HOME 駅伝、箱根駅伝

2023.01.03

青学大・原監督「私の責任」山2人に誤算も総合力を見せて意地の3位「真摯に受け止めてリベンジ」誓う/箱根駅伝
青学大・原監督「私の責任」山2人に誤算も総合力を見せて意地の3位「真摯に受け止めてリベンジ」誓う/箱根駅伝

青学大は7区終了時では8位だったが、9区岸本(右)が5人抜きで3位に上がった

◇第99回箱根駅伝(1月2、3日:東京・大手町←→神奈川・箱根町/10区間217.1km)

第99回箱根駅伝が行われ、連覇を狙った青学大は10時間54分25秒で3位だった。

絶大な選手層を誇る青学大をもってしても、やはり「箱根の山」は簡単ではなかった。5区を予定していた若林宏樹(2年)が体調不良。そこに6区予定だった脇田幸太朗(4年)を急きょ配置せざるを得ない状況に。結果、6区は補欠だった西川魁星(4年)が務めたが、区間20位と苦戦してしまう。

流れはなかなか引き戻せず、9区の岸本大紀(4年)が快走で3位に上げるのが精一杯。原監督は「当初予定していた山がハマらなかった。補欠も期待していましたが、きちっと仕上げなければいけなかった。私の責任です」と振り返る。

意地の3位にも、「上位にはこられましたけど、青学大は3位で喜べるチームではないと私も、学生たちも思っている」と常勝軍団のプライドがある。「真摯に受け止めてリベンジできるチームを作っていきたい」と、反撃を誓った。

◇第99回箱根駅伝(1月2、3日:東京・大手町←→神奈川・箱根町/10区間217.1km) 第99回箱根駅伝が行われ、連覇を狙った青学大は10時間54分25秒で3位だった。 絶大な選手層を誇る青学大をもってしても、やはり「箱根の山」は簡単ではなかった。5区を予定していた若林宏樹(2年)が体調不良。そこに6区予定だった脇田幸太朗(4年)を急きょ配置せざるを得ない状況に。結果、6区は補欠だった西川魁星(4年)が務めたが、区間20位と苦戦してしまう。 流れはなかなか引き戻せず、9区の岸本大紀(4年)が快走で3位に上げるのが精一杯。原監督は「当初予定していた山がハマらなかった。補欠も期待していましたが、きちっと仕上げなければいけなかった。私の責任です」と振り返る。 意地の3位にも、「上位にはこられましたけど、青学大は3位で喜べるチームではないと私も、学生たちも思っている」と常勝軍団のプライドがある。「真摯に受け止めてリベンジできるチームを作っていきたい」と、反撃を誓った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

NEWS 五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

2024.07.17

五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、パリ五輪3000m障害代表の三浦龍司(SUBARU)が男子5000mA組に出場し、13分31秒61で6位に入った。 今季の三浦は5月以降、海外 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top