HOME 海外

2022.12.09

米国のロバーツがドーピング違反で16ヵ月の資格停止処分 リオ五輪4×400mR金メダリスト
米国のロバーツがドーピング違反で16ヵ月の資格停止処分 リオ五輪4×400mR金メダリスト

ドーピング違反で資格停止処分を受けたロバーツ  写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

12月8日、米国アンチ・ドーピング機構(USADA)は男子短距離のギル・ロバーツ(米国)にドーピング違反があり、16ヵ月間の資格停止処分を科すことを発表した。今年5月の検体から禁止物質のアンダリンとオスタリンの陽性反応があったことが理由。

ロバーツは16年リオ五輪の男子4×400mリレー米国チームの3走を務め、金メダルを獲得していた。ほかにも14年全米選手権400mで優勝。国際大会では男子4×400mリレー米国チームの一員として出走し、12年世界室内選手権と17年ドーハ世界選手権では、それぞれ金、銀のメダルを獲得している。400mのベストは44秒22(17年)だった。昨年の全米五輪選考会では400m予選敗退で、それ以降はWAに登録されている競技結果は残っていない。

ロバーツは17年にも禁止物質の陽性反応があったが、ガールフレンドとのキスによるためだと弁明。その主張が受け入れられたため処分は成立しなかった。

12月8日、米国アンチ・ドーピング機構(USADA)は男子短距離のギル・ロバーツ(米国)にドーピング違反があり、16ヵ月間の資格停止処分を科すことを発表した。今年5月の検体から禁止物質のアンダリンとオスタリンの陽性反応があったことが理由。 ロバーツは16年リオ五輪の男子4×400mリレー米国チームの3走を務め、金メダルを獲得していた。ほかにも14年全米選手権400mで優勝。国際大会では男子4×400mリレー米国チームの一員として出走し、12年世界室内選手権と17年ドーハ世界選手権では、それぞれ金、銀のメダルを獲得している。400mのベストは44秒22(17年)だった。昨年の全米五輪選考会では400m予選敗退で、それ以降はWAに登録されている競技結果は残っていない。 ロバーツは17年にも禁止物質の陽性反応があったが、ガールフレンドとのキスによるためだと弁明。その主張が受け入れられたため処分は成立しなかった。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)2日目 福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の2日目が行われ、女子1500mは上位3人が4分20秒を切るハイレベルのな […]

NEWS U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、第40回U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の […]

NEWS 日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top