HOME 国内

2022.12.05

やり投・北口榛花が世界目指す後輩たちへ“金言”「本物を見るために海外に出て」ダイヤモンドアスリート認定式出席
やり投・北口榛花が世界目指す後輩たちへ“金言”「本物を見るために海外に出て」ダイヤモンドアスリート認定式出席

北口が認定証の盾を授与

日本陸連が「国際大会における活躍が大いに期待できる次世代の競技者の強化育成」を図るダイヤモンドアスリートの第9期認定式が12月5日に都内で行われた。

競技力はもちろん、「豊かな人間性を持つ国際人となる人材」の育成を目的に2014-15年にスタートした制度。これまで、女子やり投の北口榛花(JAL)や男子短距離のサニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)、男子走幅跳の橋岡優輝(富士通)らがプログラムを受け、その後世界で活躍を遂げるアスリートへと成長した。

今回、新たに男子棒高跳の北田琉偉(大塚高3大阪)と女子中長距離の澤田結弥(浜松市立高2静岡)が認定。その認定式にゲストとして招かれたのがダイヤモンドアスリート1期生の北口で、“後輩”に向けてエースを送った。

北口は認定者と修了者に盾を授与し、壇上で挨拶。1期として選ばれた時は陸上を始めて1年と少しで、「突然呼ばれて、何かまずいことをしたかなと思ったのを覚えています」と振り返る。

元々、海外志向が強かった北口。英会話や栄養面でのサポートや、「リーダーシッププログラム」としてさまざまな分野の人の話を聞いた。さらに海外遠征の支援も受け、「たくさん海外に行くこともでき、プログラムの延長として現在チェコを拠点に活動することにつながっています。プログラムのたびに背中を押された」と語る。

後輩たちに向けて「日本にとどまることなく、世界で活躍されることを期待しています。一緒に日本代表として競技できたら楽しいです。プログラム、一つひとつを有意義な時間にして競技につなげてほしいです」とエールを送った。

さらに、この日のプログラムにも参加。陸上を始めた経緯や海外での過ごし方など、さまざまな経験を伝え、誰も成し遂げたことがない目標に向け、「今までの日本人がやっていないことをしないと目標は達成できない」と道を切り開いてきた

北口は取材に応じ海外経験をして感じたこととして、「SNSなどで選手や指導者が解説などを公開していて、海外に行かなくても日本で見られると思う人もいるかもしれませんが、実際には言葉だけでは全部は理解できない。本物を見るために海外に出てほしいです」と言う。

プログラムを通して印象に残っているのは、400mハードル日本記録保持者の為末大さんとのエピソード。「海外を拠点にしようか迷っている時に相談して、不安も大きかったのですが背中を押していただきました」と明かした。

今年はオレゴン世界選手権で銅メダルを獲得し、ダイヤモンドリーグ・ファイナルでも3位に食い込むなど活躍。来季に向けて年明けから離日する予定で、「ブダペスト世界選手権ではメダルを狙って取れるように頑張りたい。100mにいつも(注目度で)先を行かれるので、やり投も100mに追いつけるようにしたいです」と目標を話した。

日本陸連が「国際大会における活躍が大いに期待できる次世代の競技者の強化育成」を図るダイヤモンドアスリートの第9期認定式が12月5日に都内で行われた。 競技力はもちろん、「豊かな人間性を持つ国際人となる人材」の育成を目的に2014-15年にスタートした制度。これまで、女子やり投の北口榛花(JAL)や男子短距離のサニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)、男子走幅跳の橋岡優輝(富士通)らがプログラムを受け、その後世界で活躍を遂げるアスリートへと成長した。 今回、新たに男子棒高跳の北田琉偉(大塚高3大阪)と女子中長距離の澤田結弥(浜松市立高2静岡)が認定。その認定式にゲストとして招かれたのがダイヤモンドアスリート1期生の北口で、“後輩”に向けてエースを送った。 北口は認定者と修了者に盾を授与し、壇上で挨拶。1期として選ばれた時は陸上を始めて1年と少しで、「突然呼ばれて、何かまずいことをしたかなと思ったのを覚えています」と振り返る。 元々、海外志向が強かった北口。英会話や栄養面でのサポートや、「リーダーシッププログラム」としてさまざまな分野の人の話を聞いた。さらに海外遠征の支援も受け、「たくさん海外に行くこともでき、プログラムの延長として現在チェコを拠点に活動することにつながっています。プログラムのたびに背中を押された」と語る。 後輩たちに向けて「日本にとどまることなく、世界で活躍されることを期待しています。一緒に日本代表として競技できたら楽しいです。プログラム、一つひとつを有意義な時間にして競技につなげてほしいです」とエールを送った。 さらに、この日のプログラムにも参加。陸上を始めた経緯や海外での過ごし方など、さまざまな経験を伝え、誰も成し遂げたことがない目標に向け、「今までの日本人がやっていないことをしないと目標は達成できない」と道を切り開いてきた 北口は取材に応じ海外経験をして感じたこととして、「SNSなどで選手や指導者が解説などを公開していて、海外に行かなくても日本で見られると思う人もいるかもしれませんが、実際には言葉だけでは全部は理解できない。本物を見るために海外に出てほしいです」と言う。 プログラムを通して印象に残っているのは、400mハードル日本記録保持者の為末大さんとのエピソード。「海外を拠点にしようか迷っている時に相談して、不安も大きかったのですが背中を押していただきました」と明かした。 今年はオレゴン世界選手権で銅メダルを獲得し、ダイヤモンドリーグ・ファイナルでも3位に食い込むなど活躍。来季に向けて年明けから離日する予定で、「ブダペスト世界選手権ではメダルを狙って取れるように頑張りたい。100mにいつも(注目度で)先を行かれるので、やり投も100mに追いつけるようにしたいです」と目標を話した。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

東京マラソン2025の概要発表!来年3月2日、38000人規模で開催 8月16日から一般エントリー開始予定

東京マラソン財団は6月24日、定時理事会を開き、東京マラソン2025の大会要項を発表した。 東京マラソン2025は来年3月2日に開催。定員は38000人でフルマラソンは37500人。応募スケジュールの予定も発表され、6月 […]

NEWS 注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

NEWS 2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

2024.06.24

2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

世界陸連(WA)は6月22日、2028年に開催されるロサンゼルス五輪について、陸上を第一週に実施することを発表した。マラソンとメダル授与については最終週に行う伝統を維持するとしている。 これまで第一週に水泳、第二週に陸上 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top