HOME 駅伝

2022.11.27

松田瑞生 結婚後初レース1区でシードに貢献 来年は「世界陸上とMGC両方チャレンジ」/クイーンズ駅伝
松田瑞生 結婚後初レース1区でシードに貢献 来年は「世界陸上とMGC両方チャレンジ」/クイーンズ駅伝

◇クイーンズ駅伝in宮城(11月27日/宮城・松島~仙台、6区間42.195km)

全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝)が11月27日に行われ、オレゴン世界選手権マラソン9位の松田瑞生(ダイハツ)が1区を務めて区間5位と流れを作り、チームの総合5位でシード権獲得に貢献した。

今年9月に結婚を発表した松田。スタート前には指輪をアピールするなど松田らしい茶目っけを見せていた。オレゴン世界選手権後は休養し、「1ヵ月半前から走り始めました」と言う。

もともとはアンカーを予定していたそうだが、1区候補だったチームメイトの体調不良もあって急きょ1区へ。「途中で集団を引っ張るかたちになったわりには良かったと思います」と、自身の走りを振り返る。

今年は1月の大阪国際女子マラソンで2時間20分52秒をマークして優勝。オレゴンではともに選ばれた一山麻緒(資生堂)、新谷仁美(積水化学)が欠場するなか、一人で世界に挑んで入賞まであと一歩に迫った。

目指してきた東京五輪を逃した思いは今も消えない。オレゴンのレース後は涙を浮かべて「また世界へ挑戦したい」と決意を語っていた。「今後はマラソンで記録を狙いたい。3大大会(大阪、名古屋、東京)のどこかで考えています」と調整していく。

来年はブダペスト世界選手権が8月に、そしてパリ五輪選考会のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)が秋に行われる。42.195kmを兼ねるには厳しいスケジュールだが、「両方にチャレンジするつもりです」と松田は宣言した。

「簡単なことではないのはわかっていますが、ドキドキ感を感じながら挑戦したいです」

世界と勝負するため、そして高校生の頃から夢に描き続けるオリンピックで力を発揮するために。松田らしく突き進んでいく。

※事実関係に誤りがありましたので訂正しました。

◇クイーンズ駅伝in宮城(11月27日/宮城・松島~仙台、6区間42.195km) 全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝)が11月27日に行われ、オレゴン世界選手権マラソン9位の松田瑞生(ダイハツ)が1区を務めて区間5位と流れを作り、チームの総合5位でシード権獲得に貢献した。 今年9月に結婚を発表した松田。スタート前には指輪をアピールするなど松田らしい茶目っけを見せていた。オレゴン世界選手権後は休養し、「1ヵ月半前から走り始めました」と言う。 もともとはアンカーを予定していたそうだが、1区候補だったチームメイトの体調不良もあって急きょ1区へ。「途中で集団を引っ張るかたちになったわりには良かったと思います」と、自身の走りを振り返る。 今年は1月の大阪国際女子マラソンで2時間20分52秒をマークして優勝。オレゴンではともに選ばれた一山麻緒(資生堂)、新谷仁美(積水化学)が欠場するなか、一人で世界に挑んで入賞まであと一歩に迫った。 目指してきた東京五輪を逃した思いは今も消えない。オレゴンのレース後は涙を浮かべて「また世界へ挑戦したい」と決意を語っていた。「今後はマラソンで記録を狙いたい。3大大会(大阪、名古屋、東京)のどこかで考えています」と調整していく。 来年はブダペスト世界選手権が8月に、そしてパリ五輪選考会のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)が秋に行われる。42.195kmを兼ねるには厳しいスケジュールだが、「両方にチャレンジするつもりです」と松田は宣言した。 「簡単なことではないのはわかっていますが、ドキドキ感を感じながら挑戦したいです」 世界と勝負するため、そして高校生の頃から夢に描き続けるオリンピックで力を発揮するために。松田らしく突き進んでいく。 ※事実関係に誤りがありましたので訂正しました。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

NEWS 2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

2024.06.24

2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

世界陸連(WA)は6月22日、2028年に開催されるロサンゼルス五輪について、陸上を第一週に実施することを発表した。マラソンとメダル授与については最終週に行う伝統を維持するとしている。 これまで第一週に水泳、第二週に陸上 […]

NEWS 全米最速はライルズ!自己タイ9秒83で100m初の五輪切符 2位ベドナレク、3位カーリーが代表入り 4位コールマン落選/全米五輪選考会

2024.06.24

全米最速はライルズ!自己タイ9秒83で100m初の五輪切符 2位ベドナレク、3位カーリーが代表入り 4位コールマン落選/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6月21~30日/米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100mはノア・ライルズが自己タイの9秒83(+0.4)で制し、この種目で初の五輪出場権を手に […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top