだけ難しいことはわかったうえでのことでしょう。すでに、トップスプリンターとしての自覚が芽生えるレベルに到達していると思います。代表クラスの選手が何人も育ってきた東洋大の環境の中で切磋琢磨できていますから、これから短距離の中心的存在になっていってほしいですね。

小池選手はすごく良い形を作ったわけではない中で、きっちりと3位を確保するのは「さすが」の一言。米国での変化はまだ表れ切っていないように感じますが、どんな時にも外さない「勝負強さ」が光ります。本人は納得していないと思いますが、継続して強さを発揮できている稀有な存在。その経験は、4×100mリレーのナショナルチームに欠かせないものとなるでしょう。

サニブラウン選手は準決勝から左脚に違和感を覚えていたそうなので、万全で臨めなかったことは仕方のないこと。その原因が何かを探ったうえで、今後は調整してくるでしょう。

広告の下にコンテンツが続きます

ただ、最終的に世界選手権本番の8月にピークが合えばいいと考えている部分はあるでしょう。実際、10秒00を出せば代表に内定する立場ですし、その記録を出す可能性は十分ある。オレゴン7位の実績から、今後はダイヤモンドリーグやコンチネンタルツアー・ゴールドに出場できるでしょう。少なくともワールドランキングでのターゲットナンバー入りは間違いないと思われます。ですから、「標準を切らないと」というよりも、「ブダペストまでのどこかでハマればいい」と本番を見据えたピーキングをしていると考えられます。この考え方ができる選手は、国内ではまだまだごく一部です。

城西大OBの水久保漱至選手(第一酒造)と鈴木涼太選手(スズキ)は、しっかりとファイナル進出のラインをクリアしてくる選手ですね。水久保選手は200m3位を含めて、代表組に次ぐ位置を固めつつあります。本郷汰樹(オノテック)は記録に見合ったステージに上ったのではないでしょうか。予選から健闘した灰玉平侑吾選手(八戸学大)も含めて、男子100mの層の厚さを改めて感じました。

ブダペストに向けて、代表争いは今回の上位3人とサニブラウン選手に絞られたと言えます。まずはフルエントリーをしてほしいですし、それがリレーにもつながるでしょう。

布勢スプリント(6月25日)、アジア選手権(7月12日~16日)、Athlete Night Games in FUKUI(7月28日~29日)あたりが標準記録を狙うポイントの大会だと思いますが、出場権を得るだけでなく、本番で戦うためにどうプランニングするか。その中で4人の動向に注目したいと思います。

広告の下にコンテンツが続きます
第107回日本選手権の最終日(6月4日)、最終種目に行われた男子100m決勝。大会のフィナーレを見事に飾ったのは、地元・大阪出身の坂井隆一郎(大阪ガス)だった。2008年北京五輪4×100mリレー銀メダリストの高平慎士さん(富士通一般種目ブロック長)に、その男子100mを振り返ってもらった。 ◇ ◇ ◇ 準決勝、決勝が同日に行われる新しい形式で行われた男子100m。結果としては、ほぼ順当なファイナルの顔ぶれとなり、役者がそろった中でのレースは、サニブラウン・アブテル・ハキーム選手のアクシデントを除けば、今の力の「答え合わせ」ができたのではないでしょうか。 坂井選手は左足首にホワイトテープを巻いているのが見えました。その時点で何かあったのだろうと想像できましたが、今できる完璧なレースだったのではないでしょうか。 彼のストロングポイントは何といってもスタートからの加速。1度やり直しがあったうえで、「30m~40mで100%リードしていくこと」が求められる大事な局面で、きっちりと表現しました。この連載でも、何度か「大舞台でやるべきことをやり切ることの難しさ」について触れてきましたが、そこを失敗したら終わるという重圧の中でやり切ったことは見事。準決勝まで最も好調に見えた栁田大輝選手(東洋大)の追い上げを0.02秒差で封じ込んだ終盤の強さも、大きな成長が感じられました。 日本選手権の決勝という舞台、わずかではありますが向かい風の状況などを考慮すると、好条件のレースでは、標準記録前後を十分狙っていけるのではないでしょうか。 栁田選手は、予選、準決勝の走りを見る限りでは10秒0台は固いかなという印象でした。結果として届きませんでしたが、それでも自己タイ。群馬・東農大二高の2年時から、これで4年連続で決勝の舞台に立ち、今回が最高順位です。それでも、優勝を逃して悔しいと涙を流していましたが、大学2年で「優勝を逃した」と思えるのはすごいことです。 もちろん、それがどれだけ難しいことはわかったうえでのことでしょう。すでに、トップスプリンターとしての自覚が芽生えるレベルに到達していると思います。代表クラスの選手が何人も育ってきた東洋大の環境の中で切磋琢磨できていますから、これから短距離の中心的存在になっていってほしいですね。 小池選手はすごく良い形を作ったわけではない中で、きっちりと3位を確保するのは「さすが」の一言。米国での変化はまだ表れ切っていないように感じますが、どんな時にも外さない「勝負強さ」が光ります。本人は納得していないと思いますが、継続して強さを発揮できている稀有な存在。その経験は、4×100mリレーのナショナルチームに欠かせないものとなるでしょう。 サニブラウン選手は準決勝から左脚に違和感を覚えていたそうなので、万全で臨めなかったことは仕方のないこと。その原因が何かを探ったうえで、今後は調整してくるでしょう。 ただ、最終的に世界選手権本番の8月にピークが合えばいいと考えている部分はあるでしょう。実際、10秒00を出せば代表に内定する立場ですし、その記録を出す可能性は十分ある。オレゴン7位の実績から、今後はダイヤモンドリーグやコンチネンタルツアー・ゴールドに出場できるでしょう。少なくともワールドランキングでのターゲットナンバー入りは間違いないと思われます。ですから、「標準を切らないと」というよりも、「ブダペストまでのどこかでハマればいい」と本番を見据えたピーキングをしていると考えられます。この考え方ができる選手は、国内ではまだまだごく一部です。 城西大OBの水久保漱至選手(第一酒造)と鈴木涼太選手(スズキ)は、しっかりとファイナル進出のラインをクリアしてくる選手ですね。水久保選手は200m3位を含めて、代表組に次ぐ位置を固めつつあります。本郷汰樹(オノテック)は記録に見合ったステージに上ったのではないでしょうか。予選から健闘した灰玉平侑吾選手(八戸学大)も含めて、男子100mの層の厚さを改めて感じました。 ブダペストに向けて、代表争いは今回の上位3人とサニブラウン選手に絞られたと言えます。まずはフルエントリーをしてほしいですし、それがリレーにもつながるでしょう。 布勢スプリント(6月25日)、アジア選手権(7月12日~16日)、Athlete Night Games in FUKUI(7月28日~29日)あたりが標準記録を狙うポイントの大会だと思いますが、出場権を得るだけでなく、本番で戦うためにどうプランニングするか。その中で4人の動向に注目したいと思います。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.19

和田遼がDL廈門・男子100mに出場決定! オレゴン金のカーリー、先輩の桐生祥秀らと対決

4月19日、ダイヤモンドリーグ(DL)の主催者は20日に行われる第1戦廈門大会のスタートリストを発表し、男子100mに和田遼(ミキハウス)が新たにエントリーされたことが明らかとなった。 和田は東洋大卒の23歳。京都・洛南 […]

NEWS 北京ハーフマラソンで優勝した何傑を含む上位4人の成績を取り消し アフリカ選手がフィニッシュ前に順位譲り国際的な問題に

2024.04.19

北京ハーフマラソンで優勝した何傑を含む上位4人の成績を取り消し アフリカ選手がフィニッシュ前に順位譲り国際的な問題に

4月19日、北京ハーフマラソン組織委員会は、14日のレースで優勝した何傑(中国)を含む、上位4人の成績を取り消すことを発表した。 このレースでは何が1時間3分44秒で優勝を飾ったが、フィニッシュ寸前で先導していたケニアの […]

NEWS 編集部コラム「新年度スタート」

2024.04.19

編集部コラム「新年度スタート」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 広告の下にコンテンツが続きます 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り […]

NEWS 十種競技・右代啓祐が7164点 06年から続く7000点超えを“19年連続”に伸ばす/マウントサックリレー

2024.04.19

十種競技・右代啓祐が7164点 06年から続く7000点超えを“19年連続”に伸ばす/マウントサックリレー

4月17日、18日の両日、米国カリフォルニア州ウォルナットで第64回マウントサックリレーの1日目、2日目が行われ、男子十種競技に出場した右代啓祐(国士舘クラブ)が7164点で14位に入った。 8308点の日本記録を持つ右 […]

NEWS 大学駅伝新年度開幕!青学大に折田壮太ら13分台6人 駒大に期待の桑田駿介 3000m障害高校新の永原颯磨は順大

2024.04.19

大学駅伝新年度開幕!青学大に折田壮太ら13分台6人 駒大に期待の桑田駿介 3000m障害高校新の永原颯磨は順大

第101回箱根駅伝に向けた新たなシーズンが開幕した。今年も各地から有力な高校生が数多く関東の大学に進学。注目の世代最強ランナーや高校記録保持者など、各校の新戦力を確認していく。 今年1月の第100回大会で駒大の2年連続学 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top