HOME 国内

2023.06.01

メイクスの菊地賢人が引退 14年世界ハーフ代表 コニカミノルタのニューイヤー駅伝Vにも貢献
メイクスの菊地賢人が引退 14年世界ハーフ代表 コニカミノルタのニューイヤー駅伝Vにも貢献

2022年レガシーハーフに出場した菊地賢人

菊地賢人の引退コメント全文

契約満了に伴い5月末日をもって、競技活動を引退いたしました。
町の陸上大会への出場から22年、ここまで陸上競技を続けてこられたのも、周囲の方々によるサポートや応援してくださる皆様のお声がけによるものだと強く感じています。
昨年メイクス陸上競技部に加入し、創設期のチームに関われたことは非常に貴重な経験でした。
近年は満足に走ることができず、思い描いていた終わり方とはなりませんでしたが、これも人生経験の糧として、今後に還元していければと思います。
まずは心身を休めて、いつの日か自分を成長させてくれた陸上界に関わって恩返しをしていきたいです。
今後についてまずは社業に入り、スキルアップに努めてまいります。
お世話になった皆様、応援してくださった皆様、ここまで長い間、本当にありがとうございました。

広告の下にコンテンツが続きます
メイクスは1日、5月31日付で菊地賢人の競技引退を発表した。 菊地は1990年生まれの32歳。明大時代は箱根駅伝に4年連続で出場するなど活躍し、2013年にコニカミノルタへ入社した。 ルーキーイヤーから全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)のアンカーとして優勝に貢献。ハーフマラソンでは14年の全日本実業団ハーフ(1時間1分17秒/2位)、世界ハーフ(1時間1分23秒/18位)、15年の丸亀ハーフ(1時間0分57秒/7位)、全日本実業団ハーフ(1時間0分32秒=当時日本歴代3位/3位)と出るレースすべてで日本人トップとなり、一時代を築いた。マラソンでは2021年の東京で2時間7分20秒の自己記録をマークしている。 その後は長らくコニカミノルタのキャプテンを務め、2022年3月に退社。同年4月に創立したメイクスの初期メンバーとして活動してきた。 菊地は部を通じて「創設期のチームに関われたことは非常に貴重な経験でした。まずは心身を休めて、いつの日か自分を成長させてくれた陸上界に関わって恩返しをしていきたいです」とコメントし、今後は社業に専念することも発表している。

菊地賢人の引退コメント全文

契約満了に伴い5月末日をもって、競技活動を引退いたしました。 町の陸上大会への出場から22年、ここまで陸上競技を続けてこられたのも、周囲の方々によるサポートや応援してくださる皆様のお声がけによるものだと強く感じています。 昨年メイクス陸上競技部に加入し、創設期のチームに関われたことは非常に貴重な経験でした。 近年は満足に走ることができず、思い描いていた終わり方とはなりませんでしたが、これも人生経験の糧として、今後に還元していければと思います。 まずは心身を休めて、いつの日か自分を成長させてくれた陸上界に関わって恩返しをしていきたいです。 今後についてまずは社業に入り、スキルアップに努めてまいります。 お世話になった皆様、応援してくださった皆様、ここまで長い間、本当にありがとうございました。

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.19

200mVの鵜澤飛羽はフィニッシュ後に転倒し救急車で搬送/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子200mは鵜澤飛羽(筑波大)が20秒40(-0.3)で優勝した。 […]

NEWS 走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

2024.05.19

走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子走幅跳は張溟鯤(中国)が8m13(+0.4)をマークして優勝した。 […]

NEWS 男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

2024.05.19

男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子100mで昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)は、スタート […]

NEWS 北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

2024.05.19

北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

NEWS 女子100mH田中佑美は12秒90の2位「タイムが出たことは評価したい」/セイコーGGP

2024.05.19

女子100mH田中佑美は12秒90の2位「タイムが出たことは評価したい」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子100mハードルで田中佑美(富士通)が12秒90(-0.6)で2位 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top