HOME 学生長距離

2022.12.20

箱根駅伝Stories/順大“新時代のクインテット”&世界基準のスピードスターが16年ぶりの総合Vへ導く
箱根駅伝Stories/順大“新時代のクインテット”&世界基準のスピードスターが16年ぶりの総合Vへ導く

順大を牽引する4年生世代

箱根駅伝Stories

新春の風物詩・箱根駅伝に挑む選手やチームを取り上げる「箱根駅伝Stories」。12月19日から区間エントリーが発表される29日まで、全校の特集記事を掲載していく。

前回準優勝の順大は、学生駅伝3冠を目標に新チームがスタート。しかし、ここまでの学生駅伝は出雲5位、全日本4位とメダルにも届かなかった。箱根こそは……。かつて2000年度に3冠を成し遂げた名門が16年ぶりの頂点を狙う。

最強クインテットが再結成

これまで箱根駅伝総合優勝11回を誇る名門・順大の象徴“茄子紺”のユニフォームが16年ぶりの頂点を視界に捉えている。その中心が、長門俊介駅伝監督が「令和のクインテット」と呼ぶ4年生だ。

2000年度、順大は学生三大駅伝で史上2校目の「3冠」を達するなど、2000年前後、駒大との“紫紺対決”は学生駅伝界において群を抜く強さだった。その当時、チームの中核を担ったのが、今年のクイーンズ駅伝を制した資生堂監督の岩水嘉孝、昨年の同大会を制した積水化学監督の野口英盛、入船満(宮崎・日章学園監督)、奥田真一郎、坂井智則の5人。まさに順大の強さを象徴する「クインテット」だった。

そして、今季チームには再び力のある4年生が揃う。伊豫田達弥、野村優作、四釜峻佑、西澤侑真、平駿介。長門監督は「スーパーエースこそいませんが、全員がエース級」と信頼を置く面々だ。

なかでも伊豫田の存在感は大きい。10000mの自己記録は、今回のエントリーに入った日本人選手で8番目の28分06秒26。5月の関東インカレ1部でも同種目で優勝を飾っている。前回の箱根でも3区で歴代4位の1時間1分19秒で7人抜きを演じ、序盤で出遅れたチームのゲームチェンジャーとなっている。

今季は出雲3区区間8位、全日本7区区間6位と駅伝で本領発揮とはいかず、「エースとしての役割を遂行できていない」と反省するが、長門監督は、「特に全日本では『8区の四釜とセットでどう締めくくるか考えなさい』と伝えたなかで、後ろからハイペースできた近藤君(幸太郎/青学大)に積極的に挑んでいったのは、彼のエースとしての自覚が見えた」と評価している。

四釜は急成長を遂げた昨年度から出雲、全日本ではすべて最長区間のアンカーを任されるチーム随一のロードランナー。野村は2年生の頃からチームの主力として活躍し、前々回では2区を1時間8分05秒(区間10位)で走破。西澤も1年から3年連続で箱根を走っており、いずれも復路で〝いぶし銀〟の働きを見せている。下級生の頃は故障などで出遅れていたが、一番最後に台頭してきた平はムードメーカーでもあり、これまで三大駅伝で3度1区を担当する。それぞれ異なるタイプがそろい、駅伝主将を務める西澤も「特徴、個性が違うメンバーが互いを高め合って強くなってきた」と自負する。

次のページ 最後の箱根で輝きを放てるか

箱根駅伝Stories 新春の風物詩・箱根駅伝に挑む選手やチームを取り上げる「箱根駅伝Stories」。12月19日から区間エントリーが発表される29日まで、全校の特集記事を掲載していく。 前回準優勝の順大は、学生駅伝3冠を目標に新チームがスタート。しかし、ここまでの学生駅伝は出雲5位、全日本4位とメダルにも届かなかった。箱根こそは……。かつて2000年度に3冠を成し遂げた名門が16年ぶりの頂点を狙う。

最強クインテットが再結成

これまで箱根駅伝総合優勝11回を誇る名門・順大の象徴“茄子紺”のユニフォームが16年ぶりの頂点を視界に捉えている。その中心が、長門俊介駅伝監督が「令和のクインテット」と呼ぶ4年生だ。 2000年度、順大は学生三大駅伝で史上2校目の「3冠」を達するなど、2000年前後、駒大との“紫紺対決”は学生駅伝界において群を抜く強さだった。その当時、チームの中核を担ったのが、今年のクイーンズ駅伝を制した資生堂監督の岩水嘉孝、昨年の同大会を制した積水化学監督の野口英盛、入船満(宮崎・日章学園監督)、奥田真一郎、坂井智則の5人。まさに順大の強さを象徴する「クインテット」だった。 そして、今季チームには再び力のある4年生が揃う。伊豫田達弥、野村優作、四釜峻佑、西澤侑真、平駿介。長門監督は「スーパーエースこそいませんが、全員がエース級」と信頼を置く面々だ。 なかでも伊豫田の存在感は大きい。10000mの自己記録は、今回のエントリーに入った日本人選手で8番目の28分06秒26。5月の関東インカレ1部でも同種目で優勝を飾っている。前回の箱根でも3区で歴代4位の1時間1分19秒で7人抜きを演じ、序盤で出遅れたチームのゲームチェンジャーとなっている。 今季は出雲3区区間8位、全日本7区区間6位と駅伝で本領発揮とはいかず、「エースとしての役割を遂行できていない」と反省するが、長門監督は、「特に全日本では『8区の四釜とセットでどう締めくくるか考えなさい』と伝えたなかで、後ろからハイペースできた近藤君(幸太郎/青学大)に積極的に挑んでいったのは、彼のエースとしての自覚が見えた」と評価している。 四釜は急成長を遂げた昨年度から出雲、全日本ではすべて最長区間のアンカーを任されるチーム随一のロードランナー。野村は2年生の頃からチームの主力として活躍し、前々回では2区を1時間8分05秒(区間10位)で走破。西澤も1年から3年連続で箱根を走っており、いずれも復路で〝いぶし銀〟の働きを見せている。下級生の頃は故障などで出遅れていたが、一番最後に台頭してきた平はムードメーカーでもあり、これまで三大駅伝で3度1区を担当する。それぞれ異なるタイプがそろい、駅伝主将を務める西澤も「特徴、個性が違うメンバーが互いを高め合って強くなってきた」と自負する。 次のページ 最後の箱根で輝きを放てるか

最後の箱根で輝きを放てるか

順当にいけば、伊豫田は3年連続での3区、四釜も昨年に続いての5区出走が濃厚。1学年下で前々回、前回と4区で好走している石井一希を含め、「3~5区は他校に対して勝負できる区間」と伊豫田は言う。 前回は大会前に調子が上がらず、本番でも「前半からオーバーペースで入ってしまい、後半粘り切ることができなかった」と反省する四釜も、「本来の走りをすれば1時間10分切りのポテンシャルは十分ある」と長門監督。その走りが実現すれば、一気に往路優勝の道も拓けてくる。 [caption id="attachment_89172" align="alignnone" width="800"] 5区で区間新を視野に入れる四釜峻佑[/caption] 一方、西澤は全日本で6区区間新(区間2位)をマークして好調を維持する。今回は復路のキーマンとなりそうだ。野村は往路なら2区が有力だが、前回同様に復路の勝負区間に回ることも可能。前回1区で18位と伸び悩んだ平も、長門監督は「前回は調整段階でうまくいかなかった部分がある」と同じ轍を踏むつもりはない。一方で単独走で走れる力もあり、こちらもチーム状況次第で復路で力を発揮しそうだ。 チームの浮沈を握る4年生に対し、長門監督は「今季だけを見ると成長曲線は緩やかになっていますが、ベースがしっかりあって、着実に力はつけています。あとは持っている力をしっかり放出できるか。勝ちたい気持ちも強く持てるかだけです」と最後の箱根へ向け奮起を促す。

スピードスター・三浦が起爆剤

その4年生へつなぐ序盤のキーマンが三浦龍司(3年)だ。昨年の東京五輪3000m障害7位に入った逸材は、今季もトラックではオレゴン世界選手権出場、ダイヤモンドリーグ・ファイナル4位と世界の舞台で結果を残し、駅伝でも出雲2区区間新(2位)、全日本2区区間3位と序盤でしっかりと流れを作っている。 3度目の箱根路は1区か2区か。長門監督は「ゲームチェンジャーとまでは考えず、トラックでやってきた流れをそのまま生かせれば」と過度な要求をしない。ただ、三浦の快走が1つの起爆剤となることは間違いない。 学生長距離界屈指のスピードスターの勢いと、その流れをさらに加速させる“新時代のクインテット”。すべてが融合したとき、16年ぶりの歓喜が近づいてくる。 [caption id="attachment_89173" align="alignnone" width="800"] 16年ぶりの総合制覇へチームの雰囲気も良い[/caption] 文/田中 葵

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

NEWS 男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

2024.06.12

男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ北信越地区大会(新潟、長野、富山、石川、福井)は6月13日から16日までの4日間、新潟市の新潟スタジアム(デンカビッグスワンス […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top