HOME 国内、大学

2023.05.14

三浦龍司 圧巻スパートで5000m連覇!「本来の走りできた」/関東IC
三浦龍司 圧巻スパートで5000m連覇!「本来の走りできた」/関東IC

関東インカレ5000m優勝の三浦龍司(右)。吉岡、服部の順大トリオで記念撮影

◇第102回関東インカレ(5月11日~14日/神奈川・ギオンスタジアム相模原)4日目

関東インカレ4日目が行われ、男子1部5000mは三浦龍司(順大)が13分45秒52をマークして連覇を飾った。日本人の連覇は89、90回大会の藤本拓(国士大)以来、12年ぶりとなる。

広告の下にコンテンツが続きます

「すごく緊張していましたが勝てたのは大きいです。やっと本来の走り、自分の形を出せました」

残り1周を切って後輩の吉岡大翔がスパートをかけたが、そこにピタリとつけると、残り120mからは圧巻のキレ味。同学年の石原翔太郎(東海大)も追いかけたが、三浦らしいスパートで勝ちきった。

前半シーズンは「単純に調子が悪かった」。前年度よりもタイムはもちろん、走りが噛み合わないレースが続いた。その状態で対校戦ということもあり、三浦をもってして「緊張」していたという。

ただ、シーズン序盤のモヤモヤを払拭するような走り。「徐々に調子も上がっていたので改善していっているところ」と、まだまだ本調子とは言えないが、駅伝主将としての役割を果たした。

広告の下にコンテンツが続きます

総合優勝を争うなかで、110mハードルの村竹ラシッドが欠場。「誰かのためというのはないですが、去年の日本インカレでは僕が出られず他の選手が得点を取ってくれました。今回は走れる僕が」としっかり8点を取った。

さらに、吉岡が4位に入賞し、総合Vを大きくたぐり寄せる力走。「今年は良くない流れできていてうまく走れませんでしたが、3000m障害に向けてモチベーションも上げていけます」。本職の初戦となるセイコーゴールデングランプリでは「悪くても8分20秒を切りたい」。

三浦が目指すのはあくまで世界。「世界選手権で決勝に進んで、上位入賞を目指します」。自身最後の関東インカレで『世界の三浦』を証明。ここからは専門種目で世界へ挑戦する日々が始まる。

◇第102回関東インカレ(5月11日~14日/神奈川・ギオンスタジアム相模原)4日目 関東インカレ4日目が行われ、男子1部5000mは三浦龍司(順大)が13分45秒52をマークして連覇を飾った。日本人の連覇は89、90回大会の藤本拓(国士大)以来、12年ぶりとなる。 「すごく緊張していましたが勝てたのは大きいです。やっと本来の走り、自分の形を出せました」 残り1周を切って後輩の吉岡大翔がスパートをかけたが、そこにピタリとつけると、残り120mからは圧巻のキレ味。同学年の石原翔太郎(東海大)も追いかけたが、三浦らしいスパートで勝ちきった。 前半シーズンは「単純に調子が悪かった」。前年度よりもタイムはもちろん、走りが噛み合わないレースが続いた。その状態で対校戦ということもあり、三浦をもってして「緊張」していたという。 ただ、シーズン序盤のモヤモヤを払拭するような走り。「徐々に調子も上がっていたので改善していっているところ」と、まだまだ本調子とは言えないが、駅伝主将としての役割を果たした。 総合優勝を争うなかで、110mハードルの村竹ラシッドが欠場。「誰かのためというのはないですが、去年の日本インカレでは僕が出られず他の選手が得点を取ってくれました。今回は走れる僕が」としっかり8点を取った。 さらに、吉岡が4位に入賞し、総合Vを大きくたぐり寄せる力走。「今年は良くない流れできていてうまく走れませんでしたが、3000m障害に向けてモチベーションも上げていけます」。本職の初戦となるセイコーゴールデングランプリでは「悪くても8分20秒を切りたい」。 三浦が目指すのはあくまで世界。「世界選手権で決勝に進んで、上位入賞を目指します」。自身最後の関東インカレで『世界の三浦』を証明。ここからは専門種目で世界へ挑戦する日々が始まる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.14

大迫傑 GMOインターネットGとの契約は8月末で満了「スケジュール考慮」し継続せず

ボストンマラソンに出場する大迫傑(Nike)が自身のSNSを更新し、GMOインターネットグループとのパートナーシップ契約をを更新しないことを明かした。 大迫は22年秋に同チームとパートナーシップ契約を締結し、チームに参画 […]

NEWS サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

2024.04.14

サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

トム・ジョーンズ招待が米国・フロリダ州で行われ、男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場。10秒04(+1.7)をマークした。 昨年のブダペスト世界選手権で100m、200mを制しているノア・ライルズ […]

NEWS 【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

2024.04.14

【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

4月13日、第1回宮崎県記録会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子110mハードルで高校1年生の髙城昊紀(宮崎西高)が14秒32(+0.8)をマークした。この記録は高1歴代3位タイとなる。 髙城は昨年 […]

NEWS 五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

2024.04.14

五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mにパリ五輪マラソン代表の赤﨑暁(九電工)が出場し、13分30秒62と自己3番 […]

NEWS 学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top