HOME 国内

2023.02.17

ソウル五輪代表の遠藤司氏がメイクス監督補佐に就任 U20世界クロカンのケニア代表選手も入社
ソウル五輪代表の遠藤司氏がメイクス監督補佐に就任 U20世界クロカンのケニア代表選手も入社

メイクスは2月17日、同日付で遠藤司氏が監督補佐に就任したことを発表した。

遠藤氏は早大時代に4年連続で箱根駅伝に出場。2年時と3年時には10区で区間賞を獲得し、3年時の1984年にはコース変更のあった1999年まで破られなかった不滅の区間記録(21.3km/1時間4分05秒)をマークして総合優勝に貢献している。

広告の下にコンテンツが続きます

卒業後はヱスビー食品で競技を継続し、1988年のソウル五輪10000mに出場。93年から2004年までは母校・早大のコーチも務めた。

同社は早大OBの三田裕介氏が監督を務め、2021年4月に陸上部を創設。昨年4月にはコニカミノルタを退社した菊地賢人や、東海大OBでNTT西日本に所属していた鬼塚翔太、順大時代に日本インカレ1500mを制した原田凌輔らが加入していた。

また、明日開催されるU20世界クロスカントリー選手権のケニア代表として出場するデニス・キプクルイの入社も発表されている。

メイクスは2月17日、同日付で遠藤司氏が監督補佐に就任したことを発表した。 遠藤氏は早大時代に4年連続で箱根駅伝に出場。2年時と3年時には10区で区間賞を獲得し、3年時の1984年にはコース変更のあった1999年まで破られなかった不滅の区間記録(21.3km/1時間4分05秒)をマークして総合優勝に貢献している。 卒業後はヱスビー食品で競技を継続し、1988年のソウル五輪10000mに出場。93年から2004年までは母校・早大のコーチも務めた。 同社は早大OBの三田裕介氏が監督を務め、2021年4月に陸上部を創設。昨年4月にはコニカミノルタを退社した菊地賢人や、東海大OBでNTT西日本に所属していた鬼塚翔太、順大時代に日本インカレ1500mを制した原田凌輔らが加入していた。 また、明日開催されるU20世界クロスカントリー選手権のケニア代表として出場するデニス・キプクルイの入社も発表されている。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS “初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

2024.02.25

“初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

NEWS 山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

2024.02.25

山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

2024.02.25

豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

2024.02.25

男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top