HOME 大会結果

2023.05.24

【大会結果】第100回関西インカレ(2023年5月24日~27日)
【大会結果】第100回関西インカレ(2023年5月24日~27日)

【大会結果】第100回関西インカレ(2023年5月24日~27日/大阪・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)

●男子1部
100m 宮内和哉(関大) 10秒39(-0.5)
200m 松井健斗(関大) 20秒65(-0.4)=関西学生タイ、大会新
400m 川北脩斗(びわスポ大) 46秒78
800m 橋本真宙(近大) 1分51秒53
1500m 粟井駿平(京産大) 3分55秒15
5000m 亀田仁一路(関大) 14分03秒27=大会新
10000m 亀田仁一路(関大) 29分00秒61=大会新
ハーフマラソン(4月14日開催)
    中村光稀(京産大) 1時間7分24秒(参考記録)
110mH 大村一斗(関学大) 13秒88(-0.4)
400mH 栗林隼正(立命大) 49秒45=大会新
3000m障害 清水隼人(立命大) 8分58秒05
10000m競歩 土屋温希(立命大) 41分55秒44
4×100mR 関大 38秒91=大会新
4×400mR 関大 3分07秒62
走高跳 山中 駿(京大) 2m21=大会新 
棒高跳 野呂仁人(関学大) 5m10
走幅跳 高橋昂生(京大) 7m45(-0.5)
三段跳 磯本楓太(関大) 15m38(-2.9)
砲丸投 下浦大輝(大体大院) 15m95
円盤投 足立琉希(びわこスポ大) 49m63
ハンマー投 吉田明大(大体大院) 60m92 
やり投 塚崎晃希(京産大) 69m19
十種競技 川元莉々輝(立命大) 7079点
◇対校戦
総合優勝 関大 164.5点
トラック優勝 関大 126点
フィールド優勝 びわこスポ大 51点

広告の下にコンテンツが続きます

●女子
100m 藏重みう(甲南大) 11秒63(±0)
200m 児島柚月(立命大) 24秒14(±0)
400m 児島柚月(立命大) 54秒55
800m 渡辺 愛(園田学園女大) 2分07秒51 
1500m 太田咲雪(立命大) 4分27秒49
5000m 北川星瑠(大阪芸大) 16分26秒12
10000m 北川星瑠(大阪芸大) 33分00秒60
100mH 檜垣真由(関学大) 13秒53(+0.6)
400mH 山本亜美(立命大) 57秒41
3000m障害 山下彩菜(大阪学大) 10分13秒14
10000m競歩 柳井綾音(立命大) 46分53秒28
4×100mR 甲南大 44秒83=大会新
4×400mR 立命大 3分37秒21=大会新
走高跳 石黒樹子(同志社大) 1m76
棒高跳 大坂谷明里(園田学園女大) 4m00
走幅跳 北田莉亜(関学大) 6m09(-0.1)
三段跳 船田茜理(武庫川女大) 13m29(+0.8)=大会新
砲丸投 山本佳奈(大体大) 13m91
円盤投 中瀬綺音(大体大) 46m39
ハンマー投 竹谷陸(大体大) 58m32
やり投   篠田佳奈(京大) 56m57
七種競技  中地真菜(東大阪大) 4906点
◇対校戦
総合優勝 立命大 139点
トラック優勝 立命大 94点
フィールド優勝 大体大 55点

【大会結果】第100回関西インカレ(2023年5月24日~27日/大阪・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居) ●男子1部 100m 宮内和哉(関大) 10秒39(-0.5) 200m 松井健斗(関大) 20秒65(-0.4)=関西学生タイ、大会新 400m 川北脩斗(びわスポ大) 46秒78 800m 橋本真宙(近大) 1分51秒53 1500m 粟井駿平(京産大) 3分55秒15 5000m 亀田仁一路(関大) 14分03秒27=大会新 10000m 亀田仁一路(関大) 29分00秒61=大会新 ハーフマラソン(4月14日開催)     中村光稀(京産大) 1時間7分24秒(参考記録) 110mH 大村一斗(関学大) 13秒88(-0.4) 400mH 栗林隼正(立命大) 49秒45=大会新 3000m障害 清水隼人(立命大) 8分58秒05 10000m競歩 土屋温希(立命大) 41分55秒44 4×100mR 関大 38秒91=大会新 4×400mR 関大 3分07秒62 走高跳 山中 駿(京大) 2m21=大会新  棒高跳 野呂仁人(関学大) 5m10 走幅跳 高橋昂生(京大) 7m45(-0.5) 三段跳 磯本楓太(関大) 15m38(-2.9) 砲丸投 下浦大輝(大体大院) 15m95 円盤投 足立琉希(びわこスポ大) 49m63 ハンマー投 吉田明大(大体大院) 60m92  やり投 塚崎晃希(京産大) 69m19 十種競技 川元莉々輝(立命大) 7079点 ◇対校戦 総合優勝 関大 164.5点 トラック優勝 関大 126点 フィールド優勝 びわこスポ大 51点 ●女子 100m 藏重みう(甲南大) 11秒63(±0) 200m 児島柚月(立命大) 24秒14(±0) 400m 児島柚月(立命大) 54秒55 800m 渡辺 愛(園田学園女大) 2分07秒51  1500m 太田咲雪(立命大) 4分27秒49 5000m 北川星瑠(大阪芸大) 16分26秒12 10000m 北川星瑠(大阪芸大) 33分00秒60 100mH 檜垣真由(関学大) 13秒53(+0.6) 400mH 山本亜美(立命大) 57秒41 3000m障害 山下彩菜(大阪学大) 10分13秒14 10000m競歩 柳井綾音(立命大) 46分53秒28 4×100mR 甲南大 44秒83=大会新 4×400mR 立命大 3分37秒21=大会新 走高跳 石黒樹子(同志社大) 1m76 棒高跳 大坂谷明里(園田学園女大) 4m00 走幅跳 北田莉亜(関学大) 6m09(-0.1) 三段跳 船田茜理(武庫川女大) 13m29(+0.8)=大会新 砲丸投 山本佳奈(大体大) 13m91 円盤投 中瀬綺音(大体大) 46m39 ハンマー投 竹谷陸(大体大) 58m32 やり投   篠田佳奈(京大) 56m57 七種競技  中地真菜(東大阪大) 4906点 ◇対校戦 総合優勝 立命大 139点 トラック優勝 立命大 94点 フィールド優勝 大体大 55点

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

NEWS 「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

2024.04.13

「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mでは10000m日本記録保持者の塩尻和也(富士通)が13分24分57秒で日本 […]

NEWS パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

2024.04.13

パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、パリ五輪女子マラソン代表の鈴木優花(第一生命グループ)が10000mに出場し、33分21秒 […]

NEWS 社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top