HOME 駅伝、箱根駅伝

2022.12.10

【箱根駅伝エントリー】法大は大黒柱の内田隼太、小泉樹、山経験の細迫&武田も順当 成長株の松永伶は初の箱根路へ
【箱根駅伝エントリー】法大は大黒柱の内田隼太、小泉樹、山経験の細迫&武田も順当 成長株の松永伶は初の箱根路へ

前回10位の法大はエースに成長した内田隼太らで連続シードを狙う

第99回箱根駅伝(2023年1月2日、3日)のチームエントリー16名が12月10日に発表された。

前回10位の法大は、全日本大学駅伝の出場は逃したものの、出雲駅伝は過去最高タイの7位に食い込んでいる。

その立役者となった主将でエースの内田隼太(4年)をはじめ、出雲1区6位と好走した松本康汰(4年)、11月のMARCH対抗戦で28分台をマークし、勢いがある中園慎太朗(4年)や宗像直輝(3年)、前回1年生で3区を任された小泉樹(2年)らが順当に登録された。

さらに、今季の成長株、松永伶(3年)は、初の箱根駅伝に向けてメンバー入りを果たした。5月の関東インカレでは5000mで順大の三浦龍司らを相手に大胆なレースを展開。11月の上尾ハーフでは1時間2分3秒の法大タイ記録で4位に入っており、主要区間起用のメドが立つ。

前回、5区、6区を務めた細迫海気(3年)、武田和馬(2年)も順当にエントリーされた。武田は、前回1年生にして、6区2位と好走。2年連続で同じ区間とは限らないが、特殊区間で計算が立つのは大きい。

今季なかなか出番がなかった川上有生(4年)が無事にエントリーされた一方で、前回4区8位と好走した河田太一平(4年)はメンバーから外れた。とはいえ、中間層は確実に昨年度よりも厚みを増しており、連続シード権へ視界は開けている。

12月29日に区間エントリー10人と補員6人が発表。1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。往路、復路合わせて当日変更は6人までで、1日最大4人まで変更できる。

●法大のエントリー選手は次ページ

第99回箱根駅伝(2023年1月2日、3日)のチームエントリー16名が12月10日に発表された。 前回10位の法大は、全日本大学駅伝の出場は逃したものの、出雲駅伝は過去最高タイの7位に食い込んでいる。 その立役者となった主将でエースの内田隼太(4年)をはじめ、出雲1区6位と好走した松本康汰(4年)、11月のMARCH対抗戦で28分台をマークし、勢いがある中園慎太朗(4年)や宗像直輝(3年)、前回1年生で3区を任された小泉樹(2年)らが順当に登録された。 さらに、今季の成長株、松永伶(3年)は、初の箱根駅伝に向けてメンバー入りを果たした。5月の関東インカレでは5000mで順大の三浦龍司らを相手に大胆なレースを展開。11月の上尾ハーフでは1時間2分3秒の法大タイ記録で4位に入っており、主要区間起用のメドが立つ。 前回、5区、6区を務めた細迫海気(3年)、武田和馬(2年)も順当にエントリーされた。武田は、前回1年生にして、6区2位と好走。2年連続で同じ区間とは限らないが、特殊区間で計算が立つのは大きい。 今季なかなか出番がなかった川上有生(4年)が無事にエントリーされた一方で、前回4区8位と好走した河田太一平(4年)はメンバーから外れた。とはいえ、中間層は確実に昨年度よりも厚みを増しており、連続シード権へ視界は開けている。 12月29日に区間エントリー10人と補員6人が発表。1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。往路、復路合わせて当日変更は6人までで、1日最大4人まで変更できる。 ●法大のエントリー選手は次ページ
■法大のエントリー選手16名(カッコ内は学年、出身校) ◎前回10位、出雲7位、全日本不出場 内田 隼太(4年/法政二高・神奈川) 扇   育(4年/松浦高・長崎) 川上 有生(4年/東北高・宮城) 中園慎太朗(4年/八千代松陰高・千葉) 松本 康汰(4年/愛知高・愛知) 山本 恭澄(4年/伊賀白鳳高・三重) 高須賀大勢(3年/専大松戸高・千葉) 細迫 海気(3年/世羅高・広島) 松永  伶(3年/専大松戸高・千葉) 宗像 直輝(3年/東農大二高・群馬) 上仮屋雄太(2年/須磨学園高・兵庫) 小泉  樹(2年/國學院久我山高・東京) 髙橋 一颯(2年/名経大高蔵高・愛知) 武田 和馬(2年/一関学院高・岩手) 宮岡 幸大(2年/宇和島東高・愛媛) 清水 郁杜(1年/米子松蔭高・鳥取)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

円盤投全国トップの田窪一翔 100m10秒5台の畠中とマルティネスの対決 走幅跳全国4位の山崎りりや登場/IH四国

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ四国地区大会は6月15日から17日までの3日間、高知県の春野総合運動公園陸上競技場で開かれる。 男子の注目種目は円盤投。田窪一 […]

NEWS 五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

2024.06.13

五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

“学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権が6月14日(金)から16日(日)までの3日間、神奈川・レモンガススタジアム平塚で行われる。学校対抗のインカレとは違った趣のナンバーワン決定戦。注目の選手たちを見ていこう。 […]

NEWS インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top