HOME 駅伝、箱根駅伝

2023.01.04

中大は復路も順位キープで準優勝 22年ぶりトップ3も指揮官は「うれしさ半分、悔しさ半分」/箱根駅伝
中大は復路も順位キープで準優勝 22年ぶりトップ3も指揮官は「うれしさ半分、悔しさ半分」/箱根駅伝

中大は6区・若林陽大(左)が区間2位、7区・千守倫央が区間4位と好走し、目標の「3位以内」をクリアする2位でフィニッシュした

◇第99回箱根駅伝(1月2、3日:東京・大手町←→神奈川・箱根町/10区間217.1km)

往路は2区の吉居大和(3年)と3区の中野翔太(3年)の連続区間賞で、一時トップを快走した中大。4区で駒大と青学大に逆転されるも、5区の阿部陽樹(2年)が青学大をかわして、2位で芦ノ湖のゴールに飛び込んだ。トップの駒大とは30秒差。ライバルの復路のメンバーを見たときに、藤原正和駅伝監督の頭の中には27年ぶりの快挙がちらついたという。

広告の下にコンテンツが続きます

「佐藤圭汰君が入らず、下りが1年生の伊藤蒼唯君。未知数な部分が見えていましたので、チャンスは増えたかなと思ったんです」

しかし、王者・駒大は何枚も上だった。

「大八木(弘明)さんの指示だと思うのですが、、最初は速めに入って、中盤は少し落とさせて、終盤また頑張るというスタイルで少しずつビハインドを築かれてしまった」と、駒大の“レース巧者ぶり”を肌で実感した。6区は主将・若林陽大(4年)が58分39秒の区間2位と好走したが、駒大の伊藤が58分22秒で区間賞を獲得した。

藤原監督は「6区で追いつくことでしか勝負できなかったのに、伊藤君が若林以上の走りをしたところに駒大の強さを感じました。1年間、『3冠』を目指してきた学校と、1年間、『3位以内』を目指してきた学校の差と言いますか、執念の差があったと思っています」と話し、駒大との経験値の違いを認める。

広告の下にコンテンツが続きます

優勝争いでは駒大に完敗したかたちになったが、復路でも中大は実力を発揮した。他チームと接近する場面が一度もなく独走となるなかで、5人全員が区間7位以内で走破。復路総合でも駒大に次ぐ2位を占めた。

「復路は単独走で100km以上の道のりを頑張ってくれました。区間ふたケタ順位を1つも出さずに走りきりましたので、やってきたことは間違っていないと思います。目標の3位以内は十分に達成してくれたので、うれしさ半分、悔しさ半分ですね」(藤原監督)

前回は10年ぶりのシード権獲得で、今回は22年ぶりトップ3となる準優勝。来年の箱根駅伝で総合Vを狙う中大は確実にステップアップしてきた。

「強化の階段を上がっていく意味では今年は3位以内を目標にしていました。そのなかでも優勝争いに加われたことで、選手たちも『優勝したい』という気持ちが強くなったのかと思います。悔しい2位を来年に生かしたいですね」と指揮官は1年後を見据える。

広告の下にコンテンツが続きます

優勝した駒大とのタイム差は1分42秒。往路のメンバー5人全員が残るチームが、来年は本気で優勝を狙っていく。

文/酒井政人

◇第99回箱根駅伝(1月2、3日:東京・大手町←→神奈川・箱根町/10区間217.1km) 往路は2区の吉居大和(3年)と3区の中野翔太(3年)の連続区間賞で、一時トップを快走した中大。4区で駒大と青学大に逆転されるも、5区の阿部陽樹(2年)が青学大をかわして、2位で芦ノ湖のゴールに飛び込んだ。トップの駒大とは30秒差。ライバルの復路のメンバーを見たときに、藤原正和駅伝監督の頭の中には27年ぶりの快挙がちらついたという。 「佐藤圭汰君が入らず、下りが1年生の伊藤蒼唯君。未知数な部分が見えていましたので、チャンスは増えたかなと思ったんです」 しかし、王者・駒大は何枚も上だった。 「大八木(弘明)さんの指示だと思うのですが、、最初は速めに入って、中盤は少し落とさせて、終盤また頑張るというスタイルで少しずつビハインドを築かれてしまった」と、駒大の“レース巧者ぶり”を肌で実感した。6区は主将・若林陽大(4年)が58分39秒の区間2位と好走したが、駒大の伊藤が58分22秒で区間賞を獲得した。 藤原監督は「6区で追いつくことでしか勝負できなかったのに、伊藤君が若林以上の走りをしたところに駒大の強さを感じました。1年間、『3冠』を目指してきた学校と、1年間、『3位以内』を目指してきた学校の差と言いますか、執念の差があったと思っています」と話し、駒大との経験値の違いを認める。 優勝争いでは駒大に完敗したかたちになったが、復路でも中大は実力を発揮した。他チームと接近する場面が一度もなく独走となるなかで、5人全員が区間7位以内で走破。復路総合でも駒大に次ぐ2位を占めた。 「復路は単独走で100km以上の道のりを頑張ってくれました。区間ふたケタ順位を1つも出さずに走りきりましたので、やってきたことは間違っていないと思います。目標の3位以内は十分に達成してくれたので、うれしさ半分、悔しさ半分ですね」(藤原監督) 前回は10年ぶりのシード権獲得で、今回は22年ぶりトップ3となる準優勝。来年の箱根駅伝で総合Vを狙う中大は確実にステップアップしてきた。 「強化の階段を上がっていく意味では今年は3位以内を目標にしていました。そのなかでも優勝争いに加われたことで、選手たちも『優勝したい』という気持ちが強くなったのかと思います。悔しい2位を来年に生かしたいですね」と指揮官は1年後を見据える。 優勝した駒大とのタイム差は1分42秒。往路のメンバー5人全員が残るチームが、来年は本気で優勝を狙っていく。 文/酒井政人

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

グラスゴー世界室内がいよいよ開幕!多田修平、田中希実らがファイナル目指す メダルなれば日本勢27年ぶり

3月1日から3日まで、英国・グラスゴーで世界室内選手権が開催される。日本からは男子4名、女子4名の8人が出場する。 男子60mには多田修平(住友電工)と東田旺洋(関彰商事)が出場。多田はアジア室内選手権の予選で6秒53の […]

NEWS パリ五輪マラソン代表3枠目は誰の手に!?最後の大一番・東京マラソンに鈴木健吾、服部勇馬、山下一貴らが挑む

2024.02.29

パリ五輪マラソン代表3枠目は誰の手に!?最後の大一番・東京マラソンに鈴木健吾、服部勇馬、山下一貴らが挑む

アボット・ワールドマラソンメジャーズの一つ、東京マラソン2024が3月3日に行われる。 JMCシリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジの男子ラストレース。つまり、こ […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】マラソンで花開いた早大・伊福陽太「早稲田の歴史に名前を残せてうれしい」

2024.02.29

【学生長距離Close-upインタビュー】マラソンで花開いた早大・伊福陽太「早稲田の歴史に名前を残せてうれしい」

学生長距離Close-upインタビュー 伊福陽太 Ifuku Yota 早稲田大学3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。36回目は、早大の伊福 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~日体大~漆畑徳輝「古豪復活を絶対にできる」山口廉「必ず2区でリベンジ」

2024.02.29

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~日体大~漆畑徳輝「古豪復活を絶対にできる」山口廉「必ず2区でリベンジ」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走した選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏話 (3 […]

NEWS マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

2024.02.29

マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。 脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピード […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top