HOME 駅伝

2023.04.12

全日本大学駅伝関東学連推薦校選考会の要項発表! 6月17日に開催 上位7校が出場権獲得
全日本大学駅伝関東学連推薦校選考会の要項発表! 6月17日に開催 上位7校が出場権獲得

22年全日本大学駅伝関東学連推薦校選考会の様子

関東学生陸上競技連盟は12日、6月17日に行われる全日本大学駅伝関東学連推薦校選考会の要項を発表した。

選考会は神奈川県相模原市の相模原ギオンスタジアムで実施され、前回の本大会で8位以内に入りシード権を獲得している駒大、國學院大、青学大、順大、創価大、早大、中大、東洋大以外の学校が、関東学連に割り当てられた「7枠」を目指すことになる。

広告の下にコンテンツが続きます

選考会への出場は、例年同様に所属する選手8名(留学生は1名まで)の10000mの持ちタイムの合計で上位の20校に出場権が与えられる。資格記録の有効期間は22年1月1日から申込期限前日の6月2日まで。競技方法は1チーム13名のエントリーを行い、8名が出場。各校2名ずつ4組のタイムレースが行われ、上位7校が伊勢路への切符を手にする。

前回の選考会では創価大が初出場を決めたほか、神奈川大、大東大、日大が復活出場を果たした。一方で、全日本行きを決めた神奈川大、日大、中央学大は秋の箱根駅伝予選会で敗退するなど、ハイレベルで拮抗する関東地区を象徴する試合ともなった。

今年の全日本大学駅伝は11月5日に開催される。

また、関東学連は関東インカレ(5月11日~14日/神奈川・相模原ギオンスタジアム)の要項とハーフマラソンのコースを発表。試合観戦に関する制限はなく、ハーフマラソンはコロナ禍以前の19年に実施されていた相模原ギオンスタジアム周辺道路を周回するコースに戻されている。

広告の下にコンテンツが続きます
関東学生陸上競技連盟は12日、6月17日に行われる全日本大学駅伝関東学連推薦校選考会の要項を発表した。 選考会は神奈川県相模原市の相模原ギオンスタジアムで実施され、前回の本大会で8位以内に入りシード権を獲得している駒大、國學院大、青学大、順大、創価大、早大、中大、東洋大以外の学校が、関東学連に割り当てられた「7枠」を目指すことになる。 選考会への出場は、例年同様に所属する選手8名(留学生は1名まで)の10000mの持ちタイムの合計で上位の20校に出場権が与えられる。資格記録の有効期間は22年1月1日から申込期限前日の6月2日まで。競技方法は1チーム13名のエントリーを行い、8名が出場。各校2名ずつ4組のタイムレースが行われ、上位7校が伊勢路への切符を手にする。 前回の選考会では創価大が初出場を決めたほか、神奈川大、大東大、日大が復活出場を果たした。一方で、全日本行きを決めた神奈川大、日大、中央学大は秋の箱根駅伝予選会で敗退するなど、ハイレベルで拮抗する関東地区を象徴する試合ともなった。 今年の全日本大学駅伝は11月5日に開催される。 また、関東学連は関東インカレ(5月11日~14日/神奈川・相模原ギオンスタジアム)の要項とハーフマラソンのコースを発表。試合観戦に関する制限はなく、ハーフマラソンはコロナ禍以前の19年に実施されていた相模原ギオンスタジアム周辺道路を周回するコースに戻されている。

前回の選考会と本大会成績

■関東学連推薦校選考会全成績 1位 神奈川大 3時間57分35秒80 2位 東洋大  3時間57分54秒30 3位 創価大  3時間58分09秒99 4位 東海大  3時間58分10秒86 5位 大東大  3時間58分36秒05 6位 中央学大 3時間58分48秒82 7位 日大   3時間59分04秒40 ―以上、本大会出場― 8位 城西大  3時間59分44秒33 9位 帝京大  4時間00分05秒07 10位 国士大  4時間00分32秒79 11位 立大   4時間1分03秒46 12位 山梨学大 4時間1分08秒38 13位 駿河台大 4時間1分19秒69 14位 法大   4時間3分00秒70 15位 日体大  4時間5分07秒57 16位 専大   4時間5分25秒59 17位 上武大  4時間6分42秒50 18位 拓大   4時間8分18秒49 19位 東農大  4時間8分57秒35 日本薬大 記録なし ■第54回全日本大学駅伝上位成績 1位 駒大     5時間06分47秒=大会新 2位 國學院大   5時間10分08秒=大会新 3位 青学大    5時間10分45秒=大会新 4位 順大     5時間10分46秒=大会新 5位 創価大    5時間12分10秒 6位 早大     5時間12分53秒 7位 中大     5時間13分03秒 8位 東洋大    5時間13分10秒 --------以上シード権獲得------- 9位 明大     5時間15分29秒 10位 東海大    5時間16分01秒 11位 東京国際大  5時間16分41秒 12位 神奈川大   5時間17分30秒 13位 中央学大   5時間17分56秒 14位 大東大    5時間19分07秒 15位 日大     5時間22分54秒

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.16

森井勇磨が初サブ10で8位入賞!パリ五輪代表・大迫傑に先着する殊勲 大迫は13位/ボストンマラソン

ワールドマラソンメジャーズの一つであるボストンマラソンが米国で行われ、S.レマ(エチオピア)が2時間6分17秒(以下、速報値)で優勝した。 東京五輪6位、そしてパリ五輪代表に内定している大迫傑(Nike)が出場。やや気温 […]

NEWS クローズアップ/豊田兼「4年間で一番の目標」ハードル2種目で世界へ 慶大96年ぶりと日本初の快挙に挑戦

2024.04.15

クローズアップ/豊田兼「4年間で一番の目標」ハードル2種目で世界へ 慶大96年ぶりと日本初の快挙に挑戦

パリ五輪に向けた戦いがいよいよスタートした。春のトラック&フィールドシーズンから注目の選手を紹介する。 異色のハードラーが2種目で五輪に挑戦 日本の110mハードルには、泉谷駿介(住友電工)や村竹ラシッド(JAL)、40 […]

NEWS 躍進著しい國學院大 「今季は駅伝で3つとも狙えるところにきている」(前田監督)
PR

2024.04.15

躍進著しい國學院大 「今季は駅伝で3つとも狙えるところにきている」(前田監督)

厳しいトレーニングを可能にするコンディショニングへのこだわり 近年の國學院大學は学生駅伝で毎回のように上位に名を連ね、その存在感を確かなものにしつつある。勢いの原動力は、日々の厳しいトレーニングとそれを可能にするコンディ […]

NEWS 男女混合競歩リレー出場予定の園田世玲奈が病気のため欠場 渕瀬真寿美が入れ替わり出場/世界競歩チーム選手権

2024.04.15

男女混合競歩リレー出場予定の園田世玲奈が病気のため欠場 渕瀬真寿美が入れ替わり出場/世界競歩チーム選手権

日本陸連は4月15日、世界競歩チーム選手権(トルコ・アンタルヤ)の男女混合競歩リレーに出場を予定していた女子の園田世玲奈(NTN)が慢性萎縮性胃炎のため出場を辞退すると発表した。同種目には女子20kmで代表入りしていた渕 […]

NEWS 織田記念のエントリー発表!男子100mは坂井隆一郎、山縣亮太らが激突!三浦龍司が3000m障害に登録、ハードル、やり投ら熱戦の予感

2024.04.15

織田記念のエントリー発表!男子100mは坂井隆一郎、山縣亮太らが激突!三浦龍司が3000m障害に登録、ハードル、やり投ら熱戦の予感

4月29日に行われる織田記念(広島広域公園競技場)のエントリーリストが主催者から発表され、看板種目の男子100mには昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)、3月の世界室内選手権60mファイナリストの多田修平(住友電 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top