HOME 国内

2023.02.12

60mH青木益未が8秒01の室内日本新・アジア歴代2位!予選プラス通過から一気に金メダルへ!/アジア室内
60mH青木益未が8秒01の室内日本新・アジア歴代2位!予選プラス通過から一気に金メダルへ!/アジア室内

2023年アジア室内女子60mHを室内日本新で制した青木益未(七十七銀行)。写真は2022年オレゴン世界陸上

◇アジア室内選手権(2月10~12日/アスタナ・カザフスタン)

アジア室内選手権の最終日が行われ、大会のトラック最終種目となった女子60mハードルは青木益未(七十七銀行)が8秒01の室内日本新、室内アジア歴代2位、大会新で金メダルに輝いた。清山ちさと(いちご)は8秒20で4位だった。

広告の下にコンテンツが続きます

1レーンに入った青木は、スタートから他を圧倒。ダントツのスピードでハードルを越え、フィニッシュラインを駆け抜けた。

タイムは自身の室内日本記録8秒05を2年ぶりに0.04秒塗り替え、目標の7秒台が目前の快記録に、フィニッシュ後は笑顔が弾けた。

前日の予選。1組に出場した青木は窮地に追い込まれた。1台目でバランスを崩し、そこからなんとか立て直したが8秒51で5着どまり。2組目の結果次第では予選敗退が決まる。

2組目は1着の清山ちさと(いちご)が8秒21で1着通過し、3着が8秒38。ただ、4着が少し離れた8秒61となり、青木が決勝進出最後の1枠に滑り込んだ。そして、そこから一気にアジアの頂点へと上り詰めた。

広告の下にコンテンツが続きます

1週間前の日本選手権室内では4連覇を達成したもののタイムは8秒11にとどまり、「7秒台で走りたかったです」と物足りない結果だった。だが、冬季練習は順調にこなしており、屋外シーズに向けてまだまだ仕上げる段階にはない。その中で出したこの結果は、これからもう一段階続く冬季練習への励みになるだろう。

昨年は100mハードルで4月に12秒86の日本新を樹立したが、その後にアキレス腱痛を発症。それでもオレゴン世界陸上で準決勝に進出するなど、底上げは着実に進んでいる。

日本記録も福部真子(日本建設工業)に12秒82、12秒73へと更新されており、2023年は巻き返しを期す1年だ。

屋外では、まずはブダペスト世界陸上の参加標準記録12秒78がターゲット。そこから、福部や寺田明日香(ジャパンクリエイト)らと国内でハイレベルの切磋琢磨を繰り広げ、世界との距離を縮めていく。

広告の下にコンテンツが続きます
◇アジア室内選手権(2月10~12日/アスタナ・カザフスタン) アジア室内選手権の最終日が行われ、大会のトラック最終種目となった女子60mハードルは青木益未(七十七銀行)が8秒01の室内日本新、室内アジア歴代2位、大会新で金メダルに輝いた。清山ちさと(いちご)は8秒20で4位だった。 1レーンに入った青木は、スタートから他を圧倒。ダントツのスピードでハードルを越え、フィニッシュラインを駆け抜けた。 タイムは自身の室内日本記録8秒05を2年ぶりに0.04秒塗り替え、目標の7秒台が目前の快記録に、フィニッシュ後は笑顔が弾けた。 前日の予選。1組に出場した青木は窮地に追い込まれた。1台目でバランスを崩し、そこからなんとか立て直したが8秒51で5着どまり。2組目の結果次第では予選敗退が決まる。 2組目は1着の清山ちさと(いちご)が8秒21で1着通過し、3着が8秒38。ただ、4着が少し離れた8秒61となり、青木が決勝進出最後の1枠に滑り込んだ。そして、そこから一気にアジアの頂点へと上り詰めた。 1週間前の日本選手権室内では4連覇を達成したもののタイムは8秒11にとどまり、「7秒台で走りたかったです」と物足りない結果だった。だが、冬季練習は順調にこなしており、屋外シーズに向けてまだまだ仕上げる段階にはない。その中で出したこの結果は、これからもう一段階続く冬季練習への励みになるだろう。 昨年は100mハードルで4月に12秒86の日本新を樹立したが、その後にアキレス腱痛を発症。それでもオレゴン世界陸上で準決勝に進出するなど、底上げは着実に進んでいる。 日本記録も福部真子(日本建設工業)に12秒82、12秒73へと更新されており、2023年は巻き返しを期す1年だ。 屋外では、まずはブダペスト世界陸上の参加標準記録12秒78がターゲット。そこから、福部や寺田明日香(ジャパンクリエイト)らと国内でハイレベルの切磋琢磨を繰り広げ、世界との距離を縮めていく。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

関東学生陸上競技連盟は2024年度の競技会スケジュールを公開した。 第103回関東学生対校選手権(関東インカレ)は5月9日から12日の4日間、東京・国立競技場で行われる。国立開催は2年ぶりとなる。 広告の下にコンテンツが […]

NEWS 棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

2024.02.29

棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

男子棒高跳で活躍したファビアン・シュルツェ氏(ドイツ)が2月25日、39歳の若さで病気のためゾントホーフェンで亡くなったことがわかった。 1984年3月生まれ。ジュニア時代から活躍し、2003年欧州ジュニア選手権3位、0 […]

NEWS 2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

2024.02.29

2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

世界陸連(WA)の理事会は英国・グラスゴーで開かれ、世界選手権のトラック種目についての変更点を承認した。 世界選手権のトラック種目のうち、スプリントから800mまでのレースにおいて、準決勝と決勝で9レーン(利用可能な競技 […]

NEWS 2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

2024.02.29

2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

世界陸連(WA)は英国・グラスゴーで理事会を開き、2025年から夏季シーズンを再編すると発表した。 現在の主要カレンダーは、4月からダイヤモンドリーグやコンチネンタルツアーが本格化し、6月あたりに各国選手権が開催。主催す […]

NEWS 2027年世界陸上開催地は中国・北京に!15年以来2度目の実施で、25年東京に続く連続アジア開催に

2024.02.29

2027年世界陸上開催地は中国・北京に!15年以来2度目の実施で、25年東京に続く連続アジア開催に

世界陸連は2月28日、理事会を英国・グラスゴーで実施し、2027年の世界陸上開催地に中国・北京を選出した。 当地は2015年にも開催しており、12年ぶり2度目。2025年は東京で行われることが決まっており、2大会連続のア […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top