HOME 高校

2022.10.23

300m・平川慧32秒85の高校最高で連覇!「来年は200m20秒台、400m46秒台前半で走りたい」 /U18・16大会
300m・平川慧32秒85の高校最高で連覇!「来年は200m20秒台、400m46秒台前半で走りたい」 /U18・16大会

◇第16回U18・第57回U16陸上大会(10月21日~23日/愛媛・県総合運動公園陸上競技場)

広告の下にコンテンツが続きます

ュニア五輪を兼ねた第16回U18・第57回U16陸上大会の2日目、合わせて20種目の決勝が行われ、U18男子300mで連覇を飾った平川慧(コザ高2沖縄)が32秒85の高校最高をマークするなど7種目で10個の大会新記録が誕生するなど盛況だった。

 先日の国体少年A300mで高校歴代5位となる33秒18で2位に食い込んでいた平川。翌週に佐賀で行われた全九州新人の200mを自己ベストの21秒06(-0.6)で制するなど好調を維持し今大会を迎えていた。

「3週連続の試合で、過去イチで過酷なスケジュールでしたが、周囲のサポートもありコンディションを保って挑むことができました。連覇と32秒台を目標にしていたので、それを達成できてうれしい」と、国体でエケ・ジュニア瑠音(北海道栄高3)が作ったばかりの32秒86の高校最高を100分の1秒更新し笑顔が弾けた。

 レースは、9レーンに入った平川が、「来年のためにも、つぶれてもいいので最初から突っ込んでいこうと先生とも話していました。大外だったので逃げ切るしかないと、かえって集中できたのがよかった」と話すように、スタート直後から飛び出すと最後の直線に入っても大きな走りで逃げ切り勝ちを収めた。

広告の下にコンテンツが続きます

 中3時に全中の代替え試合となった秋の全国中学の400mを制している平川。昨年のインターハイでは1年生ながら400mで3位と活躍。今季は6月のU20日本選手権の400mで47秒05のベストをマークするなど順調なスタートを切ったものの、7月に体調を崩しインターハイは予選敗退。「悔しい思いをした分、気持ちを切らすことなく後半戦で盛り返し、来シーズンにつなげることができて良かった」と激動のシーズンを振り返る。

 今回の300mで高校最高をマークするなど200mから400mまでオールマイティにこなす。「来シーズンも種目を絞らず200~400mでベストを更新し、U20、インターハイ、国体のタイトルが取れるよう頑張りたい。まだまだいろいろ弱いので全体的なレベルアップを図り200mでは20秒台を安定して出せるようにすること、400mは46秒台前半で走れるようにしたいです」と力強く意気込みを話した。

U18男子300mハードルではU20日本記録(35秒75)保持者の渕上翔太(東福岡高2)が35秒94の大会新で貫録勝ち。U18女子300mでは予選で38秒42の大会新をマークした瀧野未来(京都橘高2)が38秒70で連覇を達成し、今季はインターハイ400mハードル、国体300mハードルに続き、すべて異なる種目で3つ目の全国タイトルを手にした。

そのほか、この日はU18女子1500mを4分22秒05の大会新で優勝した松本未空(鈴鹿高2)ら三重県勢が3種目を制して存在感を発揮した。

広告の下にコンテンツが続きます

●U18・16大会1日目の優勝者一覧
<U18男子>
300m 平川慧(コザ2沖縄)32秒85=高校最高、大会新
3000m 大場崇義(上伊那農高2長野)8分16秒86
300mH 渕上翔太(東福岡高2福岡)35秒94=大会新
走高跳 永瀬裕大(倉敷商高3岡山)2m10
棒高跳 牧野友哉(成田高2千葉)4m90
走幅跳 木住野幸大(八王子高2東京)7m42(+1.4)
<U18女子>
300m 瀧野未来(京都橘高2京都)38秒70(予選38秒42=大会新)
1500m 松本未空(鈴鹿高2三重)4分22秒05=大会新
300mH 中村真琴(光高3山口)41秒98=大会タイ
走高跳 森崎優希(明星学園高2東京)1m72
砲丸投 坂ちはる(大体大浪商高1大阪)14m31
やり投 櫻井希美(済美2岐阜)53m22
<U16男子>
150m 中村遥斗(萩商工高1山口)16秒27(+2.1)
棒高跳 谷口海斗(中京大中京高1愛知)4m71=大会新
走幅跳 佐々木景亮(今治立花中3愛媛)7m02(+1.1)
円盤投 東琉空(小俣中3三重)42m44
<U16女子>
150m 福岡梓音(中村学園女高1福岡)18秒22(+0.2)
走幅跳 成澤柚日(籔塚本町中3群馬)5m77
砲丸投 小川莉緒(東海中2三重)14m88
円盤投 川村羽海(幕別清陵高1北海道)39m49

◇第16回U18・第57回U16陸上大会(10月21日~23日/愛媛・県総合運動公園陸上競技場) ュニア五輪を兼ねた第16回U18・第57回U16陸上大会の2日目、合わせて20種目の決勝が行われ、U18男子300mで連覇を飾った平川慧(コザ高2沖縄)が32秒85の高校最高をマークするなど7種目で10個の大会新記録が誕生するなど盛況だった。  先日の国体少年A300mで高校歴代5位となる33秒18で2位に食い込んでいた平川。翌週に佐賀で行われた全九州新人の200mを自己ベストの21秒06(-0.6)で制するなど好調を維持し今大会を迎えていた。 「3週連続の試合で、過去イチで過酷なスケジュールでしたが、周囲のサポートもありコンディションを保って挑むことができました。連覇と32秒台を目標にしていたので、それを達成できてうれしい」と、国体でエケ・ジュニア瑠音(北海道栄高3)が作ったばかりの32秒86の高校最高を100分の1秒更新し笑顔が弾けた。  レースは、9レーンに入った平川が、「来年のためにも、つぶれてもいいので最初から突っ込んでいこうと先生とも話していました。大外だったので逃げ切るしかないと、かえって集中できたのがよかった」と話すように、スタート直後から飛び出すと最後の直線に入っても大きな走りで逃げ切り勝ちを収めた。  中3時に全中の代替え試合となった秋の全国中学の400mを制している平川。昨年のインターハイでは1年生ながら400mで3位と活躍。今季は6月のU20日本選手権の400mで47秒05のベストをマークするなど順調なスタートを切ったものの、7月に体調を崩しインターハイは予選敗退。「悔しい思いをした分、気持ちを切らすことなく後半戦で盛り返し、来シーズンにつなげることができて良かった」と激動のシーズンを振り返る。  今回の300mで高校最高をマークするなど200mから400mまでオールマイティにこなす。「来シーズンも種目を絞らず200~400mでベストを更新し、U20、インターハイ、国体のタイトルが取れるよう頑張りたい。まだまだいろいろ弱いので全体的なレベルアップを図り200mでは20秒台を安定して出せるようにすること、400mは46秒台前半で走れるようにしたいです」と力強く意気込みを話した。 U18男子300mハードルではU20日本記録(35秒75)保持者の渕上翔太(東福岡高2)が35秒94の大会新で貫録勝ち。U18女子300mでは予選で38秒42の大会新をマークした瀧野未来(京都橘高2)が38秒70で連覇を達成し、今季はインターハイ400mハードル、国体300mハードルに続き、すべて異なる種目で3つ目の全国タイトルを手にした。 そのほか、この日はU18女子1500mを4分22秒05の大会新で優勝した松本未空(鈴鹿高2)ら三重県勢が3種目を制して存在感を発揮した。 ●U18・16大会1日目の優勝者一覧 <U18男子> 300m 平川慧(コザ2沖縄)32秒85=高校最高、大会新 3000m 大場崇義(上伊那農高2長野)8分16秒86 300mH 渕上翔太(東福岡高2福岡)35秒94=大会新 走高跳 永瀬裕大(倉敷商高3岡山)2m10 棒高跳 牧野友哉(成田高2千葉)4m90 走幅跳 木住野幸大(八王子高2東京)7m42(+1.4) <U18女子> 300m 瀧野未来(京都橘高2京都)38秒70(予選38秒42=大会新) 1500m 松本未空(鈴鹿高2三重)4分22秒05=大会新 300mH 中村真琴(光高3山口)41秒98=大会タイ 走高跳 森崎優希(明星学園高2東京)1m72 砲丸投 坂ちはる(大体大浪商高1大阪)14m31 やり投 櫻井希美(済美2岐阜)53m22 <U16男子> 150m 中村遥斗(萩商工高1山口)16秒27(+2.1) 棒高跳 谷口海斗(中京大中京高1愛知)4m71=大会新 走幅跳 佐々木景亮(今治立花中3愛媛)7m02(+1.1) 円盤投 東琉空(小俣中3三重)42m44 <U16女子> 150m 福岡梓音(中村学園女高1福岡)18秒22(+0.2) 走幅跳 成澤柚日(籔塚本町中3群馬)5m77 砲丸投 小川莉緒(東海中2三重)14m88 円盤投 川村羽海(幕別清陵高1北海道)39m49

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.12

女王シファン・ハッサンインタビュー「好奇心を持つこと」「失敗を恐れず前を向いて」挑戦し続けるメンタリティー

東京マラソン翌日の3月4日、女子10000mとマラソンで世界歴代2位の自己記録(29分06秒82&2時間13分44秒)を持つシファン・ハッサン(オランダ)がインタビューに応じた。 東京マラソンでは2時間18分05秒で4位 […]

NEWS “キング”キプチョゲが語るマラソン「挑戦すること。人間に限界はありません」パリ五輪で目指すのは…

2024.04.12

“キング”キプチョゲが語るマラソン「挑戦すること。人間に限界はありません」パリ五輪で目指すのは…

東京マラソン翌日の3月4日、男子マラソンの前世界記録保持者で五輪2連覇中のエリウド・キプチョゲ(ケニア)がインタビューに応じた。 前日の東京マラソンで、2時間6分50秒で10位。実力を発揮できなかったものの、「東京の街に […]

NEWS 編集部コラム「マラソン大会」

2024.04.12

編集部コラム「マラソン大会」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 広告の下にコンテンツが続きます 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り […]

NEWS 世界リレー代表選考会!出雲陸上に飯塚翔太、東田旺洋ら参戦!女子は兒玉、君嶋、鶴田ら激戦必至

2024.04.12

世界リレー代表選考会!出雲陸上に飯塚翔太、東田旺洋ら参戦!女子は兒玉、君嶋、鶴田ら激戦必至

日本グランプリシリーズの吉岡隆徳記念第78回出雲陸上が4月13、14日に行われる。今大会は5月に開かれる世界リレー(バハマ)の代表選考会を兼ねて実施。その先にはパリ五輪も待つ重要なレースとなる。グランプリ種目は男子100 […]

NEWS 北口榛花が帰国「100%以上でパリ五輪を迎えられたら」DL蘇州で初戦後に日本で2試合

2024.04.12

北口榛花が帰国「100%以上でパリ五輪を迎えられたら」DL蘇州で初戦後に日本で2試合

女子やり投世界女王の北口榛花(JAL)が4月12日に帰国し、都内で会見を開いてシーズンインに向けて意気込みを語った 帰国の度に増えるメディアの数がその注目度を物語る。年明けに拠点とするチェコに向かい、3月21日からスペイ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top