HOME 国内

2022.11.12

田中希実1マイルに続き5kmも出走 日本記録を上回る15分34秒/The Fst in Fukuoka 2022
田中希実1マイルに続き5kmも出走 日本記録を上回る15分34秒/The Fst in Fukuoka 2022

◇The Fst in Fukuoka 2022(11月12日/福岡・大濠公園)

女子5km(ロード走)で田中希実(豊田自動織機)が15分34秒で2位。従来の日本記録は、2006年の世界ロードランニング選手権(20kmレース)で福士加代子(ワコール)が5km通過時にマークした15分39秒で、田中は16年ぶりに5秒短縮した。

午前10時の1マイル(1609.344m)から3時間足らずのレースとなった田中。テレシア・ムッソーニとムワンギ・レベッカ(いずれもダイソー)とともにスタートしてすぐに抜け出した。中盤でムッソーニが飛び出し、田中はレベッカと2位争い。終盤にペースアップしてレベッカを振り切った。ムッソー二の優勝タイムは15分22秒。

田中は「こういう機会を与えていただいたお陰で出たタイム。こういったレースが増えていったら力不足のタイムだと思うが、ひとまず動かす(タイムを更新する)ことができて良かったです」と話した。

「The Fst in Fukuoka 2022」は東京五輪男子マラソン6位の大迫傑(Nike)が代表取締役を務める「株式会社I」によるプロジェクトで、「アスリートの可能性を拓き、アスリートが地域の可能性を拓く」がコンセプトによる取り組みの一環。大迫は大会の会長として企画、運営にあたっている。「5kmにおいて世界に並ぶ選手を輩出すること、ならびに中距離選手に活躍の場を提供すること」が目的で、日本ではレース機会が少ない1マイルや5kmのロードレースを実施した。

※今大会の5kmは日本陸連公認となっている。

◇The Fst in Fukuoka 2022(11月12日/福岡・大濠公園) 女子5km(ロード走)で田中希実(豊田自動織機)が15分34秒で2位。従来の日本記録は、2006年の世界ロードランニング選手権(20kmレース)で福士加代子(ワコール)が5km通過時にマークした15分39秒で、田中は16年ぶりに5秒短縮した。 午前10時の1マイル(1609.344m)から3時間足らずのレースとなった田中。テレシア・ムッソーニとムワンギ・レベッカ(いずれもダイソー)とともにスタートしてすぐに抜け出した。中盤でムッソーニが飛び出し、田中はレベッカと2位争い。終盤にペースアップしてレベッカを振り切った。ムッソー二の優勝タイムは15分22秒。 田中は「こういう機会を与えていただいたお陰で出たタイム。こういったレースが増えていったら力不足のタイムだと思うが、ひとまず動かす(タイムを更新する)ことができて良かったです」と話した。 「The Fst in Fukuoka 2022」は東京五輪男子マラソン6位の大迫傑(Nike)が代表取締役を務める「株式会社I」によるプロジェクトで、「アスリートの可能性を拓き、アスリートが地域の可能性を拓く」がコンセプトによる取り組みの一環。大迫は大会の会長として企画、運営にあたっている。「5kmにおいて世界に並ぶ選手を輩出すること、ならびに中距離選手に活躍の場を提供すること」が目的で、日本ではレース機会が少ない1マイルや5kmのロードレースを実施した。 ※今大会の5kmは日本陸連公認となっている。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

NEWS 男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

2024.06.12

男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ北信越地区大会(新潟、長野、富山、石川、福井)は6月13日から16日までの4日間、新潟市の新潟スタジアム(デンカビッグスワンス […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top