HOME 国内、大学

2023.03.12

得意のラストスパートでユニバ代表つかんだ法大・松永伶「鎌田さん、内田さんを超えるエースになります!」/日本学生ハーフ
得意のラストスパートでユニバ代表つかんだ法大・松永伶「鎌田さん、内田さんを超えるエースになります!」/日本学生ハーフ

2023年日本学生ハーフで3位だった松永伶(法大)

◇第26回日本学生ハーフマラソン選手権(3月12日/東京・立川市)

8月に中国・成都で開催するFISUワールドユニバーシティゲームズの代表権、最後の3枠目をつかんだのは、法大の3年生、松永伶だった。

広告の下にコンテンツが続きます

松永はレース後、「3位以内を目標にしていたので、狙いどおりの良いレースをすることができました」と飛び切りの笑顔を見せた。

今年の箱根駅伝1区で区間3位と好走した松永は、尊敬する先輩の無念を晴らすつもりでいた。

「鎌田さん(航生/現・ヤクルト)は、2年前にこの大会で優勝しながら、ユニバーシティゲームズの代表が(大会延期のため)白紙となってしまいました。鎌田さんはあこがれの存在でもあるので、代わりに僕がユニバに出たいと思っていました」

序盤から先頭が見える位置でレースを進めたものの、15km付近の給水でもたつき、その間にスパートした篠原倖太朗(駒大)ら数人から後れを取ってしまう。

広告の下にコンテンツが続きます

しかし、ここからが松永の真骨頂だった。「まだ距離があったので、徐々に追いつこうと思いました」というように、残り1km地点を前が見える8番手で迎える。ここから「自分の得意なラストスパート」で猛追し、先頭から27秒遅れの3位でフィニッシュした。

千葉・前原中時代は1500mと3000mで全中に出場し、1月の全国都道府県対抗駅伝では2区区間6位と好走している逸材。しかし、高校時代は全国大会出場を果たせず、大学でも2年時までケガに苦しんだ。

3年時の昨年は昨年5月の関東インカレ5000mで6位とブレイク。一時はオリンピアンの三浦龍司(順大)らを置き去りにする驚きのロングスパートを放って注目を集めた。

今後は昨年チームの大黒柱だった内田隼太(4年)の穴を埋めるつもりでいる。

広告の下にコンテンツが続きます

「これからは法政のエースとして、鎌田さんや内田さんを超える存在になりたいです!」

2023年度は、身長163cmの小柄ランナーが大きく羽ばたく1年になりそうだ。

◇第26回日本学生ハーフマラソン選手権(3月12日/東京・立川市) 8月に中国・成都で開催するFISUワールドユニバーシティゲームズの代表権、最後の3枠目をつかんだのは、法大の3年生、松永伶だった。 松永はレース後、「3位以内を目標にしていたので、狙いどおりの良いレースをすることができました」と飛び切りの笑顔を見せた。 今年の箱根駅伝1区で区間3位と好走した松永は、尊敬する先輩の無念を晴らすつもりでいた。 「鎌田さん(航生/現・ヤクルト)は、2年前にこの大会で優勝しながら、ユニバーシティゲームズの代表が(大会延期のため)白紙となってしまいました。鎌田さんはあこがれの存在でもあるので、代わりに僕がユニバに出たいと思っていました」 序盤から先頭が見える位置でレースを進めたものの、15km付近の給水でもたつき、その間にスパートした篠原倖太朗(駒大)ら数人から後れを取ってしまう。 しかし、ここからが松永の真骨頂だった。「まだ距離があったので、徐々に追いつこうと思いました」というように、残り1km地点を前が見える8番手で迎える。ここから「自分の得意なラストスパート」で猛追し、先頭から27秒遅れの3位でフィニッシュした。 千葉・前原中時代は1500mと3000mで全中に出場し、1月の全国都道府県対抗駅伝では2区区間6位と好走している逸材。しかし、高校時代は全国大会出場を果たせず、大学でも2年時までケガに苦しんだ。 3年時の昨年は昨年5月の関東インカレ5000mで6位とブレイク。一時はオリンピアンの三浦龍司(順大)らを置き去りにする驚きのロングスパートを放って注目を集めた。 今後は昨年チームの大黒柱だった内田隼太(4年)の穴を埋めるつもりでいる。 「これからは法政のエースとして、鎌田さんや内田さんを超える存在になりたいです!」 2023年度は、身長163cmの小柄ランナーが大きく羽ばたく1年になりそうだ。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.24

木南記念・男子100mに坂井隆一郎、女子走幅跳に秦澄美鈴! 女子100mHは寺田明日香と田中佑美が出場

大阪陸協は4月24日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)の主な出場選手4人を発表した。 男子100mで昨年の日本選手権で優勝を飾り、ブダペスト世界選手権に出場した坂井 […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

学生長距離Close-upインタビュー 近田陽路 Konda Hiro 中央学大3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。38回目は、中央学大の近 […]

NEWS セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

2024.04.24

セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

日本陸連は4月24日、セイコーゴールデングランプリ陸上2024東京(5月19日/東京・国立競技場)の男子5000mの追加出場選手15人を発表した。 2021年東京五輪、22年オレゴン世界選手権男子10000m代表で、昨年 […]

NEWS 新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

2024.04.24

新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

新潟アルビレックスランニングクラブは4月24日、地元(新潟市)に本社を置くサトウ食品とクラブ初のネーミングライツパートナー契約を締結したことを発表した。契約は3年としている。 同市内で行われた記者会見にはサトウ食品の佐藤 […]

NEWS 世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

2024.04.24

世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

バハマ・ナッソーで開催される世界リレー大会(5月4、5日)のエントリーリストが4月23日に発表された。 4×100mリレーは男子32チーム、女子30チームがエントリー。4×400mリレーは男子32チーム、女子27チーム、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top