HOME 国内、大学

2022.10.31

走幅跳・鳥海勇斗が8m11!学生歴代6位、17人目の8m超え!アツオビンが自己タイ、林美希13秒51
走幅跳・鳥海勇斗が8m11!学生歴代6位、17人目の8m超え!アツオビンが自己タイ、林美希13秒51

10月30日に行われた日大競技会の男子走幅跳で、鳥海勇斗(日大)が8m11 (+1.1)をマークした。この記録は学生歴代6位で、学生人17人目の8mオーバーとなる。

鳥海は千葉・東京学館船橋高出身で、中学時代は走高跳が専門だった。20、21年に跳んだ7m88がこれまでのベスト。大学2年だった昨年は関東インカレで初優勝し、追い風参考ながら7m99(+4.8)を跳んでいる。今季はケガで関東インカレ欠場、日本インカレも入賞できないなど苦しんでいた。

10月29日の熊本陸協記録会の男子砲丸投で、アツオビン・ジェイソン(福岡大)が18m42をプット。学生歴代3位、日本歴代7位の自己記録に並ぶ好記録だった。

東海高校新人が行われ、初日の10月29日には男子3000m障害で 辻本桜寿(浜松開誠館高2静岡)が、高2歴代2位の8分49秒32をマーク。女子100mハードルではインターハイなど高校タイトルを総なめにした 林美希(中京大中京2)13秒51(0.9)の大会新で制している。

2日目には女子ハンマー投では川本菜々香(三好高2愛知)が高2歴代5位の52m89で制した。

■男子走幅跳 学生歴代10傑
8.32 1.6 橋岡 優輝(日大3)    2019. 8.17
8.25 1.6 森長 正樹(日大3)    1992. 5. 5
8.23 0.6 津波 響樹(東洋大4)   2019. 8.17
8.14 1.7 吉田 弘道(立命大4)   2021. 7.11
8.13 0.7 朝原 宣治(同大3)    1993.12. 3
8.11 1.1 鳥海 勇斗(日大3)    2022.10.30
8.10 1.6 臼井 淳一(順大)     1979. 7. 6
8.08 2.0 下野伸一郎(福岡大4)   2012. 7.14
8.06 1.9 荒川 大輔(同大3)    2002. 5. 3
8.06 1.9 山川 夏輝(日大4)    2017. 9. 9

10月30日に行われた日大競技会の男子走幅跳で、鳥海勇斗(日大)が8m11 (+1.1)をマークした。この記録は学生歴代6位で、学生人17人目の8mオーバーとなる。 鳥海は千葉・東京学館船橋高出身で、中学時代は走高跳が専門だった。20、21年に跳んだ7m88がこれまでのベスト。大学2年だった昨年は関東インカレで初優勝し、追い風参考ながら7m99(+4.8)を跳んでいる。今季はケガで関東インカレ欠場、日本インカレも入賞できないなど苦しんでいた。 10月29日の熊本陸協記録会の男子砲丸投で、アツオビン・ジェイソン(福岡大)が18m42をプット。学生歴代3位、日本歴代7位の自己記録に並ぶ好記録だった。 東海高校新人が行われ、初日の10月29日には男子3000m障害で 辻本桜寿(浜松開誠館高2静岡)が、高2歴代2位の8分49秒32をマーク。女子100mハードルではインターハイなど高校タイトルを総なめにした 林美希(中京大中京2)13秒51(0.9)の大会新で制している。 2日目には女子ハンマー投では川本菜々香(三好高2愛知)が高2歴代5位の52m89で制した。 ■男子走幅跳 学生歴代10傑 8.32 1.6 橋岡 優輝(日大3)    2019. 8.17 8.25 1.6 森長 正樹(日大3)    1992. 5. 5 8.23 0.6 津波 響樹(東洋大4)   2019. 8.17 8.14 1.7 吉田 弘道(立命大4)   2021. 7.11 8.13 0.7 朝原 宣治(同大3)    1993.12. 3 8.11 1.1 鳥海 勇斗(日大3)    2022.10.30 8.10 1.6 臼井 淳一(順大)     1979. 7. 6 8.08 2.0 下野伸一郎(福岡大4)   2012. 7.14 8.06 1.9 荒川 大輔(同大3)    2002. 5. 3 8.06 1.9 山川 夏輝(日大4)    2017. 9. 9

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

NEWS 男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

2024.06.12

男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ北信越地区大会(新潟、長野、富山、石川、福井)は6月13日から16日までの4日間、新潟市の新潟スタジアム(デンカビッグスワンス […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top