HOME 海外

2023.01.28

WA室内ツアー・ゴールド開幕!アッシャー・スミスが女子60mで英国新7秒04!ツアー総合Vで賞金1万ドル
WA室内ツアー・ゴールド開幕!アッシャー・スミスが女子60mで英国新7秒04!ツアー総合Vで賞金1万ドル

女子60mを英国新で制したアッシャー・スミス。写真は2022年オレゴン世界陸上

世界陸連(WA)主催の世界室内ツアー・ゴールドが1月27日(現地時間)、ドイツ・カールスルーエ大会で開幕し、女子60mは2019年ドーハ世界陸上200m覇者のディナ・アッシャー・スミス(英国)が自国新の7秒04で優勝した。

3000mは男女ともエチオピア勢が今季世界最高タイムで快勝。男子はアブディサ・フェイサが7分40秒35、女子はレムレム・ハイルが8分37秒55でそれぞれ制した。

女子走幅跳は昨年の地元世界室内選手権チャンピオンのイワナ・ブレタ(セルビア)が今季世界最高の6m76で貫禄勝ちした。

WAs室内ツアーは大会の水準、規模によってゴールド、シルバー、ブロンズ、チャレンジの4つに分類され、2023年は54大会が開催。各大会の上位3人にポイントが与えられ、ポイント上位者は2月25日にバーミンガム(英国)で開催されるファイナルに出場できる。

ツアーポイントの対象種目は隔年で変わっており、今シリーズは男子が400m、1500m、60mハードル、走高跳、走幅跳の5種目。女子は60m、800m、3000m&5000m、棒高跳、三段跳、砲丸投の6種目が対象となる。

また、最上位のゴールドラベル大会では各種目の優勝者に3000ドルが賞金として贈られるほか、シリーズチャンピオンには2024年世界室内選手権グラスゴー大会の出場権と賞金1万ドルが授与される。

次ページ2023年世界陸連室内ツアー・ゴールド スケジュール

世界陸連(WA)主催の世界室内ツアー・ゴールドが1月27日(現地時間)、ドイツ・カールスルーエ大会で開幕し、女子60mは2019年ドーハ世界陸上200m覇者のディナ・アッシャー・スミス(英国)が自国新の7秒04で優勝した。 3000mは男女ともエチオピア勢が今季世界最高タイムで快勝。男子はアブディサ・フェイサが7分40秒35、女子はレムレム・ハイルが8分37秒55でそれぞれ制した。 女子走幅跳は昨年の地元世界室内選手権チャンピオンのイワナ・ブレタ(セルビア)が今季世界最高の6m76で貫禄勝ちした。 WAs室内ツアーは大会の水準、規模によってゴールド、シルバー、ブロンズ、チャレンジの4つに分類され、2023年は54大会が開催。各大会の上位3人にポイントが与えられ、ポイント上位者は2月25日にバーミンガム(英国)で開催されるファイナルに出場できる。 ツアーポイントの対象種目は隔年で変わっており、今シリーズは男子が400m、1500m、60mハードル、走高跳、走幅跳の5種目。女子は60m、800m、3000m&5000m、棒高跳、三段跳、砲丸投の6種目が対象となる。 また、最上位のゴールドラベル大会では各種目の優勝者に3000ドルが賞金として贈られるほか、シリーズチャンピオンには2024年世界室内選手権グラスゴー大会の出場権と賞金1万ドルが授与される。 次ページ2023年世界陸連室内ツアー・ゴールド スケジュール
■2023年世界陸連室内ツアー・ゴールド スケジュール 1月27日 カールスルーエ(ドイツ) 2月 4日 ボストン(米国) 2月 8日 トルン(ポーランド) 2月11日 ニューヨーク(米国) 2月14日 リエヴァン(フランス) 2月22日 マドリード(スペイン) 2月25日 バーミンガム(英国)※ツアー・ファイナル

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.17

ぴあ株式会社が東京世界陸上とスポンサー契約を締結 多くの大規模イベントでチケッティングサービスの実績

東京2025世界陸上財団は6月178日、ぴあ株式会社とスポンサー契約を締結したことを発表した。これまで多くのイベントでチケットの販売や入場管理業務の実績を持つ同社は、2025年に開催される東京世界陸上をサポートしていくと […]

NEWS ケジェルチャが10000m世界歴代7位の26分31秒01! アレガヴィも歴代8位 17歳メハリーが26分37秒93

2024.06.17

ケジェルチャが10000m世界歴代7位の26分31秒01! アレガヴィも歴代8位 17歳メハリーが26分37秒93

6月14日、エチオピアの10000m五輪トライアルがスペイン・ネルハで開催され、男子10000mではドーハ世界選手権銀メダルのY.ケジャルチャが今季世界最高、世界歴代7位の26分31秒01で優勝した。 ケジャルチャは東京 […]

NEWS ワニョニイが800m歴代3位の1分41秒70 オマニャラ9秒79 キピエゴンは1500m、5000mで五輪代表に

2024.06.17

ワニョニイが800m歴代3位の1分41秒70 オマニャラ9秒79 キピエゴンは1500m、5000mで五輪代表に

6月14~15日、ケニア・ナイロビでケニアの五輪選考会が開催され、男子800mではブダペスト世界選手権銀メダルのE.ワニョニイが世界歴代3位の1分41秒70で優勝した。 19歳のワニョニイは、昨年の世界選手権銀メダリスト […]

NEWS 男子走高跳・全中王者の清水怜修がジャンプオフ制す 山﨑天心が短距離2冠 女子200mは同記録V/IH南関東

2024.06.17

男子走高跳・全中王者の清水怜修がジャンプオフ制す 山﨑天心が短距離2冠 女子200mは同記録V/IH南関東

◇インターハイ南関東地区大会(6月14~17日/東京・駒沢陸上競技場、大井陸上競技場)3日目 夏の福岡インターハイ出場を懸けた南関東地区大会の3日目が行われ、酷暑の中でも多くの好勝負が生まれ、男子走高跳は1位と6位に2人 […]

NEWS 400mH・川上大智が51秒95で制す!大会新Vの400mと2冠 女子100m大石夕月が11秒台で優勝/IH四国

2024.06.17

400mH・川上大智が51秒95で制す!大会新Vの400mと2冠 女子100m大石夕月が11秒台で優勝/IH四国

インターハイ四国地区大会(6月15日~17日/高知・春野総合運動公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた四国地区大会の2日目が行われ、男子400mハードルでは川上大智(観音寺総合3香川)が51秒95で優勝。2年連 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top