HOME 国内、海外

2023.05.02

2023年ダイヤモンドリーグがいよいよスタート! 開幕戦のドーハ大会に真野友博、ディーン元気がエントリー
2023年ダイヤモンドリーグがいよいよスタート! 開幕戦のドーハ大会に真野友博、ディーン元気がエントリー

ダイヤモンドリーグ・ドーハ大会に出場する真野友博とディーン元気

ダイヤモンドリーグ(DL)の主催者は、5月5日にカタールで行われるDLドーハ大会のエントリーリストを発表した。日本からはオレゴン世界選手権男子走高跳8位の真野友博(九電工)と同やり投9位のディーン元気(ミズノ)が出場。ワールドクラスの選手だけが立てる大舞台で、世界に挑む。

真野はこれがDL初挑戦。今季は3月に拠点の福岡でシーズンインを迎え、同月25日に豪州で行われたコンチネンタルツアー・シルバーの「ブリスベン・トラック・クラシック」では2m23で優勝を飾っている。

走高跳には2m43の世界歴代2位を持つ地元の英雄・M.E.バルシムを筆頭に、世界室内金メダリストのウ・サンヒョク(韓国)、2m36のH.ハリソン(米国)などそうそうたるメンバーが集結した。真野はブダペスト世界選手権の参加標準記録(2m32)にあと1cmと迫っており、自己新記録を出せば自動的に代表に内定する。

2012年のチューリヒ大会以来11年ぶりにDLに挑むディーンは、4月29日の織田記念に77m94で優勝してからの転戦。東京五輪金のN.チョプラ(インド)やオレゴン世界選手権金のA.ピータース(グレナダ)など、ディーン以外は全員がベスト80m台後半以上と強敵ぞろい。ディーンは80m台の投てきをどれだけ並べられるかがカギとなりそうだ。

このほかの種目では男子200mで昨年の世界選手権100m優勝のF.カーリー(米国)と400m優勝のM.ノーマン(米国)が激突。男子400mハードルでは世界歴代2位(46秒17)のR.ベンジャミン(米国)がエントリーし、円盤投には世界王者のK.チェー(スロバキア)が出場。三段跳には大ケガからの復活を目指すC.テイラー(米国)も出場を予定している。

女子は100mハードルに東京五輪金のJ.カマチョ・クイン(プエルトリコ)が今季初戦に臨むほか、100mでは200m女王のS.ジャクソン(ジャマイカ)などがエントリーした。

ダイヤモンドリーグはWAが主催する最高峰のリーグ戦で、2023年シーズンは全14試合が予定されている。各大会の1位には1万ドルの賞金が設定され、順位に応じたポイント獲得上位者のみが出場できるDLファイナル(9月16日~17日/米国・ユージン)では優勝者に3万ドルのボーナスが贈られる。

ダイヤモンドリーグ(DL)の主催者は、5月5日にカタールで行われるDLドーハ大会のエントリーリストを発表した。日本からはオレゴン世界選手権男子走高跳8位の真野友博(九電工)と同やり投9位のディーン元気(ミズノ)が出場。ワールドクラスの選手だけが立てる大舞台で、世界に挑む。 真野はこれがDL初挑戦。今季は3月に拠点の福岡でシーズンインを迎え、同月25日に豪州で行われたコンチネンタルツアー・シルバーの「ブリスベン・トラック・クラシック」では2m23で優勝を飾っている。 走高跳には2m43の世界歴代2位を持つ地元の英雄・M.E.バルシムを筆頭に、世界室内金メダリストのウ・サンヒョク(韓国)、2m36のH.ハリソン(米国)などそうそうたるメンバーが集結した。真野はブダペスト世界選手権の参加標準記録(2m32)にあと1cmと迫っており、自己新記録を出せば自動的に代表に内定する。 2012年のチューリヒ大会以来11年ぶりにDLに挑むディーンは、4月29日の織田記念に77m94で優勝してからの転戦。東京五輪金のN.チョプラ(インド)やオレゴン世界選手権金のA.ピータース(グレナダ)など、ディーン以外は全員がベスト80m台後半以上と強敵ぞろい。ディーンは80m台の投てきをどれだけ並べられるかがカギとなりそうだ。 このほかの種目では男子200mで昨年の世界選手権100m優勝のF.カーリー(米国)と400m優勝のM.ノーマン(米国)が激突。男子400mハードルでは世界歴代2位(46秒17)のR.ベンジャミン(米国)がエントリーし、円盤投には世界王者のK.チェー(スロバキア)が出場。三段跳には大ケガからの復活を目指すC.テイラー(米国)も出場を予定している。 女子は100mハードルに東京五輪金のJ.カマチョ・クイン(プエルトリコ)が今季初戦に臨むほか、100mでは200m女王のS.ジャクソン(ジャマイカ)などがエントリーした。 ダイヤモンドリーグはWAが主催する最高峰のリーグ戦で、2023年シーズンは全14試合が予定されている。各大会の1位には1万ドルの賞金が設定され、順位に応じたポイント獲得上位者のみが出場できるDLファイナル(9月16日~17日/米国・ユージン)では優勝者に3万ドルのボーナスが贈られる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.20

エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

6月19日、米国アンチドーピング機構(USADA)は、男子短距離のエリヨン・ナイトン(米国)の暫定資格停止処分を解除することを発表した。 20歳のナイトンは昨年のブダペスト世界選手権200m銀メダリスト。17歳だった21 […]

NEWS 五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

2024.06.19

五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

第108回日本選手権・混成競技が6月22、23日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われる。パリ五輪代表選考会を兼ねた一戦の注目選手を見ていく。 男子十種競技の優勝候補は丸山優真(住友電工)。前回は7816点で初優勝 […]

NEWS マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

2024.06.19

マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

陸上界のレジェンドとして1990年代から2000年代に活躍したマイケル・ジョンソン氏(米国)の主催する陸上リーグの詳細が6月19日に発表された。「グランドスラム・トラック」と銘打たれ、25年に開始される予定となっている。 […]

NEWS 女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、森本麻里子(オリコ)が13m37(+2.5)で9位に入った。 昨年のブダペスト世界選手権代表の森本 […]

NEWS ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、男子100mでは東京五輪金メダルのL.M.ジェイコブス(イタリア)が9秒92(+1.5)で優勝した […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top