HOME 高校

2022.10.20

学法石川が男女とも全区間区間賞で優勝 男子2時間6分34秒 女子1時間11分12秒/福島県高校駅伝
学法石川が男女とも全区間区間賞で優勝 男子2時間6分34秒 女子1時間11分12秒/福島県高校駅伝

福島県高校駅伝は10月20日、猪苗代町総合体育館前を発着点に行われ、男女とも学法石川が全区間区間賞で優勝を果たした。

男子(7区間42.195km)は1区(10km)の大湊柊翔(3年)が29分47秒でトップ中継すると、2区以降も独走。トラックで磨いた走力を発揮し、2時間6分34秒で12年連続14回目の全国切符を手にした。

広告の下にコンテンツが続きます

女子(5区間21.0975km)も1区(6km)の岩崎麻知子(3年)が20分27秒で区間賞発進。その後も後続とのリードを広げ、2位に6分17秒差をつける1時間11分12秒で優勝を果たした。全国大会の出場権は節目の10年連続10回目となる。

全国大会は12月25日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。

福島県高校駅伝は10月20日、猪苗代町総合体育館前を発着点に行われ、男女とも学法石川が全区間区間賞で優勝を果たした。 男子(7区間42.195km)は1区(10km)の大湊柊翔(3年)が29分47秒でトップ中継すると、2区以降も独走。トラックで磨いた走力を発揮し、2時間6分34秒で12年連続14回目の全国切符を手にした。 女子(5区間21.0975km)も1区(6km)の岩崎麻知子(3年)が20分27秒で区間賞発進。その後も後続とのリードを広げ、2位に6分17秒差をつける1時間11分12秒で優勝を果たした。全国大会の出場権は節目の10年連続10回目となる。 全国大会は12月25日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

関東学生陸上競技連盟は2024年度の競技会スケジュールを公開した。 第103回関東学生対校選手権(関東インカレ)は5月9日から12日の4日間、東京・国立競技場で行われる。国立開催は2年ぶりとなる。 広告の下にコンテンツが […]

NEWS 棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

2024.02.29

棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

男子棒高跳で活躍したファビアン・シュルツェ氏(ドイツ)が2月25日、39歳の若さで病気のためゾントホーフェンで亡くなったことがわかった。 1984年3月生まれ。ジュニア時代から活躍し、2003年欧州ジュニア選手権3位、0 […]

NEWS 2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

2024.02.29

2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

世界陸連(WA)の理事会は英国・グラスゴーで開かれ、世界選手権のトラック種目についての変更点を承認した。 世界選手権のトラック種目のうち、スプリントから800mまでのレースにおいて、準決勝と決勝で9レーン(利用可能な競技 […]

NEWS 2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

2024.02.29

2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

世界陸連(WA)は英国・グラスゴーで理事会を開き、2025年から夏季シーズンを再編すると発表した。 現在の主要カレンダーは、4月からダイヤモンドリーグやコンチネンタルツアーが本格化し、6月あたりに各国選手権が開催。主催す […]

NEWS 2027年世界陸上開催地は中国・北京に!15年以来2度目の実施で、25年東京に続く連続アジア開催に

2024.02.29

2027年世界陸上開催地は中国・北京に!15年以来2度目の実施で、25年東京に続く連続アジア開催に

世界陸連は2月28日、理事会を英国・グラスゴーで実施し、2027年の世界陸上開催地に中国・北京を選出した。 当地は2015年にも開催しており、12年ぶり2度目。2025年は東京で行われることが決まっており、2大会連続のア […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top