HOME 駅伝

2022.10.25

日大前駅伝監督・小川聡氏が65歳で死去 出雲駅伝連覇など2000年代に隆盛期築く
日大前駅伝監督・小川聡氏が65歳で死去 出雲駅伝連覇など2000年代に隆盛期築く

今年4月から7月末まで日大の駅伝監督を務めた小川聡氏が24日午後、肝硬変のため神奈川県内の自宅で亡くなった。65歳だった。

小川氏は1957年神奈川県生まれ。日大在学時の1977年~80年には主力として4年連続で箱根駅伝に出場した経歴を持つ。

卒業後は日産自動車で競技を続け、89年に日大のコーチに就任。同年行われた第1回出雲駅伝(当時の大会名は平成記念出雲くにびき大学招待クロスカントリーリレーフェスティバル)、91年の全日本大学駅伝で優勝を果たした。その後は横浜銀行の女子監督を経て、2001年に日大コーチ、翌年に駅伝監督に就任。03年~04年に出雲駅伝連覇、05年に全日本優勝と高い指導力を発揮した。

08年に退任後は13年~16年にも再登板しており、今年で3度目の駅伝監督就任。2年連続で学生駅伝から遠ざかっていたチームを短期間で立て直し、6月の全日本大学駅伝選考会では7位で3年ぶりに伊勢路へ返り咲いた。

その後、自身の体調が悪化したこともあり、今年7月31日付けで辞任。13位で敗退した10月の箱根駅伝予選会では、陸上競技部全体の監督を務める短距離専門の井部誠一氏が現場を統括していた。

年間を通じて箱根駅伝に向けた練習を行う指導方針で、数々の名選手を実業団に送り込んだ。主な教え子には箱根駅伝出走経験を持つ俳優の和田正人や、09年ベルリン世界選手権マラソン代表の清水将也、同年の日本選手権10000mで優勝した岩井勇輝のほか、19年のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で6位に入った竹ノ内佳樹(NTT西日本)がいる。

通夜は10月29日(土)午後6時から、告別式は30日(日)午前11時から、いずれも神奈川県藤沢市の「カルチャーBONDS藤沢」にて行われる。

今年4月から7月末まで日大の駅伝監督を務めた小川聡氏が24日午後、肝硬変のため神奈川県内の自宅で亡くなった。65歳だった。 小川氏は1957年神奈川県生まれ。日大在学時の1977年~80年には主力として4年連続で箱根駅伝に出場した経歴を持つ。 卒業後は日産自動車で競技を続け、89年に日大のコーチに就任。同年行われた第1回出雲駅伝(当時の大会名は平成記念出雲くにびき大学招待クロスカントリーリレーフェスティバル)、91年の全日本大学駅伝で優勝を果たした。その後は横浜銀行の女子監督を経て、2001年に日大コーチ、翌年に駅伝監督に就任。03年~04年に出雲駅伝連覇、05年に全日本優勝と高い指導力を発揮した。 08年に退任後は13年~16年にも再登板しており、今年で3度目の駅伝監督就任。2年連続で学生駅伝から遠ざかっていたチームを短期間で立て直し、6月の全日本大学駅伝選考会では7位で3年ぶりに伊勢路へ返り咲いた。 その後、自身の体調が悪化したこともあり、今年7月31日付けで辞任。13位で敗退した10月の箱根駅伝予選会では、陸上競技部全体の監督を務める短距離専門の井部誠一氏が現場を統括していた。 年間を通じて箱根駅伝に向けた練習を行う指導方針で、数々の名選手を実業団に送り込んだ。主な教え子には箱根駅伝出走経験を持つ俳優の和田正人や、09年ベルリン世界選手権マラソン代表の清水将也、同年の日本選手権10000mで優勝した岩井勇輝のほか、19年のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で6位に入った竹ノ内佳樹(NTT西日本)がいる。 通夜は10月29日(土)午後6時から、告別式は30日(日)午前11時から、いずれも神奈川県藤沢市の「カルチャーBONDS藤沢」にて行われる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

NEWS 男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

2024.06.12

男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ北信越地区大会(新潟、長野、富山、石川、福井)は6月13日から16日までの4日間、新潟市の新潟スタジアム(デンカビッグスワンス […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top