HOME 駅伝、箱根駅伝

2023.01.04

明大 1区富田峻平と7区杉彩文海が区間賞「デコボコ」駅伝で12位も「少しは進歩」と手応えつかむ/箱根駅伝
明大 1区富田峻平と7区杉彩文海が区間賞「デコボコ」駅伝で12位も「少しは進歩」と手応えつかむ/箱根駅伝

23年箱根駅伝1区区間賞に輝いた明大・富田峻平

◇第99回箱根駅伝(1月2、3日:東京・大手町←→神奈川・箱根町/10区間217.1km)

明大は総合12位に終わり、3年ぶりのシードを逃したものの、区間賞2つと見せ場を作った。

10000mでチーム最速の28分19秒77を持つ櫛田佳希(4年)と、1年時から2年連続で往路を担ってきた児玉真輝(3年)が万全ではなく、ベストなオーダーを組めなかった。

山本佑樹駅伝監督は無念な表情を浮かべつつも、「ここ2年は見せ場なく、シードが取れないという状況だったので、そこから少しは進歩したのかなという手応えもあります」と語った。

実際、いくつかの区間で存在感を示した。

まず、1区の富田峻平(4年)が区間賞の快走で、これ以上ないスタートを切る。飛び出した関東学生連合以外の20人によるスローペースの展開に「じれったい思いを感じていた」と明かすが、「残り3kmからが勝負」と自身に言い聞かせ、我慢を続けたという。

終盤の六郷橋を下り終えた時にスパートを仕掛けて集団から抜け出すと、20.3kmで先頭をひた走っていた関東学生連合も捉えた。

富田は1時間2分44秒で走破し、明大としては86回大会の北條尚以来、13年ぶりの1区区間賞。「自分はシード権獲得のために流れを作らないといけないという責任がありました。役割を果たすことができて、清々しい気分でいっぱいです」と誇らしげだった。

続く2区で13位まで後退したが、ルーキーの森下翔太が3区で区間4位と好走。「目標は1時間1分台、区間3位以内だったので、それに近い走りができて良かったです。初めての箱根は声援がすごかったし、力になりました」と6人抜きを達成し、堂々の箱根デビューを果たす。

ただ、4区で3つ、5区で2つ順位を落とし、往路は12位。ややちぐはぐな印象を残してレース前半を折り返すこととなった。

10位校と2分14秒差で巻き返しを誓った復路は、堀颯介(1年)が区間8位で健闘した後、7区に入った杉彩文海(3年)が会心の走りを披露する

「シード獲得がチームの目標だったので、とにかく前を追って粘れる所まで粘ろうと。少し突っ込みすぎて、大丈夫かなとも思いましたが、シードを取るにはそのペースで行くしかないと腹を括って走りました」

杉は1時間2分43秒で駆け抜け、創価大・葛西潤(4年)と分け合うかたちで区間賞に輝いた。これで10位と再びシード圏内に浮上。続く8区の加藤大誠(4年)も、自身4度目の箱根を区間8位でまとめ、9位で中継所に飛び込んだ。

しかし、終盤の残り2区間で苦戦を強いられてしまう。9区でまたしてもシード圏外に弾き出されると、シードのボーダーラインは無常にも次第に遠のいていった。

「(各区間が)デコボコした感じで、区間賞を2つも取ったし、1年生も3区で良い走りをして、それでもシードが取れないかという悔しさがあります」と山本監督。「どこかが1つ良くてもダメで、トータル的に結果を出さないと勝負にならないと感じました」と2日間のレースを総括した。

来年度は、今回で貴重な経験を積んだメンバーの半数が残る。その5人や児玉らが中心となって、1年後の100回大会で名門・明大の復活が見られるだろうか。

文/小野哲史

◇第99回箱根駅伝(1月2、3日:東京・大手町←→神奈川・箱根町/10区間217.1km) 明大は総合12位に終わり、3年ぶりのシードを逃したものの、区間賞2つと見せ場を作った。 10000mでチーム最速の28分19秒77を持つ櫛田佳希(4年)と、1年時から2年連続で往路を担ってきた児玉真輝(3年)が万全ではなく、ベストなオーダーを組めなかった。 山本佑樹駅伝監督は無念な表情を浮かべつつも、「ここ2年は見せ場なく、シードが取れないという状況だったので、そこから少しは進歩したのかなという手応えもあります」と語った。 実際、いくつかの区間で存在感を示した。 まず、1区の富田峻平(4年)が区間賞の快走で、これ以上ないスタートを切る。飛び出した関東学生連合以外の20人によるスローペースの展開に「じれったい思いを感じていた」と明かすが、「残り3kmからが勝負」と自身に言い聞かせ、我慢を続けたという。 終盤の六郷橋を下り終えた時にスパートを仕掛けて集団から抜け出すと、20.3kmで先頭をひた走っていた関東学生連合も捉えた。 富田は1時間2分44秒で走破し、明大としては86回大会の北條尚以来、13年ぶりの1区区間賞。「自分はシード権獲得のために流れを作らないといけないという責任がありました。役割を果たすことができて、清々しい気分でいっぱいです」と誇らしげだった。 続く2区で13位まで後退したが、ルーキーの森下翔太が3区で区間4位と好走。「目標は1時間1分台、区間3位以内だったので、それに近い走りができて良かったです。初めての箱根は声援がすごかったし、力になりました」と6人抜きを達成し、堂々の箱根デビューを果たす。 ただ、4区で3つ、5区で2つ順位を落とし、往路は12位。ややちぐはぐな印象を残してレース前半を折り返すこととなった。 10位校と2分14秒差で巻き返しを誓った復路は、堀颯介(1年)が区間8位で健闘した後、7区に入った杉彩文海(3年)が会心の走りを披露する 「シード獲得がチームの目標だったので、とにかく前を追って粘れる所まで粘ろうと。少し突っ込みすぎて、大丈夫かなとも思いましたが、シードを取るにはそのペースで行くしかないと腹を括って走りました」 杉は1時間2分43秒で駆け抜け、創価大・葛西潤(4年)と分け合うかたちで区間賞に輝いた。これで10位と再びシード圏内に浮上。続く8区の加藤大誠(4年)も、自身4度目の箱根を区間8位でまとめ、9位で中継所に飛び込んだ。 しかし、終盤の残り2区間で苦戦を強いられてしまう。9区でまたしてもシード圏外に弾き出されると、シードのボーダーラインは無常にも次第に遠のいていった。 「(各区間が)デコボコした感じで、区間賞を2つも取ったし、1年生も3区で良い走りをして、それでもシードが取れないかという悔しさがあります」と山本監督。「どこかが1つ良くてもダメで、トータル的に結果を出さないと勝負にならないと感じました」と2日間のレースを総括した。 来年度は、今回で貴重な経験を積んだメンバーの半数が残る。その5人や児玉らが中心となって、1年後の100回大会で名門・明大の復活が見られるだろうか。 文/小野哲史

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

7月13日、東大阪市第2回OV30陸上競技記録会が東大阪市のトライスタジアム(花園中央公園多目的競技場)で行われ、女子4×800mリレーに東大阪大敬愛高(大阪)の2チームが出場。北村凜(3年)、朝野流南(2年)、田村実彩 […]

NEWS 五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

NEWS 男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

NEWS 男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

2024.07.13

男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

7月13日、第97回北海道選手権の初日が網走市運動公園市営陸上競技場で行われ、男子走幅跳に日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が出場し、シーズンベストの7m86(+1.7)で優勝した。 昨年の世界選手権代表の城山。今季 […]

NEWS 【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

2024.07.13

【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

7月13日、第79回愛媛県選手権の2日目が行われ、男子200mで高校1年生の井手友郎(済美高1愛媛)が21秒28(+1.5)の大会新記録で優勝した。この記録は高1歴代8位の好記録となる。 井手は桑原中時代に全中200m5 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top