HOME 学生長距離

2023.01.28

最後の箱根路/スタートラインに立てなかった専大・髙瀨桂「人間として成長させてくれた4年間でした」
最後の箱根路/スタートラインに立てなかった専大・髙瀨桂「人間として成長させてくれた4年間でした」

2022年全日本大学駅伝では日本学連選抜の2区に出走した専大・髙瀨桂

2023年、最後の箱根駅伝を終えた大学4年生ランナーたち。納得のいく走りができた選手や悔いを残した選手、なかにはアクシデントでスタートラインにすら立てなかったエース級もいる。お届けするのは、そんな最上級生たちの物語――。

直前の疲労骨折判明で無念の欠場

1月2日、スタート前の午前7時。往路の走者変更リストが発表された際、出走が予定されていた3区に専大・髙瀨桂(4年)の名前はなく、代わりに同級生の成島航己の名が記されていた。

広告の下にコンテンツが続きます

「本戦の1週間前、左大腿骨の疲労骨折が判明してしまいました。まだ初期段階だったので、見ていただいたドクターからも走れなくはない、と言われました。ですから、出走を視野に入れて(長谷川淳)監督と相談しながら調整を続けてきました」

ギリギリの12月31日まで試行錯誤してきた。そのころにはジョグで痛みを感じるようになっており、「そういう状態で走ってもチームには迷惑をかけるだけ。そこはきっぱりと断念して、チームのサポートに回ることにしました」と、言葉を選ぶように、ゆっくりと、はっきりと髙瀨は話した。

誰よりも走りたかった箱根だったが、そのチャンスがまさにその手からするりとこぼれ落ちてしまった。苦笑いを浮かべながら「悔しいですね、はい」と言葉を続ける。

他校のエースたちに比べて、自分に足りないところはもう知っていた。ペース維持能力に持久力。スピードはスタミナでカバーする。何よりも、中盤で耐えられるだけの力を身につけること。

広告の下にコンテンツが続きます

そうすれば、必ず「僕は箱根を走ったんだ」と胸を張って言えるようになれる。そう信じて、箱根予選会を終えてから黙々とトレーニングに励んできた。誰よりも真面目に、寡黙に、ひたむきに。

そんな髙瀨が、最後の箱根路を走れなくなるとは、誰も予想できなかった。

次のページ 2年時に1区、3年時に2区で出走

2023年、最後の箱根駅伝を終えた大学4年生ランナーたち。納得のいく走りができた選手や悔いを残した選手、なかにはアクシデントでスタートラインにすら立てなかったエース級もいる。お届けするのは、そんな最上級生たちの物語――。

直前の疲労骨折判明で無念の欠場

1月2日、スタート前の午前7時。往路の走者変更リストが発表された際、出走が予定されていた3区に専大・髙瀨桂(4年)の名前はなく、代わりに同級生の成島航己の名が記されていた。 「本戦の1週間前、左大腿骨の疲労骨折が判明してしまいました。まだ初期段階だったので、見ていただいたドクターからも走れなくはない、と言われました。ですから、出走を視野に入れて(長谷川淳)監督と相談しながら調整を続けてきました」 ギリギリの12月31日まで試行錯誤してきた。そのころにはジョグで痛みを感じるようになっており、「そういう状態で走ってもチームには迷惑をかけるだけ。そこはきっぱりと断念して、チームのサポートに回ることにしました」と、言葉を選ぶように、ゆっくりと、はっきりと髙瀨は話した。 誰よりも走りたかった箱根だったが、そのチャンスがまさにその手からするりとこぼれ落ちてしまった。苦笑いを浮かべながら「悔しいですね、はい」と言葉を続ける。 他校のエースたちに比べて、自分に足りないところはもう知っていた。ペース維持能力に持久力。スピードはスタミナでカバーする。何よりも、中盤で耐えられるだけの力を身につけること。 そうすれば、必ず「僕は箱根を走ったんだ」と胸を張って言えるようになれる。そう信じて、箱根予選会を終えてから黙々とトレーニングに励んできた。誰よりも真面目に、寡黙に、ひたむきに。 そんな髙瀨が、最後の箱根路を走れなくなるとは、誰も予想できなかった。 次のページ 2年時に1区、3年時に2区で出走

2年時に1区、3年時に2区で出走

過去2回走った箱根は、悔しさを髙瀨に植えつける結果となっていた。2年時は1区で完全に力負けを味わい区間19位。リベンジを果たすと誓い、月間走行距離を700kmに伸ばして臨んだ3年時の箱根は「気持ちで負けてしまった」と2区で他校のエースに気後れしてしまって区間20位。 だからこそ、準備を怠らず、最後の箱根時で結果を残すべく研鑽を積んできたはずだった。夏は故障で苦しんだが、予選会後の全日本大学駅伝も日本学連選抜の一員として走り、2区10位の好走を見せた。あとは、4年間の思いをぶつけるだけだったのに。 「振り返ると……そうですね、1年目は予選会のメンバーに入っていながら直前でケガして走れない。そんなスタートだった大学生活ですが、2年目からは自分がやらなければ、チームを引っ張らなければならない、という自覚を持ってずっとやってきました。最後は残念な結果になってしまったんですけど……。でも、一つひとつの細かい行動とか普段の生活、大会の結果に対しても自分で責任を持つ、ということができるようになりました。本当に、人間として成長させてくれた4年間でした」 髙瀨は、スッキリした笑顔で大手町を後にした。最後に「次のステージでも頑張りますね」と、新たな決意を口にして。 髙瀨 桂(たかせ・けい:専大)/2001年3月10日生まれ。福岡県太宰府市出身。佐賀・鳥栖工高。自己ベストは5000m14分17秒84、10000m29分06秒71、ハーフ1時間2分49秒 文/田坂友暁

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。 脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピード […]

NEWS 第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

2024.02.29

第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

関東学生陸上競技連盟は2024年度の競技会スケジュールを公開した。 第103回関東学生対校選手権(関東インカレ)は5月9日から12日の4日間、東京・国立競技場で行われる。国立開催は2年ぶりとなる。 広告の下にコンテンツが […]

NEWS 棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

2024.02.29

棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

男子棒高跳で活躍したファビアン・シュルツェ氏(ドイツ)が2月25日、39歳の若さで病気のためゾントホーフェンで亡くなったことがわかった。 1984年3月生まれ。ジュニア時代から活躍し、2003年欧州ジュニア選手権3位、0 […]

NEWS 2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

2024.02.29

2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

世界陸連(WA)の理事会は英国・グラスゴーで開かれ、世界選手権のトラック種目についての変更点を承認した。 世界選手権のトラック種目のうち、スプリントから800mまでのレースにおいて、準決勝と決勝で9レーン(利用可能な競技 […]

NEWS 2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

2024.02.29

2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

世界陸連(WA)は英国・グラスゴーで理事会を開き、2025年から夏季シーズンを再編すると発表した。 現在の主要カレンダーは、4月からダイヤモンドリーグやコンチネンタルツアーが本格化し、6月あたりに各国選手権が開催。主催す […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top